苗坊の徒然日記

読書とV6をこよなく愛する苗坊が気ままに書いてます。 お気軽にどうぞ。

V6・ドラマ

特捜9season7最終回!

あぁ…終わってしまった…特捜9が今年も終わってしまった。
去年は5月で終わっちゃったから今年は長めに…!って思っていたけどやっぱり早めだった…。
最終回はただただ不穏で、何が起きるか分からない状態でずっと進んでいったから、ドキドキでした。あ、村瀬さんの志保さん呼びもドキドキしましたよ!←
途中で浅輪君のお顔が出てきて!!マジで許せん犯人!!!
でも拳銃を構え撃つ浅輪君かっこよかった!←
古い指揮者が国木田さんで、新しい指揮者が浅輪くんってことだったんだね…
2人は犯人が誰か気づいていていたけど、ごめん、こっちはちょっと忘れていました^^;
何となく覚えているような…いないような(笑)
でも、普通に見ていたらフェイク動画だって分かるのにね。国木田さんも浅輪君もあんな笑い方しないよ。中の人は分からないけど←
そして真犯人はちらっとしか顔が映らなかったけどこの人は捕まえられないで終わっちゃうのね…
来年持ち越し?
そしてそして新藤!主任になるのかなぁとは思っていたけど、まさかの他部署とは!
引き抜きって凄いことで嬉しいことだと思うけど、でもやっぱり凄く寂しい。浅輪くんと新藤の表情がイノッチと山ちゃんの関係にも見えて、演技を越えて何だか泣きそうになりました。
特捜班は実家…どこかで聞いたようなセリフに、泣きそうになりました。
っていうか!え、新藤どうなるの?来年から出ないの?え、え、え他の民放のドラマ出ちゃうの?嫌だ!それは嫌だ!←
浅輪くんはついに班長に。浅輪くんが言った「あの人」は、やっぱり係長のことなのかな…。それとも国木田さんと宗方さんも含まれているのかな…
人事の話からの国木田さんから始まる特捜9のテーマ曲オーケストラバージョン!素敵だったなー!
最後の最後に浅輪くんが言った「すぐ会える」という言葉…。
犯人捕まってないし、SP番組とか映画とか!!??あるのかな!!??なんてちょっと期待をしながらまた待ちたいと思います。1年後があることは揺るぎないって信じてます。
お疲れさまでした!ありがとうございました!

シリーズ通算200話目!

特捜9はシリーズ通算で今日が200話だそうで…
本当に、塵も積もればですね…
今日はいつもとテイストが違うから何だかドキドキしちゃいました。
バディとの7年間(2年間)を振り返るみたいな感じだったんですかね。
新藤が登場してからもう7年も経つのかって驚きましたよね…月日の流れが怖い…
新藤は主任を目指しているんだね。頑張れ^^
あおやざは相変わらず面白すぎましたねw
小宮山さんと高尾さんペアはペット誘拐だしギャグか?って思いましたけど、3つの事件どれも動画がきっかけで犯人を割り出している共通点があって、みんな無関係だった可能性があるとかAIの発展恐い。
今回は村瀬さんが久しぶりに登場して嬉しかったな。青柳さんを煽るのとか変わってなくていい(笑)
浅輪君が言ったことに対して村瀬さんが「良い質問だな」って言った時、浅輪君、嬉しそうな顔をしてたよね。それもなんだかじんわりしたな。村瀬さんがリハビリを続けているっていう情報も聞けて嬉しい!三ツ矢君ナイス!
浅輪君は班長になるのかな…
そして最終章突入と言っておいて来週最終回とか早すぎない?不穏過ぎる予告に不安しかありませんが特捜9ならきっと大丈夫だって思っています。
来週も楽しみです。

特捜9season7

ついに始まりましたね!特捜9!
今年もこの季節がやってきました!嬉しい!
今回のテーマは多様性…って言ってるからどういうことなのかと思ったけど、まあ確かにいろんな人が住んでいるマンションだった。被疑者が豪華だったな…
そして捜査を進めているとなんと特捜9のメンバーの意見もバラバラに。
何にも分かっていない感じで進んでいって何だかコメディを見ているような感じになってきて(笑)
浅輪主任も怒り出すし一体どうなるんだろうと思ったんだけど、急に犯人が浮上してきてびっくりしましたよ。
浅輪主任が突然起こったのを見て他のメンバーが皆察して行動に移したの凄すぎないか…?
矢沢さんが18年も一緒にいてって言っていたけど、だからこそのチームワークなんだろうな…って、何だか感動すら覚えました。
村瀬さんは変わらず車椅子なんだなー。今回も登場してくれるかな…っていうか出てきてくれないと困ります。
住民の話を聞いて、管理人さんが聖人君子みたいだなと思って裏があるんじゃないかなんて思ってしまったけど、やっぱりそうなってしまったことには意味があったんだな…。切ない。
でも、最後のお祭り?イベント?でみんな怪しいと思っていた被疑者たちが話せばなんてことない人達だったのが分かる図になっていて良いエンディングだなと思いました。
「旅立ちの鐘」しっかり聞こえて嬉しかったです。いい曲。
来週からもまた楽しみです。

ワンダーハッチ 空飛ぶ竜の島 第8話「世界を開く扉」

第8話
アクタとスペースのドラゴンがやってくる。しかしどちらのドラゴンもピュトンピュトに操られて凶暴化していた。これ以上誰も傷つけたくなかったタイムは、ピュトンピュトを止めるべく「古の理」にいくことを決意。それぞれが最後に辿り着く場所とは。

最終話。
アクタとスペースが闘っていて、凶暴化したドラゴンがやってきて。
サイラが父親を止めようと近づき、サイラを守るために身を挺した姿は泣きそうになった。
民のため、そう言って10年もの間闘い続けてきたスペース。それでも最後は守れなかった息子の分まで娘を救えたのだと思ってる。何もできなかったわけじゃない。本当にそう。
アクタとタイムが古の理に向かって、まさかタイムまでそうなってしまうとは思わなかった…国のため民のためと闘ってきた人たちがいなくなってしまうのは辛い。
ハナはどうしてウーパナンタに行きたかったんだろう。タイチも結局ウーパナンタで暮らすようになったみたいだけど、タイチはそれでよかったのだろうか。2人が仲良く暮らしているのは良かったのだけど…
ナギとサイラと虹咲が一緒に暮らしているのには驚いた。サイラは帰らなかったんだね。帰れなかった?
意外と豆が1番有能だったのかもしれないな(笑)
そしてタイムはずっとあのままなのだろうか…半年後どうなっているのか分からなかったけど…。
終わり方もすっきりしているようなしていないような感じだったから、続編があるのか。
完全に終わりなのかは気になるところです。

ワンダーハッチ 空飛ぶ竜の島 第7話「目醒め」

第7話
ナギの犠牲に打ちひしがれるタイムたち。その時、叫びのような咆哮が響き渡りガフィンの能力が覚醒する。そして、飛び立つガフィンに導かれるように、あの人が目覚める。揺るぎない正義をぶつけるアクタとスペースの最終決戦が、今始まる。

スペースの攻撃がナギに当たって終わってどうなるかと思ったら救ってくれたのがガフィンとは。
ピュトンピュトの正体?が明らかになりましたけど、いやはや壮大すぎる話になってきましたね…。
ハナが目覚めたのは来るべき時が来たということなんでしょうか…。
ナギが助かったけど、ハナとナギが連れ去られて、タイムとアクタはピュトンピュトへ。
そして自分の正義が正しいと思い続けるスペース。
アクタとスペースが闘っているのを見て、タイムのように今そんなことをしている場合じゃないでしょ!と思いながら見てました^^;
ガフィンが覚醒したことでタイムも覚醒して、ジャイロと同じ能力を持てたんですね。
外からの攻撃を防御することはできる。でも戦いの能力はないって結構辛いかもしれない…
それにしても、剛ちゃんがゲームみたいに剣を持って戦っている姿を見れるとは思わなかった…敵役とはいえかっこいい…
次回が最後なんですよね。タイムたちがどうなるかも気になるし、どこかへ飛ばされたハナとナギも気になります。来週が楽しみです。

ワンダーハッチ 空飛ぶ竜の島 第6話「空飛ぶ島」

第6話
タイムたちはハナのいる病室に向かう。ハナと数年ぶりの再会を果たすナギと父親・タイチ。その時、ウーパナンタの創造主であるハナを殺すためにある人物が突然現れる。

ちょっと凄いところで終わったんですけど…!!!あと2話どうなるの!!!
ハナと数年ぶりに再会したナギとすべてを知り家族を守ろうとする父親。
一縷の望みをかけてアクタのいる猿島へ向かう。
アクタは相変わらず腑抜けで(笑)そしてハナを殺そうとするスペースたちも居場所を知り猿島へやってきます。
母親の居所を教えたタイムとナギたちとは少し溝があったけど、お互いを想っていることはちゃんと伝わってきて、ちゃんと分り敢えて良かったです。
良かったのに!!!えぇ…ナギどうなるの…
いつもは配信されていたのに今回はまだ次回が配信されていない!(笑)
来週まで待つという状況が初めてで困っています^m^あと2話噛みしめてみたいと思います。

