チーズと塩と豆とチーズと塩と豆と
著者:井上 荒野
販売元:ホーム社
発売日:2010-10-05
クチコミを見る

10月放送の、NHK・BSハイビジョン紀行番組「プレミアム8」に登場する4人の女性作家が、それぞれヨーロッパのスローフードやソウルフードを求めて旅をし、その土地を舞台に書かれる短編小説アンソロジー。その小説は、ドラマ化され、番組に挿入される。井上荒野はピエモンテ州(イタリア)、江國香織はアレンテージョ地方(ポルトガル)、角田光代はバスク地方(スペイン)、森絵都はブルターニュ地方(フランス)。
「神様の庭」角田光代
アイノアは親族のしきたりである、何かあるときの大勢での豪華な食事の習慣が気に入らなかった。それは、母の病気の告知がその食事の場でなされた時に不満が爆発する。アイノアは必死で勉強し、バルセロナの大学へ進学した。それから世界中を旅するようになり、それがきっかけでNPO法人のアースガーデンに勤めるようになる。
「理由」井上荒野
アリダは30歳年上のカルロと結婚した。同い年のエルヴィラという娘もいる。周囲は反対したが、耳を貸さなかった。幸せな結婚生活を過ごしていたが、カルロは今病院のベッドで眠り続けている。
「ブレノワール」森絵都
絶交中の母親が危篤という知らせを受け、ジャンは数年ぶりに母と共に引き取られた親族の家へやってきた。この家では風習が多く、決まった食べ物しか食べない。そして母への反感からジャンはこの家をでてシェフを目指していた。
「アレンテージョ」江國香織
ルイシュとマヌエルは、リスボンからアレンテージョへ旅行に来ていた。予約をしていた民宿へ行くと、家出を繰り返しているエレナという少女と話をするようになる。

帯を見て、「あ、ちょうど今放送されているんだ」と思い、急いで録画予約。
1番始めに放送された井上さんのはもう終わっちゃったけど、他の3話は見れるようなので、ラッキーでした^^
作品はどれもその地方へ行っている様な感覚になりました。どの作品も何かしらの家庭の事情を抱えているのだけど、それでも結局
料理の雰囲気はヨーロッパらしくて、食べたくなりました。
番組はちょうど今日第3話が放送のようですが、旅行へ行って料理を食べて小説を書くって、魅力的ですよねぇ。
ヨーロッパの風景をテレビで見るのが楽しみです。

〈集英社 2010.10〉H22.10.18読了