ワンダーハッチ 空飛ぶ竜の島 第5話「創造主」

第5話
アクタ空団のケイトはサイラとともに、ジャイロに再選を挑んでいた。その時、ハナの部屋に異変が起き、ウーパナンタにいたはずのサイラが現れる。驚くナギとソンをよそに、サイラはハナの秘密を話し始める。一方、タイムもまたハナの秘密をスペースから聞く。そこにはスペースの知られざる過去とある目的が隠されていた。

おおお…急展開…。
サイラがまさかスペースの娘だとは…。スペースって結婚していたのね…と思っていたらスペースの家族の過去が哀しすぎた…。息子はどうしてそう思うようになったんだろう。唆されたのだろうか。いや、正しいは正しいんだけど…。
スペースは多分良い奴ではないんだろうなとは思っていたけど(笑)英雄でも、息子の死には抗えなくて、そしてその息子の考えを正当化したかったのだろうな。そうじゃないと死を受け入れることが出来なかった。
ジャイロがあの膜のようなものを出す以外は攻撃をしていなかったから、きっとラスボスのような存在ではないだろうと思っていましたけど、まさかまさかでした。5話の段階ではスペースがラスボス風味なんですけど^^;
スペースが言いたいことは分かる。そしてウーパナンタを救いたいタイムの想いも。
アクタはすべて理解したからここで自分の国を創ろうとしたのだろうか。
まだまだ分からないことがたくさんあります。第6話も楽しみです。

ワンダーハッチ 空飛ぶ竜の島 第4話「新しい国」

第4話。
猿島にやってきたタイムたち。3人がそこで目にしたのは変わり果てたアクタの姿だった。ウーパナンタには戻らないとたタイムは、アクタに決闘を申し込む。

ウーパナンタからこの世界にやってきたタイム。ようやくアクタに逢え、ウーパナンタに戻って世界を救おうと伝えますが、アクタはこの世界にいることを選びます。ただ、どんな方法を使っても帰れなかったからで、諦めたからだと思っていましたが、どうやらそれだけが理由ではなさそうです。アクタに決闘を申し込むも秒殺されて、アクタの強さが分かります。いったい何を考えているのか。そしてやっぱりアクタの子だった…!どんだけ月日が流れてるの…早くない?←
そして腕が出てきただけで剛ちゃんだと分かった私(笑)自分で怖いと思ってしまったけど^^;
少しずつ剛ちゃんが出てくる時間が長くなってきて、それと同時に色々な謎が解けていくような気がするのだけどどうなのだろう。この10年どうやって過ごしてきたかとか、分かっていくのだろうか…
始めからずっと持っていた水筒の中身もようやく分かりましたね。あれは本当にウーパナンタに戻る手掛かりになるのだろうか…。
とにかく剛ちゃんがかっこよかったー!第5話も楽しみです!

ワンダーハッチ 空飛ぶ竜の島 第3話「横須賀に来た少年」

第3話
ハナの部屋に現れたのは、ウーパナンタからやってきたタイムとガフィンだった。警戒し合いながらも、言葉が通じることで打ち解けあったナギ、ソン、タイムの3人は、ウーパナンタの崩壊を止めるべくアクタ探しを始める。しかし彼らの行先には思わぬ落とし穴が待ち受けていた。

冒頭はナギと豆のはじまりから。切ないなー。でも2人が出会って師弟関係を結んだことが現代にまでつながっているのは素敵。それにしても子役の子たちが似すぎていてビックリする。
本編はようやくナギとタイムが出会って、これから冒険が始まるのかとワクワクする感じだったのですが、アクタの想いがまさか過ぎてびっくりしました。この世界に溶け込んでいても、自分の世界のことを忘れていないと思っていたのに。アクタがこの世界に導かれたのにも何か理由があるのだろうかと思わずにはいられません。そして最後何!?まさかアクタの子?展開早すぎるし時間が経ち過ぎてない?いや、考えが先走り過ぎか?
そして剛ちゃんもコンビニを乗っ取って(笑)何かを始める模様。ぞろぞろコンビニに入っていった人たちは仲間なのだろうか…色々気になります。

ワンダーハッチ 空飛ぶ竜の島 第2話「秘密の部屋」

第2話
アクタが生きていると疑わないタイムは不思議な書物に導かれ、異端の学者・サイラと謎の解明に取り掛かる。一方、横須賀で暴行事件を起こしたアクタは弁護人の女性・虹咲と出会い、人生が大きく変わり始める。その頃、ナギは夢の謎を解くためにハナの部屋へ足を踏み入れるが、そこで信じられない出来事に遭遇する。

冒頭が10年前から始まり、ジャイロとの闘いは此処から始まったことが分かります。
その時に闘っていたヒーローはスペース。そして現代のアクタと同じように別の世界へ飛ばされます。剛ちゃんの役がかつての英雄って言うのはそういうことだったんですね。
そして現在。っていうかスペースは10年も前からこの異世界で生きてきたんですね…辛い。この10年どうやって生きてきたんだろう…。アクタもどうやって生きているんだろうって思ったけど、なんかうまく色々使いこなして上手くやってて笑いましたよね(笑)なんでこの世界の言葉を話せるんだろう。意味が分かるんだろう。そういうことも少しずつ分かっていくのかな。
予告でスペースが子供のシャボン玉を妨害していて(笑)大嫌いって言っていた意味が本編を見てようやく分かりました。そりゃあ大嫌いになるよね。
第3話も楽しみです。

ワンダーハッチ 空飛ぶ竜の島 第1話「最後の戦い」

第1話をようやく見ました。
こちらは映画のような形で2時間くらいの物語なのかなぁと思ったら、続き物だったんですね。

人生に希望を持てない女子高生のナギは白昼夢に悩まされていた。その夢は、崩壊の危機が迫る「ウーパナンタ」の世界と繋がっていた。アクタ空団は悪のジャイロ戦いを挑むも、落ちこぼれ団員タイムを守ったアクタがジャイロの特殊な能力によって消し去られてしまう。英雄を失ったウーパナンタはどうなってしまうのか?

最初のお話なのにタイトルは「最後の戦い」ウーパナンタでジャイロがラスボスで、やつを倒せば崩壊を免れる…ということなのだろうか…。まさに命を懸けてアクタ空軍が挑んでいることが伝わってきます。現段階ではタイムにイライラしてばかりなのだけど^^アクタが助けてくれたのに逆なでするような発言を繰り返しているし…。そしてこちらはアニメで現代が挟み込まれているのも気になります。キーとなるのはナギのお母さんなのでしょうか。本当にまだ始まったばかりの世界なのでこれからどう展開していくのか楽しみです。そして剛ちゃんは一体いつ登場するのか(笑)
自分のペースでゆっくり見ていきたいと思います。

ペットドクター花咲万太郎 の事件カルテ2 〜お隣さんは殺人犯!?〜

シリーズ第2弾!楽しみにしていましたー!
今回も面白かったです!
今回は冒頭から娘ちゃんが登場して^^院長先生が色々気になっていたけど、こっちも気になりましたよ。奥さんは娘ちゃんと一緒に暮らしてるのかとか離婚してるのかしてないのかとか。
事件が発生して、ただの通りすがりなのかと思ったら色々人間関係が入り組んでいてびっくり。
唐沢夫婦は怪しくて悪い奴だと思ってごめんね(笑)めっちゃいい夫婦だった…
町内会長さんもこの街に来たばかりで町内会長に立候補するとか怪しくない?とか思っちゃってごめん(笑)
今回は被害者も犯人もクズパターンだった…ひでぇ奴らだった。
瀧川さんとの共演が10年ぶりだったそうで、何かと思ったら「フランケンシュタイン」じゃないですか!懐かしい!10年前!怖!クズっぷりが良かったです(褒めてる)
そしてわんちゃんたちが本当にかわいかったし名演技で!
タクト君は今回はちょっとだけだったのが残念だったけど、金太郎君が大活躍で!
つぶらな瞳が可愛かった…
まーも相変わらずかっこよかった!ゆるふわパーマが素敵だったし、万太郎先生が本当に素敵でした。かっこよかったー!
娘ちゃんとの微妙な距離感も可愛かったし、獣医として働いている姿も素敵だった。
最後衝撃だったんですけど、娘さんと血が繋がっていないんですか?なんだまたその気になる展開は。
次回もあるってことですよね!楽しみにしています。
今回も面白かったです。ありがとうございました!

アナウンサーたちの戦争

昨日リアタイしたらきっと眠れなくなると思って今日見ました。
今までいろんな戦争に関する映像を見てきましたが、アナウンサー目線の戦争は初めてだったように思います。
アナウンサーの方々も第一線に赴き、戦っていたんですね。知らなかったです。
テレビが普及していなかった時代、情報源はラジオだけ。そのラジオから流れる言葉は聴いている人は真実だと思ってしまう。アナウンサーという仕事は時に人の人生をも動かすことになる。それも分かった上で仕事に邁進しているのだと感じました。
アナウンサーの方々も一人の人間ですから、いろんな感情があって当然で、だからそれぞれの皆さんの想いが伝わってきました。丁寧に描かれていてよかったです。でも、辛かった。
和田アナウンサーの「虫眼鏡で見て望遠鏡で喋る」という言葉がとても印象的で。それを奥様となる大島アナウンサーがちゃんと理解しているのもまた素敵でした。
「母さん、元気かい?」というあの語り口。あれはちゃんと調べた人じゃないと語れない。
日頃から酔っ払っているのも取材を行っているからだと同僚はちゃんと分かっていたんですね。
分かってはいたけど剛くんの演技は素晴らしかった。舞台で培われた巧みな話術に表現。素晴らしすぎて、だから見ていてとても辛かったです。苦悩しているシーンは本当につらかった。壮行会の時の幻の実況。あの実況がちゃんと聞きたい人に伝わる、そんな世の中であり続けてほしいと切に願います。
他のキャスト陣もめちゃくちゃ豪華でしたね。あの人も!この人も!とちょっと興奮しました。
壮行会の時、隣にいたのが役とはいえ大東くんだったのが嬉しかったです。
ヤスケンの役は、きっといなくなってしまうんだろうなと思いました。本当に、惜しい人がいなくなってしまった。家族に対しても同僚に対しても、あんなに丸ごと包んでくれるような人がいなくなってしまうなんて、本当に戦争はただただ恐ろしいです。
高良くんは戦地へ赴いて傷を負って戻ってくる役が多いですね(別の役柄を思い浮かべながら)その哀愁のようなものを醸し出せているのが凄いなと思って見ていました。8月15日のドアの前での演技が素晴らしかったです。
そしてラストシーン。
たくさんの人が亡くなって、いろんなものを喪って、でも喧騒が戻ってきて人の笑顔も戻ってきて、みんなが少しずつ前を向いて進んで行くんだと思わせてからのあのラスト。無表情の少年からの「大本営発表」という言葉。以前和田アナウンサーの真似をしていた時、この少年の周りにはたくさんの人がいました。でも、このラストシーンでは誰もいません。
戦時中に過ごしてきた人たちの想いは未来がどうなろうと変わらない。亡くなった人は二度と帰ってこない。過去のものとして捉えてはいけないと強く感じました。
いつも戦争に関する映像は怖くて見るのをためらってしまうけど、やっぱり見なくてはならないのだと。知らなければならないのだと感じました。
和田アナウンサーは、放送日の昨日が命日だったんですね。奥様は2016年までご存命で、旦那様の分まで生きられたのかな…なんて、思ってしまいました。

本能寺の変

見ました。フライングどうするしました。
というか大変申し訳ございませんが、私、途中離脱してました…すみません。
やっぱりドラマを毎週見るというのが苦手で…
正直、家康の一生だから本能寺の変はもっと早く終わると思っていたんですよね。
約7か月も信長が君臨すると思わなくて、ありがたかったです。
久しぶりに見たんですけど(笑)
今回は信長と家康の恋物語にしか見えませんでしたね…つらい。
大切な妻と子を信長のせいで失い、討ち取ろうとするも、偶然会ったお市の方からの言葉にためらってしまう。お市の方は感づいていたのでしょうね…
そういえば本能寺の変の時、家康は大ピンチだったんですよね^^;
おんな城主直虎の時も逃げるのが大変そうでしたけど、今回はそんなシーンもありつつ信長との回想シーンになってるからそっちの方に気を取られましたよ…
岡田信長の死に様はもうアッパレとしか言いようがなかったです。
本能寺の変であれほどまでに血を流している織田信長を見たことがあっただろうか…マジで死ななそう。
家康にやられたのかと思って外に出てみたら明智だった時の「家康じゃねえのかよ」な信長の顔が最高でしたよね。家康以外の人にやられるくらいならと思って中で自害したのだろうか…
最後まで孤独だった信長。だからこそ、「友」の家康への想いは大きかったのかもしれない。
去り際、散り際がとてつもなくかっこよかった…お疲れさまでした。
(でもやっぱり岡田信長が死ぬとは思えないんだよな…←)

あの日の少年

特捜9はいつも初回と最終回に感想を書いていたんですけど、今回はたまらず書いてしまいました。
っていうか5月なのに最終回って早すぎない!?なんで!?みんなのスケジュール合わなかったの?でも皆毎年このシーズンやってるよね!?と、言いたいことはたくさんありますが(笑)
今回のドラマのタイトルが「あの日の少年」一昨年の主題歌「僕らはまだ」のイノッチのソロの部分。
しかも今回の舞台は八潮。浅輪君の中の人←も育った場所。
誘拐された男の子の名前は「シノハラヨシヒロ」だし、浅輪少年はここに住んでいた時にテレビドラマで刑事を見て憧れて警察官になりたいと夢を抱くようになったと言っていたし、秘密基地を作って毎日そこに行って遊んでいたみたいだし、もうまんまイノッチじゃないか!!!と誰しもが思いましたよね。
このロケ中も実際に知り合いと会ったりしたんじゃないかなぁ。アド街のイノスタグラムの時もロケ中に知り合いにばったり会ったりしていたよね?
浅輪君がよしひろ君に言った言葉は過去の自分にも言いたかった言葉なんじゃないのかな。
すっかり忘れていたけど、浅輪君にお兄さんいたよなぁと思い出したりもしました(笑)いましたね、トラブルメーカーのお兄さん。懐かしいな。
今回は特捜9に関わる全ての人からの浅輪主任への、イノッチへの深い愛情を感じました。
嬉しいね。愛されてるね。
そして浅輪君がよしひろ君に言った「1人になって思い詰めなくてもさ、そう簡単にバラバラにならないんだよ人って」という言葉にちょっとじんわりしたりして。家族って言ってもいいのに、人って言ったのに脚本家さんの優しさを感じたりして。
浅輪君もこれからは気負い過ぎないで、たくさん周りに甘えられると良いね。っていうか係長がいたころはきっと甘えていた部分もあったでしょ。それでいいんだよ。
ありがとうございました。
来週は最終回。
村瀬さんが出てくるみたいだし、新藤も帰ってくる!寂しいけど楽しみです。

特捜9season6

今年も始まりましたね〜。
シーズン6だけど18年目の特捜班!9係!
メンバーは少し変わったけどそれでも変わらないチーム力!バラバラに捜査するけど一つの答えを導く感じ、変わってないね。
にしても冒頭が浅輪君と倫子ちゃんと赤ちゃん!え!?赤ちゃん!!??いつの間にか生まれていたのか!!??でも預かってるだけかもしれないし2人の子供か分かんないよね。でも、倫子ちゃん結婚する前にお腹おっきかったことあったよね(本当に妊娠してた時)
浅輪ベイビーか分からないけど、倫子ちゃんが浅輪君と結婚して子供がいて、保育園に預けようとしてるところで浅輪君を早いと言っているとはいえ笑顔で勤務場所(警視庁)に送り出す姿を見るのは2006年から見ている身としてはじんわりしちゃいますよね…。
今回も新藤はあんまり出てこないけど、まあしょうがないよね。中の人忙しいもん。でも、「心はいつもここにありますから」なんて、泣いちゃうね。言いたいセリフを言えてよかったね。
小宮山くんと村瀬さんのいちゃいちゃが見れたし(笑)高尾ちゃんが班長にも村瀬さんにもたてついてて面白すぎたし(笑)本当に特捜班は最高です^^
そして事件についても気になりますね。班長は何かを隠しているし、大臣も秘書も怪しい。
でも、神尾さんを見るとSPを思い出して困りました(笑)井上は?井上薫はどこだ???←
そして拡大SPだから今回終わるのかと思ったらとんでもないところで終わった・・・
来週解決するのでしょうか…もはや来週が気になります。

どうする家康

リアタイできなかったので先ほど見ました。
最初の家康は14歳くらいでしょうか。きゃっきゃして一人遊びしているのが可愛かったですね^^
今川家に人質として囚われているところからの始まりだったのでどうしても「おんな城主直虎」の世界を思い出しちゃいましたよね。懐かしいな…。あちらの世界の家康も一人遊びを嗜んでいたので、今回のお戯れも何の違和感も感じませんでした^m^どこにでもいる普通の少年みたいな感じが良かったな。小さい頃からお腹が弱い設定になっていましたけど、三方ヶ原の戦いの伏線になってます?
家康と瀬名姫のごっこ遊び可愛かったなー。瀬名姫の生まれは分かっていないけど何歳か年上なんですよね。仲睦まじい感じが本当に可愛い。どちらも人質という身だけどどこかで折り合いを付けて自分なりに楽しく生きている感じが微笑ましかったです。
そして瀬名姫と夫婦になって後継ぎの竹千代(信康)が生まれてなんて幸せそうな生活…!ってシーンを見ているだけでもはや涙が出そうなんですが…あちらの世界でのシーンもボロボロ泣きましたよね…。瀬名姫も信康も素晴らしい最期だった…。今回も遠くない未来に来るそのシーンを考えるだけで泣く。
桶狭間の戦い、初陣の家康にとってはご指示を!と言われてもどうしていいか分からないよね。17歳の少年が大人数をいきなりまとめるなんてそれは難しいよ。周りの大人たちが殿を慰める中、俺は認めんと言い放つ忠勝のような存在も必要だと思う。今回の忠勝もなかなかになかなかだな(笑)山ちゃんかっこいい。山ちゃんの今後も楽しみ。
そして、1時間スペシャルで色々あったはずなのに最後に全部持って行ったな岡田信長…
ちょっと残念なCGをも霞ませる迫力…なんだあれ…なんだ「俺の白うさぎ」って…。どこぞのBLだってTLに溢れてましたよ(笑)
あの信長やっぱり死なないでしょ。明智光秀を返り討ちにして江戸時代まで生きるでしょ…。あ、江戸時代も出来ないかもしれないよね、え?どうなる?どうする?←落ち着け
次回も少しおんな城主直虎の残り香を感じながらどうする家康を楽しもうと思います(笑)

ボーイフレンド降臨!最終回

今週ずっと「彩り」が頭から離れなかったんですよ…。
最終回凄く楽しみにしてるんだな自分…と思いました^^
いやー…30分短いよーあっという間だったよー。
アサヒ君なのか漆畑澄人なのかどっちで呼んでいいか分からないけど、変わったよね。
雰囲気や話し方は漆畑澄人だけどどこかアサヒ君が残っていて、凄いな…と思って見てました。
その雰囲気もそうだけど、会社を救いたいという気持ちとか諸々協力することに決めて、かしこや渉や会社のみんなと出会って一緒に仕事をしたことで変われてよかったなーと思う。
カローナ化粧品のプレゼンでしてやったりだと思っていたのに…あいつ…あいつめー!!!坪倉のくせに生意気な!(色々失礼。でも役名忘れた・笑)
そもそもゲリラアートが犯罪だということすらあんまりわかっていなかった私…
何かよく分かんないけど罪にならなくなったみたいで良かった←
要君もたくさん出てきてくれて嬉しかった。
私はあの女性は妹じゃないかと思っていたんだけど、外れましたね(笑)
まさか虫かごを持っていた謎が回収されるとは思ってなかったwカメレオンのためだったのね。
要君が人でなしじゃなくて良かった。ちゃんと台本を書けたし、渉とよりも戻ったみたいで良かった。良かったよ。
そして最後のねぇ…2人が本当に幸せそうで見てるだけで涙が出ました。
ここまでハマるとは思ってませんでしたすみませんでした。
出演者の皆様お疲れさまでした。ありがとうございました!

ボーイフレンド降臨!

見ましたー!
こういうラブコメみたいなちょっとぶっ飛び気味のドラマだとまだ見れるな…そして初回は1時間だったけど30分なのもありがたい。
なぜかわからないけど続きものの連ドラを見るのが凄く苦手なんですよ。1話完結とか原作があって読んでいるものならまだ見れるんですけど。だから分からな過ぎてシリアスだったりすると見れないのかも…?
「silent」とか楽しみにしてたはずなのにしり込みして見れてないんですよね…自分なんでだ(録画はしている)
とまあ自分のことは置いておいて。
普通に面白くて見てられましたね。アサヒ君は何者なんだろうと思ったら何か凄い人だった。最初が偉そうだったからそんな予感はしたけど…っていうかなんで警察に追われてたんだろうか。
健ちゃんも唐突に登場するからビビりましたよ。
あぁ…可愛い…そしてうさんくさい(笑)クセが強い。最高ですね^^
真顔でお尻見せてよ最高^m^
健ちゃんは特別出演なんだね。でもちょこちょこ出番がありそうで楽しみ。
末澤君とも絡みがあれば良いんだけどなー。そっちは難しそうかな。まーの話をしてほしい(そっちかよ)
次回も楽しみです。

特捜9最終回

終わっちゃったなー…あっという間でしたね。本当に12回も放送したの?←
新藤が復帰!やった!と思ったら最初から不穏な雰囲気でびくびくしてましたよ…
また仮面が出てくるし。
前のシーズンに引き続き、今回も1話からすべてが繋がっているんですね…
事件が政治家の演説中だったから、政治家がらみなのかと思ったら違いましたね。
新藤がプリンちゃんになってどんどん深くへ入り込んでいくから心配でしたよ。案の定捕まっちゃうしさー
でも倫子ちゃんがちゃんとわかっていてよかった。新藤も敢えて倫子ちゃんのお店に行ったんだね。
三島の気持ちも分かる。それでも、こんなことをしていいとは決して思わない。
容疑者となっていた人たちが笑顔になっていたり、優しい言葉をかけられて泣いている姿を見て、こっちまで泣いてしまいました。
小さな優しさに救われることってあるよね。一人じゃないって思えることって大事。
新藤は謹慎中になんで北上してたんだろうって思ったら、三島を探していたからなんだね…三島だって一人じゃないよ。良かったね…
最後の浅輪君が新藤が辞めちゃうと思って語ったシーン。辞めないパターンだなと思いつつ見てたけど(笑)5年前がもはや懐かしかったですね…2人のコンビはもう切っても切れないよ…
「辞めないの?」「辞めませんよ!」って言葉の掛け合いが、去年の逆で泣きそうになるし。
新藤が浅輪君をおんぶしててまさかのエンディングのシーンと繋がるとは思わなかったし!
最後に浅輪君が動画を見てニコニコしているのも去年と同じでじんわりするし!
やっぱり素敵なドラマです。今シーズンも楽しかった。
来年も待ってます。皆様お疲れさまでした。

吉祥寺ルーザーズ

見ましたー。
今まで見ていなかったから大丈夫かな…と思いましたけど、前情報がなくても楽しめました。オープニングでシェアハウスをしている人たちのことが何となく分かりましたし^^
まーはいつ出てくるかなーってドキドキしながら見てたけど、かっこよかったなぁ…
ミュージカルにならないか心配だったけど(余計なお世話)ちゃんと素敵なライターさんになってました^^
さくらさんとの微妙な空気感とか、2人きりになった時の会話とか、ピリッとしてたけど一挙手一投足見ていてそれどころじゃなかった←
町田さんはちゃんと奥さんを心配していて、大事に想っていることが伝わってきました。
でも、町田さんが見ている奥さんの姿は、奥さんが頑張って頑張って作り上げたもの。だから、疲れちゃったんだよね?
私も、咲き誇っている桜は綺麗だと思うけど、風で舞う桜も水に浮かぶ桜も道を覆う桜も綺麗だと思います。
なんとなく終盤あたりにでもちらっとまた出てきそうな感じでしたよね…?
また出てきてくれたら良いなー。
そしてまーは友情出演なのね。

特捜9season5

リアタイして見ましたー。
WSの宣伝で山ちゃんが最初の1シーン目から衝撃だと言っていて気になっていましたが確かに衝撃的だったよ!新藤!!!なんでや!!!
…から始まった特捜9。そこからあおやざと浅輪君新藤がなんか捜査っぽいことをしていると思ったらサンドウィッチとおにぎりで争っていて^m^可愛かった。CMでなんでビニール袋を持って必死に走っているんだろうと思ってたんだよ^^
今回の事件は重めだったなー。特捜9でこんなに人がごみのように死んでいく回があった?←
動機も社会の闇的な感じなのが珍しかった気がするな…辛い。
人を殺した後に死体がある場所で平気でご飯を食べてるの、ヒメアノ〜ルを思い出しましたよ。怖すぎますよ…。
それにしても、人間関係がふわふわしている感じがしたな。見てる側もふわふわしていたのかもしれないけど^^;
さっくんがいないことも違和感だし、村瀬さんがいないことも違和感だし…。去年のいないとは状況が違うもんね…。
出てきてくれて嬉しかったけど車椅子だから歩けないままなんだな…と思ったし、最後にゲストって出ていて16年出ていたのにいきなりゲスト?って違和感しか感じなかったし、かなり寂しかった。
でも、むらこみの空気感が夫婦になっていてニヤニヤしちゃった。可愛かった。
あなたとか!!!いつも主人がお世話になっていますとか!!!あおやざ同様興奮したぜ!←
でもでも、10年以上進展を待っていたんだからむらこみのいちゃいちゃをこれだけのシーンだけで終わらせるなんてことはないですよね???ないですよね???待ってるから!!!
そして初放送の「夢の島セレナーデ」
哀愁が漂っていましたな…トニセンの声が特捜9のエンディングで聴けて本当に嬉しいです。
歌が終わった後に不穏な場面が出てきましたね。新藤じゃないってことだよね?新藤似のヤバい奴?これは1クール続く謎なのでしょうか、来週明らかになるのでしょうか。どちらにしても楽しみです。

ペットドクター花咲万太郎の事件カルテ

見ましたー!まーが19年ぶり主演のドラマ!(って劇団演技者をドラマのくくりにして良いのか)ドラマ出演自体久しぶりだから大丈夫かしらと勝手にこっちも緊張していました←
もうもうもう!可愛すぎてしょうがなかったです!わんこが?いえいえ、まーが(笑)タクトも可愛かったけどね!名演技!
脚本が特捜9も書いてる方だから冒頭が似てましたよね。浅輪君が出てきそうな感じでした^^
万太郎先生も個性的でしたけど、病院の職員も被害者(容疑者?)家族もクセが強そうな人たちばかりでしたよねー。
それにしても万太郎先生がところどころまーっぽさも感じてさすがあて書きって思いましたよね。
身のこなしが軽いとか老眼とか(笑)でもまさかマタギの息子だったとは…。まーの37年前の子もイケメンだったね。めちゃくちゃいい人材だったわー。
タクトも名演技!タクトが襲われたときはこっちもドキドキしちゃった…無事でよかったよ…。
そのあとの万太郎先生とのおねんね姿に変な声出ましたけど…眼福…。
犯人については何となくあいつかな…と思いましたよね。理由とかは分かんなかったけど消去法で(笑)
最後の万太郎先生と刑事さん良い感じでしたよね!(恋愛ではなくてバディという意味で)
それに最後に「お父さん」って言う衝撃発言もありましたし(娘だろうと思ったけど)そこら辺の事情も詳しく知りたいのでぜひシリーズ化をお願いします!
2時間があっという間でしたし幸せ過ぎました。
まーをオファーしてくださりありがとうございました!続編待ってます!

黒鳥の湖 最終回

緊張しながら見ました。いやー…凄かった…。
今までの伏線が見事に回収されて、最後には少し希望が見えるような形で、素晴らしい物語でした。
原作を読んだ時から、健君は若院様をどう演じるのか楽しみで楽しみで仕方がなくて。小説を読んでいるときも若院様は健君だと思って読んでいたので感情移入が凄かったです^^;
若院様は罪人ではあるけど、悪人ではないと思いました。
ただ、純粋に、お母さんに愛されたかった。お母さんに自分を見ていてほしかった。ただそれだけ。
大黒様の正義は歪んでいて、そして正しくはなかった。自分の正義を、自分が幸せだと思う形を、息子に押し付けているだけだった。息子はそんなこと、多分望んでいなかったのに。
もう健君だと思って読んでるから若院様可哀想としか思えてないんですよ。危険ですね…。
だから最終回であの立ち振る舞いを健君がどう演じるのか楽しみだったんです。
いやー…本当に、凄かったですね。涙が止まらなかったです。
若院が、啓司が、何度も言った「お母さん…」という言葉に、涙が止まらなかった。切なくて哀しくて、美しかったです。
健君を若院様にキャスティングしてくださった方には感謝しかありません。お礼の品はどこへ贈ればいいでしょうか←
それにしても健ちゃんの演技が、表情が素晴らしかったなぁ…。狂気もあり悲観もあり心の中の叫びも聞こえた気がします。凄い。凄いです…。舞台で培ってきた賜物…なのかな。
全5話を堪能しました。ありがとうございました。

黒鳥の湖

ついに放送されましたね!
お友達と坂本君のお誕生日お祝い(リモート)をしていたら記事を書くのが遅くなりました。
第1話は健ちゃん出てこないんじゃないかなと思っていたら2シーンくらい登場してくれて嬉しかったです。
私は原作をすでに読んでいるので展開が分かっていますけど、じわじわと不穏な空気になっていく感じがたまらなかったですねー。第2話で結構動きそうなので楽しみです。全5話だもんなー。目くるめく展開になっていくんですね、きっと。
健君が演じる若院の雰囲気がたまらなかったですね…オーラが凄い。若院から感じるオーラが何なのかわからないけど。
テレビで見てると不穏さを感じるけど健ちゃんがこの若さを保てる理由は…みたいな感じで布教したら信者がめっちゃ増えそうだな私も入るなとか思いながら見てました←
現在進行形で起きている事件が18年前の事件にそっくりなことで自らの過去と向き合うことになった財前。そして急に態度を変えて素行が悪くなった娘。
財前家にも不穏な空気が舞い込んでいきます。
これからどう展開されていくのか、来週も楽しみです。

特捜9最終回

見ました。
ドラマが始まるときに1話から全部見てほしいといっていた意味が分かりました…。
まさか最初から繋がっていたなんて思わなかった。
村瀬さんを刺した犯人につながるとは思ってなかった。
犯罪は決してしてはいけないことだけど、夢も希望もなくて絶望しているときに夢や希望を持てと言われて辛くなる気持ちは、少しわかる。
青柳さんや小宮山さんが感情的になって犯人を咎めるなか、やはり浅輪君は感情的になりつつも犯人側にもちゃんと立って言葉を伝えていて。特捜9には浅輪君が必要だと思いました。
辞めるのを辞めてくれて良かったです。
そしてラスト。何ですかあれは…!みんなが待ちに待っていた2人の展開。
むらこみのプロポーズは、2人きりじゃなくて、ああしてみんなの前でっていうのが良かったんじゃないかなと思います。
みんなにお祝いしてもらって。みんなが幸せそうで。
こっちも幸せのお裾分けをいただきました。
小宮山さんのウエディングドレス姿も綺麗だったなぁ…白昼夢とはいえ見れて良かった。
そして流れてきた「グッディ!」…これに1番泣かされました。9係の1番最初の主題歌…。
スタッフさんが16年間主題歌を歌ってくれていたからって流してくれたグッディ!…涙が止まりません。こちらこそ、ありがとうございます。あの曲から16年…16曲。本当に本当に、感謝しかありません。ありがとうございます。
来年も、このメンバーに会えますように。村瀬さん、ちゃんと歩けるようになっていますように。
主題歌のことは考えないことにする。やるとしたらどうなるのかな…

特捜9と最後に。

特捜9!
今回の事件のカギを握るのはパルクール!
パルクールって言葉自体を私はすのちゅーぶで知った気がしますが^^;
実際に得意な方だったんですね。
山ちゃんと同じで戦隊もの出身?
警察をなめまくっていてイライラする青年だと思っていたのに、途中からめっちゃいい子になっていてびっくり。妹のことになると素直になるのね。
事件が解決したように見せかけて二転三転していくのが今回は特に面白かったですね。
被害者もクズだし犯人も結果クズだったな。過去はあれど。
最後も4人で仲良さそうな感じで終わって良かった。
でも、浅輪君と倫子ちゃんはなんで喧嘩したんだろう…そして仲直りできたのかな。
来週は仲良くなっていたら良いな〜^^
そして、最後のCDプレゼントの告知。
イノッチがちらりとこの時のお話をイノなきでしていたので楽しみにしていました。
いつも以上に作りこまれた告知。村瀬さんはいなかったけどうちわでちゃんと参加してました。
その気遣いが嬉しかった。
みんなでV6の新曲のCDを持っていたのが嬉しかったです。
ありがとうございます。本当に、ありがとうございます。
16曲も主題歌に選んでくれて、本当に本当に、ありがとうございます。
デビューから毎年新曲が出ていたのはこれがあったからだといっても過言ではありません。感謝しかありません。本当に。本当に。
なんだか最終回みたいな言い方になってしまいました^^まだ約1ヶ月ありますね。
来週も楽しみです。

WOWOWドラマ『黒鳥の湖』出演決定!

昨日のにこ健°のにおわせ案件はドラマだったー!!
ドラマは「セミオトコ」以来?嬉しい!
しかも健ちゃんの役、なかなかにトリッキーですよね^m^
悪役な雰囲気?今までにやったことのない役だって言っていたし、楽しみです。
しかも財前さんがお母さん役なの?13歳くらいしか違わないけど…???
共演者の皆様も素敵な方々ばかり。健ちゃんも雰囲気を忘れたくないからコンスタントにドラマをやりたいって言ってたよね。だからよかった。
ひろしに続いて健ちゃんもWOWOWドラマに出演。そしてイノッチが「白鳥の湖」がキーとなったドラマに出演した後に健ちゃんが「黒鳥の湖」に出演。ちょっと関連してるなーっていうところも嬉しかったです。
原作は未読です。これを機に読んでみます。

特捜9season4

特捜9も4年目なんですねー。早いなー。
最初から新藤が「今年もこの季節がやってきましたねー」っていうから笑っちゃいました^^絶対わざとですよね。
最初から随分むらこみがラブラブしていて見せつけてくれてましたよね^^
青柳さんと矢沢さんも相変わらずで、ほっとします。
今回の事件はいらいらしたり切なかったりでも最後は特捜9らしかったかなーなんて思います。
浅輪君が落ち込んでいるときに的確なアドバイスをする倫子ちゃん、さすが過ぎます。
そしてなおぽん呼び!びっくり!でもそういえば倫子ちゃんが浅輪君のこと名前とかで呼んでいるの聞いたことがなかったかも…ずっと呼んでたのかもしれないな…
今回印象的だったのは村瀬の言葉かなー。村瀬、いいこというじゃねぇか…感動しましたよ。
あの男の人も嬉しそうだった。村瀬の言葉を胸に、きっと前を向いて生きていけますよね。
そしてエンディング。プロデューサーさんが、いつもより大きく長めに主題歌を流してくれたとイノなきで言ってくれていました。
本当に、凄く大きく流してくれました。
凄くうれしかったけど、V6の、今まで聞いたことがない新曲を聞いて、いつもはうれしいはずなのに今は寂しくて悲しくてしょうがなくて。V6がいなくなったら、私はどうしたらいいんだろう。どうなっちゃうんだろう…って、今更そんなことを考えてしまって、涙が止まらなくなりました。ドラマ関係ないじゃないか…すみません。
来週も特捜9のメンバーに会えるのを楽しみにしています。

カンパニー 〜逆転のスワン〜

始まりましたねー。
私は原作を読了済みなのですが3年以上前に読んだので細かくは覚えていません^^;
ただ、あらすじを読んで大好きな作家さんだけど読むのにドキドキするなーと思ったのは覚えています。それはドラマも一緒。ラストは良いのだけどその過程が見るのが(読むのが)辛いなぁ…と思いました。でもイノッチを始めキャスト・スタッフの皆様が8月から12月までずっとずーっと頑張ってきていたドラマだから、ちゃんと見なければと思いました。その考えもちょっと違うような気もしますけど。
イノッチが演じる青柳さんは、無能とは違う気がします。
20年間無遅刻無欠席で、言われた仕事はきちんとしっかりこなす。これは昔の日本だったら理想的な社会人ですよね。頼りなさは否めないですけど^^
原作を読んでいても感じたことは、青柳さんは相手に対して真摯に真面目に向き合うこと、取り組むこと、その人柄がこの物語がいい方向へと進んでいかせたのではないかと思っています。いくつになっても勉強で、相手が誰だろうとちゃんと話を聞いて自分の中に取り込もうとする。それが魅力だった気がします。多分←
来週もドキドキしそうな展開ですが、楽しみに見ようと思います。
それにしてもイノッチが青柳さん…不思議な感じですね。どうしてもあっちの青柳さんを思い浮かべちゃいます。イノッチが言うように、あっちの青柳さんと兄弟か従兄弟だったりするのかな〜なんて^^そんな妄想も楽しいです。

ハケンの品格

今回このドラマをシリーズ通して初めて見ました^m^
ヒロシってゲスト枠で連ドラに出ることが多いですよね。
ジャニーズが主役のドラマが多かったけど、今回は違いました。
でも、ヒロシが採用されたのが分かるような役柄でしたねー。
食材やお弁当箱や添え物までとことんこだわったお弁当を作る社長。
生産者も大事にしているしもうまんまヒロシでした^m^
あの会社に固執しなくても、十分この会社だけでやって行けますよね〜
それを大前さんは教えてくれたんですよね。
大事なものを失う前に気づいて良かった。
ヒロシなら十分やれるよ!(違う)
最後に超大手の胃袋を掴んじゃうとか流石ヒロシ←
今回しか見てなくてすみません^^;面白かったです。

特捜9また来年!

本日最終回でした。
お疲れ様でした!
途中中断があったりして、最後まで放送してくれるのかななんて不安もあったりしたけど、無事に終わりましたねー!良かった!
今回は班長が関わった事件絡みの事件。
班長のこともちゃんとわかりましたね。
今回の犯人はただただ切なかったです。でも特捜9がちゃんと解決してくれました。
班長の事も救ってくれました。新藤の弟目線良かったな。
最後のみんなの笑顔がとても素敵で和解している感じも良かったけど、班長、小宮山さんに独り身が長いからですねって言ったことは絶対に謝ってくださいね←
倫子ちゃんも少しだけど出てきて嬉しかったです。しかも偶然会ったことを運命だよーなんて言っちゃって可愛い!ラブラブだな〜^^
最後の最後に浅輪君からCDプレゼントのお知らせもありました。
今回は無いと思っていたから嬉しかったです。
更に特別なCMも流してくださいました!とっても素敵なV6!本当に本当にかっこよかった!
色々ありがとうございます!
来年も待っています。来年はちゃんと捜査に加わった班長が見れるってことですよね?
楽しみにしています。

特捜9おかえり!

特捜9再始動しましたね!また逢えて嬉しいです。
ソーシャルディスタンス(イノッチ風に)を守って撮影しているのが伺えるところがたくさんあって、工夫が凝らされているなと思いました。イノッチがそういうところも楽しんでと言ってくれていたので、楽しみましたよー。
今回は10年前の事件が絡んでいましたけど、いやー全然覚えていませんでしたね!←
イノッチがやけに短髪で、あさイチ始まったころあんな髪型だったなーと思ったらあさイチ開始したのは10年前だったわと思い出しました。
非番のむらこみはデートみたいな感じなのにただ痴話喧嘩しただけで終わりましたね^m^前髪降りてる村瀬さん素敵よ。
そして今回は新藤萌えポインツがいっぱいありましたね。お花とお話してるとか、手柄取られて浅輪先輩に慰められて「やだ」って言ったり「さえてる〜」って言われてガッツポーズしたり。可愛かったです。
最後の浅輪君の表情に、こっちも胸が締め付けられる思いでした。先輩は変わってなかったですね。自分の事しか考えていなかった。政界に行ったとしても、こんな後ろ盾いらないですよねー。
久しぶりに今の特捜9に逢えて嬉しかったです。V6の新曲も聞けました。
そして来週予告にははっしーが!!!どうやら死んだ役らしいですね^^
そういえばこのシリーズのジャニーズゲストはみんな死んでましたね。ってヒロシだけだけど。
はっしーがどんな役なのか、来週が楽しみです。

特捜9 season3

いよいよ始まりましたー!
特捜9でのシリーズも3年目。そして9係からは15年目。時が流れるのは早いですねー。
今回は班長不在のまま9ヶ月が経過したという設定。
そして事件についても捜査するように依頼されていないのに勝手に捜査するという流石の特捜9です^^
無差別殺人と思わずに一つ一つ丁寧に仕事をしていく姿は本当に警察の鑑。
あのなんとかという刑事とは大違い←
あの人はいつも悪い役ばかりですよねー(SPでのイメージが強すぎる)
まさかの被害者が悪い奴らで^^;犯人はいわば被害者でした。こういうパターン多いですよね。
犯人の告白は切なかったです。
そしてこのイケメン、どこかで見たことがあるなーと思ったら、朝ドラの相手役をされた方でした。
「てっぱん」は割と見てたんですよねー。懐かしい。戦隊ものにも出られていたみたいでそちらでTLは盛り上がっていましたが私はこっちでした^^
村瀬さんが裏切るのかと思ったらまさかの展開でビックリ〜!もう昔とは違いますね!
来週は好きな俳優さんがたくさん出るので楽しみです。徳山君久しぶり〜。そして倫子ちゃんの旦那さんも出るみたいで楽しみ〜(言い方がおかしい)
そしてV6の新曲!何だか爽やかな感じ。頑張って聞いてましたよ!多分踊るね!踊りますねあれは!
毎年本当に本当にありがとうございます!毎年主題歌にしていただいて、本当に本当に感謝です。
ドラマも新曲もこれから楽しみです^^

特捜9season3!!

決まりましたねー!!今年もやってきます特捜9!!!
9係から数えたら15年目なんですね…。何だか感慨深いです。イノッチも最初は29歳だったもんなー。
健君がレコーディングが始まりそうと言っていたので、特捜9の主題歌かなーと思っていました。
このドラマはずーっとずーっとV6を主題歌にしてくださっていて、1年に1回リリースの時代は本当に助けられていました。デビュー年から毎年連続シングルTOP10入りという偉業は、このドラマがあったからと言っても過言ではないですよね。本当に本当にありがとうございます。
って、主題歌だと決まってませんけどね(笑)ドラマは決まったけど。まあ、V6だろうけど^m^
宮近君も続投で嬉しいですね^^
浅輪主任の活躍を、今年も期待しています。
楽しみだなー!!!

彼らを見ればわかること 最終回

今日最終回でしたねー。
3つの夫婦の形、最後は良い感じにまとまったかなーとおもいます。
鴨居夫婦自体は別に隠してることが無いからあんまり出てこなかったですね〜。鴨居パパは目立っていたけど。でもまあそんな感じになるんだろうなとは思いましたよね。だって朝帰りしてたし。
鴨居パパは奥さんときっと死別してるんですよね、離婚じゃないよね?まあどちらにしても結婚は素敵なことだと思います。
流美ちゃんが本当に嬉しそうにしているのが可愛くて。
柊司君にニコニコ報告して百々子と一緒に富澤家に行くとか可愛すぎか。
内田家の秘密って何なんだろうと思ったらそう言うことだったんですね。
懐の深さがないと出来ないですよ。本当に惚れていたんですねぇ。最後の百々子さんの台詞に本当に嬉しそうにしていたもんねぇ。
柊司君もちゃんと両親の事を知ることが出来て、心のわだかまりが無くなったみたいで良かったです。
合同結婚式でいきなり壇上に立たされて一体何を言い出すんだと思ったけど、良い事言ってました。
「これからも良い変化が皆様の人生に起こりますように。」って言葉、何だか凄く私の胸にも刺さりました。
その姿を見つめるヒロシが本当の父親に見えましたよ…。
富澤家が1番怒涛の展開でしたけど、何とか収まって良かったですよ。
超絶軽そうなお相手、意外とちゃんとしていて安心しました←
いっちゃんもなんだかんだで懐の深い大きな人だったんだなぁ…。
ラストシーンはさらに怒涛で、赤ちゃんが生まれた!っていうから真由ちゃんかと思ったら流美ちゃんでビックリ。
葉ちゃんがパパに!柊司君に弟が出来たよー!と何だか凄く嬉しくなりました。
1番最初に聞いたあらすじからドロドロな展開を予想していたけど、まあそう言うのもあったけどツッコミどころもあったし笑うところもあったし、俳優さんたちも豪華だったし、楽しんだドラマでした。
こんなキーマンの役をヒロシに与えてくれてありがとうございます!←
そして高橋君も凄く良かった!これから俳優さんの仕事が増えると良いですね^^
WOWOWさん、これからもV6を宜しくお願いいたします(笑)

彼らを見ればわかること

見ましたー。見れました〜←
こういう恋愛ものというかドロドロな予感なもの^^;なドラマってほとんど見ないので観る決意をするのに時間がかかりました。15分遅れで追っかけて見ました。
1回目は序章みたいな感じでしたねー。出てくる人みんな良い人そうに見えて、でもそれは外面だけで心の中にはいろいろ不穏なものが渦巻いているような気がしてちょっと怖かったかも。
ヒロシ夫婦←があいさつ回りをして元妻に出会ったところから物語が始まるような不穏な空気が醸し出され始めて、これから色々出てくるんだなと思わせる終わり方でしたよねー。まあそれがドラマだからー。
予告を見て衝撃を受けて^m^ようやく決意をして見始めたらその衝撃がまさかの冒頭に来たもんだから←
その後は意外とするすると見れた気がします。3組の夫婦の人間模様が気になって見入ってました。
高橋君をまじまじと見たのは初めてだったのですが、イケメンだし爽やかだし演技も上手いし期待の星ですね。ヒロシと似ているかどうかはわからなかったけど、20年前に離婚しているということならヒロシが父設定の可能性もあるのだろうか…。
あとは上地君が俳優さんをしているのをあまり見たことが無かったので新鮮だったかも。上手いですよね〜。何だか可愛かったです。ヒロシも可愛かったけど←
葉介と百々子がどうして別れたのかとか他の人たちが抱えている問題だとか色々気になりますね。それがどんどん暴かれていくんでしょうねーあー怖いー^m^
来週からも楽しみです。

13年振りの連ドラ!

長野君が来年WOWOWのドラマに出演決定〜!!
って、昨日情報が流れてきてましたけどね^^;フライングしちゃったんですね。
まあいいです!
2020年1月から放送「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」
に出演だそうで。
13年振りってそのドラマは何だと思ったら「勉強していたい!」ですか。懐かしいですねー。
ヒロシが汗だくになりながら入院患者の子供と触れ合っていた記憶が。
13年経って何となくドロドロ感のあるドラマ^m^しかもオリジナルなんですね。珍しい。
WOWOWさんは解約の2文字が頭をよぎる頃にこういうことをしてくれるんですよね←
だって永遠にサポートしてくれるんだもんね!
とりあえず前妻と今妻に翻弄されるヒロシをニヤニヤしながら見守ろうと思います←
にしても今妻は随分年が離れておりますねぇ…

セミオトコ 最終回

ついに終わっちゃいましたね〜楽しかったなー。
昨日は職場の飲み会だったのですが「ドラマをリアルタイムで見たいので帰ります」って言って早々と帰ってきました^^;なんのドラマか調べられて、帰る時に「セミ!セミオトコ!」って凄く言われたけど負けないで帰りました。
ドラマが始まった時、正直健君目当てだったから内容はあまり気にしてなかったというか意識していなかったんです。でも、おかゆさんの強烈な境遇を見て切なくなって、その幼少期にしてほしかったことをセミオ君がそれを自然としてくれていて、おかゆさんが今までの不遇をセミオによって回収されてみるみる満たされて言っている感じが素敵で羨ましかったです^^
このドラマはみんな優しくて温かくて、ちゃんと受け入れてくれる感じが良いなぁと思います。だから見ていても辛くないしこちらも優しい気持ちになれました。
でも、段々一緒にいられる時間が短くなっていくと思うと切なくて哀しくて。
先週はおかゆさんの決意に哀しくて切なくて、めちゃくちゃ泣きました。翌日の目がヤバかったです^^;
だから今回の最終回はきっと悲しいものになるんだろうと思ったのですが、それでもふたりには幸せになってほしいと思ってドキドキしながら見ていました。
うつせみ荘のみなさんが優しくて温かい。岡田さんの脚本ってこういうの多いですよね。住んでいる人がみんな一緒に集まる空間が温かくて優しい。おかゆさんのことをセミオのことをみんな好きで大事だと思っていることが伝わってきました。
セミオとお別れしてからの突然の6年後…まさか!と思いましたよね。想像していたけど再びセミオが現れて、嬉しかったです。春ちゃんの絵本と同じ、ハッピーエンドで良かった。
また7日間だけなのかなと思ったけど、春ちゃんの絵本の様に今度はずっと一緒だったらもっといいなと幸せに考えることにします。
もしくは6年ごとに7日間会えるって言うのもまたちょっとファンタジーで素敵かなとも思います。年齢とか諸々は一切考えないで。みんなが笑顔のラストでこちらも幸せな気持ちになりました。
大川一家もバカだけど最後はおかゆさんと4人で楽しそうな姿も見られて良かったです^^
ドラマを見ている間、私も幸せでした。ありがとうございました!

セミオトコ

始まりましたね〜。
楽しみだと思いつつも私はちゃんと見続けることが出来るのだろうか…と思っていたのですが、見続けられそうです。多分^^
主人公の大川さんがここまで引っ込み思案で人と関わるのが苦手とは思いませんでした^^;
でもあの境遇ならしょうがないかもしれません…特殊過ぎますけど^^;
ある意味健太は素直にすくすく育った感じですよねー。良くない方向だと思いますけども。
大川さんが生きていても何が楽しいのか分からない。でも死にたいかと言えば死ぬほどでもない。
言いたいことは凄く分かるなーと思いました。
たそがれている時によしかかってた柵が外れちゃうのはクレームを入れて良いレベルだと思いますが、咄嗟に下にいた蝉をよけようとするなんて、やっぱり心が優しい人なんですよね。
出てくる人たちは人をあんまり否定してないのが良いなと思いました。だからか見ていて辛くなかったです。
セミのイラストも可愛かったですね。私もたぶん幼虫とか成体の姿苦手なので^^大変分かりやすかったです。
突然現れたイケメンにそりゃ驚きますよねー。
何か普通の驚き方と違いましたけど^^大川さん、興奮するとたくさん喋るんですね。声が可愛かったです。
2人の会話が噛み合っていないのに成り立っているのとか面白かったですね^^
そして多分意味は分かっていないけど「生きていて良いんだよ」と言いながらハグしたシーンはなぜか涙が出ました。
それからのメイプルシロップがぶ飲みは可愛かったです^^
山ちゃんになびかないけど可愛かった。これからそういうシーンが多そうですね。
健太君の出番もこれからたくさん出てくれたら良いなぁ。
これから楽しみなドラマです。

特捜9最終回

ついに最終回になっちゃいました…
事件に関しては最近その回のゲストを見てこの人が犯人じゃないかと思っちゃう自分をどうにかしたいと思いました^^;まあ、今回の事件の本質はそこではないというかなんというか…。
見ていて辛かった。本当に辛かった。犯人が今までどれだけ苦しんでいたか、それは決して想像が出来ません…
「正義」って一体何なんだろうと思いました…
それでもやっぱり、私は浅輪主任のまっすぐな「優しい正義」を信じたいと思います。
それが少しでも伝わったから、あの人は自らの非を上司に伝えて辞めたのかなと思います。
班長の辞め方もああいう形だったとは…
全ては1話から繋がっていたんですね。
そこまでして浅輪主任を守ろうとするなんて…そこまでさせる浅輪主任は凄いし、そう育てたのは係長なんだよな…と思うと色々繋がっていて泣きそうです…。
最後の雨の中の係長と浅輪主任は泣きそうになるのに浅輪主任の髪型が天パでくるくるになっちゃってるのが可愛くて泣き笑い状態に。
素敵なラストでした。1話の事がちゃんと回収されて良かったです。あの犯人も少しは報われたかな。そう思ってくれていたら良いな。
また来年も、逢えますように…。

来週最終回

特捜9
今回も面白かった。
詐欺事件、本当に許せない。
猪狩さんの友人の森山さんの苦悩、見ていて辛かった…
お孫さんの涙に私も涙しました。
特捜9のチームワークはやっぱりすごい!小宮山さんを刑事として留まらせてくれた猪狩さんの想いにも応えた形になりますよね^^
佐久間君も立派になりましたね…立派になって…と思ったら最後に登場した時の私服姿可愛いし!
事件解決して良かったと思ったら気になる終わり方。
班長は今シーズンで卒業されるらしいですが、来週どんな最終回になるんでしょうか。
第1回で気になっていた事件の真相。それも明らかになるようで楽しみです。

特捜9season2

この間スペシャルもありましたけど、始まりましたね特捜9!
このドラマの中では係長が生き続けていることが本当に嬉しいです。
係長も別の場所で頑張っているんだから、こちらも頑張らないとって思わせてくれるようで。
今回は浅輪君が大ピンチでドキドキしました。
急に昇進とか殉職しか思いつかなかったから^^;良かったです。
倫子ちゃんとの関係も相変わらず素敵だし、皆さんも相変わらずだし、やっぱり1年に1シーズンは見ないと落ち着きませんね。
新藤は本当に成長しない子ですよねー・・・まあ、最後のシーンはどちらもただただ良かったと思いましたけども。
相変わらずのチームワークで見ていたらあっという間に時間が過ぎちゃいます。凄いです。
今回のツボは浅輪君がいなくなった時に青柳さんが言った「歌って踊れそうな若い刑事」発言ですね^^
不惑を過ぎても若い刑事なんだなー。最初は青年って言われてたもんなー。
今回巡査部長から警部補に昇進。
来週からまた新たな展開になりそうですね。
最後に犯人が殺されちゃうし、また警察の闇も感じます14係が怪しい…
来週も楽しみです。

特捜9最終回

もうボロボロですよ…たくさん泣きました…。
9係解散の真相、班長が5年前に退職した理由。
すべては繋がっていたんですね。
今回、5年越しに事件が解決したわけですが、こういうことが本当に渦巻いているのなら、警察の闇は深すぎますよね←
特捜班のみなさんが頼もしすぎてかっこよかったです。
警視総監が信頼を寄せているのも分かります。
このドラマの中で、係長がちゃんと生きているのがやっぱり嬉しいです。
倫子ちゃんがお父さんに自らお花を贈るなんて!
オンシジュームは渡瀬さんが本当に大好きだったお花みたいですね。
それが分かると尚更じーんとしちゃいました。
そして警視総監も、加納君って名前を言ってくれました。嬉しくて涙が出ました。
そして班長と琴美ちゃん。
琴美ちゃんはどこまで知っているんですかね。班長はきっと自分を責めていて父親だなんて思わせちゃいけないってきっと思っていて。それでもきっとこの二人は大丈夫だなと思えました。
とりあえず今回は解散にならなくて良かった!
来年もどうか、このメンバーに会えることを期待しています!
新藤はもうちょっと大人になってね!←

特捜9!!

今日から始まりましたね!「特捜9」!
本当にバラバラになってしまった9係。
そして設立された特捜班。
最初から政治家と警察の癒着が見えた感じでしたけど。それを清々しく関係ないと捜査して解決に導いた特捜9が流石でした。
確かに何だか皆さんの目がキラキラしているようでした。こっちも嬉しい。
事件が解決して良かったけど、どうして9係はかつて解散してしまったのか、そしてどうして警察を止めていた宗方班長が選ばれたのか。色々謎は残りますね。
気になりますが少しずつきっと解決していくんでしょう。楽しみです。
この作品の中では係長が生きていることが分かって嬉しかったです。
そして倫子ちゃんが浅輪倫子になっていたのがもうニヤニヤしてしょうがなかったです^m^
そしてそして新曲!
とにかくかっこいいということは分かりました!
新曲が聞けたことも嬉しい。
毎週水曜日が楽しみになりました。

トットちゃん

今さらですが感想を。金曜日に最終回になりましたね。
私は健君が出演した週から見始めたのですが、温かくて優しい物語でした。
トットちゃんも周りの人たちも本当に優しい。
トットちゃんが純粋で優しいからみんなが集まってくるんでしょうか。
黒柳さんの道程を知ることが出来て、1人の女性が強い意志で歩んでいく姿を見ることが出来て良かったです。
久松さんも最後まで出てくれて嬉しかったです。
何よりも嬉しかったのは1番最初に「徹子の部屋」と言ったのが久松さんだったこと。
大事な言葉を発したのが久松さんだったのが嬉しかったなぁ。
最初は本当に真面目でツンデレのツンが多くて^m^
いいぞもっとやれと思っていたんですけど←
黒柳さんの魅力が徐々に分かってきて恋心も抱いて、そこからは分かりやすく喜んだり悲しんだり含み笑いをして見たりして。凄く可愛かった。
壁ドンをされた姿も可愛かったです^^
プライベートは予想通りで、決してお父さんには見えなかったけど、咲子さんを含めて昭和の時代を、テレビの時代を一緒に闘ってきた姿が見えて何だか感動的でした。
素敵な作品を見ることが出来て良かったです。
今さらですけど、最初から見れば良かったなぁ。

また出てきてくれるかなー

トットちゃん。
昨日、久松さんは大阪への異動が決まり、旅立っていきましたね…。
最初はあんなにツンツンしていたのに、だんだん恋心が芽生えちゃって、真面目なカタブツだからか喜んだり悲しんだりしてるのが見え見えで、なんて愛らしいキャラなんでしょうってときめきながら見てましたよね←
久松さんは結婚したら尻に敷かれそうですよねー。恐妻家を持ちそう…
黒柳さんに告白して振られてやけ酒して酔っぱらって渥美さんに介抱されて…
何なのこのファンサービス…。可愛すぎるよ久松さん…。
今週なんて壁ドンされてたし!するんじゃなくてされてたし!ちょっとときめいたかなと思ったら振られてるし!なにあれ可愛すぎる!もう、不器用なんだから…。
そして大阪での黒柳さんとの再会が、久松さんが鈍かったから良かったものの視聴者から見たら久松さんが不憫すぎて泣けてきましたよね←
これから黒柳さんはNHKを辞めちゃうしニューヨークに行くだろうし、久松さんの出番は無くなっちゃうんでしょうか。きっとNHKで健気に←頑張り続けて働いていくだろうから大きくなって黒柳さんと再会してほしいなと思います。
ってことでまた出てきてくれ!!!(大事なのはそこ)

トットちゃん

ついに今日から久松さんが登場しましたね〜。
センター分けで黒髪でメガネの健ちゃんが可愛い!
今日はさらっとだけでしたけど、これから徐々に徹子さんと関わっていくんだろうな。
ツンな感じがとても良いですね^m^
健君のツンな役は珍しいので出来ればその姿勢を継続していただければと思います←
徹子の部屋にも出てくれないかなー。V6で出てないのはあと健ちゃんとヒロシだけなんだよー。
これから毎日健君に逢えるなんて嬉しいです。毎日頑張れます。帯って凄い!←
感謝ですね。

昼ドラ出演決定!!

いやー!!コンサートが終わった翌日に来ましたね!!
健君が放送中のドラマ「トットちゃん」に出演が決定しました〜!わ〜い!わ〜い!
これで色々な謎が解けました!良かった良かった!

今年の5月、滝沢歌舞伎にて健君宛てに「テレビ朝日制作班」より花束が来ていることが一部で話題になりました^m^Vヲタは色々修羅場を経験しているからか←とてもめざといんですよ…。これはドラマなのか…?ドラマの仕事なのか…?と期待しておりました。
実際剛ちゃんの舞台「ブエノスアイレス午前零時」で日活から花が来ており、ここでも日活…?とみんなが訝しんでいたところ「ヒメアノ〜ル」の仕事が来たということがありましたからね〜。もしや!って期待しちゃいますよね。

そしてそんなこともすっかり忘れていた(私が)数か月後。
忘れもしない8月19日のV6コンサート福岡公演。私はこの耳で聞いたのです!
個々のお仕事の話から、オカダが「健君のやつは?言って良いの?」と言ったのです!
ちょっと、8月半ばですよ。今10月下旬!オカダ随分先走りましたね^^;
でも確かにあの時期にはもう健君黒髪になっていたからなー。撮影は始まっていたんでしょうかね。
その後もちょいちょいオカダが健君の髪型についていじってなんか言いたそうにしてるなと思ったんですよ。可愛い奴め←ようやく解禁ですね。

あと、SnowManの阿部君が「ミラクル9」に出演した時に健君に会ったというのも納得!同じテレ朝だもんね!一緒に岸君がいたのは謎のままだけど。岸君も出るのか?

ツイッターで発見したのですが「ほっとけない魔女たち」と「トットちゃん」とプロデューサーさんが同じだそうで。マモル君な健君の演技を見てまたオファーしてくれたのかなーと思ったら嬉しいです。
健君は昼ドラが続きますね。思えば健君はデビュー前のJrの時にも昼ドラに出ていたんでした。あれはTBSだったかな。「とっても母娘」という、娘の同級生のモテモテの秀才君を演じていました。私偶然にもこのドラマを見ていたのですが健君のことは一切覚えておらず^^;でも奇跡的にビデオテープが残っていて、10数年後に健君が出ていたところを発見して見たりしました。
健君の演技をまたテレビで見れるのが嬉しいです。
出番まではまだ日にちがありますが、指折り数えて待っていることにします。

ハロー張りネズミ

ドラマもリアルタイムで観れませんでしたー残念。
でもちゃんと見ましたよ〜。本当に楽しみにしてました。
原作を拝見したことはないのですが、平成元年に連載が終わっているんですよね?
だからか映像もなんだかちょっと昭和のような懐かしい雰囲気…。
またキャスティングが良いですよね。
何だか皆さん渋くて素敵でした。
瑛太くんと剛ちゃんのコンビ、初タッグとは思えないくらい、息があっていました。
あの二人の身長差がたまらないですよね〜^m^
第1回目の依頼はむちゃくちゃな…と思いましたけど、依頼人にとっては切実で無理だと分かっていてもどうにかしたいと思いますよね。藁にも縋りたくなりますよね。
グレは涙もろいくせに淡白で冷静で。依頼人の境遇には号泣なのに依頼内容に関しては無理でしょ、と一蹴してるのがまた面白かったです。
子役の子、可愛かったですねー。二役…だよね?と思うくらい表情が違って。女優さんですね。
最後の展開は私も五郎と同じことを思いました。
それでも、所長さんの言葉が良かったですね。
うまく回ってる探偵事務所だなと思いました^m^
全体の音楽も良かったし、エンディングの4人も良かったです!
来週も楽しみです。
ゲストでいつかメンバー出てきてくれないかなー(いつも言ってる)
自己紹介
苗坊と申します。
読書とV6を愛してやまない道産子です。47都道府県を旅行して制覇するのが人生の夢。過去記事にもコメント大歓迎です。よろしくお願いいたします。
Categories
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