苗坊の徒然日記

読書とV6をこよなく愛する苗坊が気ままに書いてます。 お気軽にどうぞ。

海猫 谷村志穂4



海猫

貸切のバスに、雪よりも白い美しい花嫁が乗っている。
名を野田薫という。
薫はこれから、南茅部の漁師である赤木邦一の元へ嫁ぐ。
ロシアの血を持つ薫はとても美しく、そしてなぜかいつも寂しげだ。
そして、結婚して赤木家に嫁ぎ、邦一の弟、広次と出会う。

3部に別れている物語。
1部の最後、納得がいかなかった。
何でこうなるの!!って。
でも、ラストは凄く好き。
私は特に美輝が好きかな。
母親のことが許せなくて、強い意思をもって生き抜いてきた。
だから恋愛のことは人一倍怖がっているのかな。なんて。
みんなの生き方が素敵で、いいなって思ったよ。

〈新潮社 2002.9〉 H16.11.25読了

ホテルカクタス 江國香織3



ホテルカクタス


ある街の東のはずれに、古いアパートがあった。
ホテルカクタス。
ホテルではなく、アパートなのにこんな名前が付いている。
3階の一角に帽子が、2階の一角にきゅうりが、1階の一角に数字の2が住んでいた。
3人は気の合う友達だった。
夜になると、いつもきゅうりの部屋に集まって、語り合ったり、お酒を飲んだり、音楽を聴いたりして過ごしていました。

不思議な小説だったね。
登場人物が、あだ名っぽい感じなのかなぁって思ったら、ホントにそのまんまだし。
帽子、きゅうり、数字の2。
それぞれ性格は違うし、趣味も違う。
でも、一緒にいると寂しくて、離れると寂しい。そんな関係。
一人(?)一人の生活観が面白かった。
家族構成とかもね。
こんな友達の組み合わせ、考え付く人はそうそういないよね。
でも、違和感はそんなに感じなかった。
最後の一文が、締めくくりとして凄くよかった。
重くて、切ない文章だったよ。

〈ビリケン出版 2001.4〉 H17.4.29読了

この森で、天使はバスを降りた5


Story
ある冬の夜。パーシーは、たった1人で田舎町のバス停に降り立った…。古ぼけたレストラン”スピットファイヤー・グリル”で働きはじめた彼女に、住民たちは遠慮のない好奇の目を向ける。グリルの女主人ハナは、一人...(詳細こちら


1996年に公開されたもの。
大学にあって、タイトルに惹かれてみてみた。
これは、感動した。
私の中ではかなりのヒット。
刑務所に服役していた少女が、初めは無愛想ながらも人のために尽くしていく。
それを認めない人はいるけれど、町の人は次第に彼女を認めていく。
初めはパーシーの雰囲気も良くなくて、大丈夫か?って思ったんだけど。
凄く優しい人で。
どうしてこんな人が罪を犯してしまったんだろう・・・って、ストーリーが気になって引き込まれていく。
その過去が、本当に切なかった。
大学図書館なのに、目が潤んでしまったよ。
大絶賛だったっていうのが本当によく分かったよ。

小さな恋のメロディ4


Story
幼い少年少女の淡い恋心をビージーズの音楽をバックに映し出す傑作ロマンスが初DVD化。親友同士であるダニエルとトム。そんなある日、ダニエルはメロディという少女に心を奪われる。しかし、何をするにもメロディ優...(詳細こちら


大学に最近入ってきた。
今更かとも思ったけど、見てないし。
で、見てみた。
かわいいね^^2人。
お互い好きでいたいだけなのに、どうして一緒にいちゃいけないの?って
2人が言ったところが可愛かった。
にしても、何故学校があんなに荒れているんだ・・・
学生がタバコ吸ってるし・・・びっくりだ。
私的には、トムのほうが目がくりくりしてて、可愛かったなぁって思う^^

ネバーランド5


Story
『チョコレート』のマーク・フォースター監督が、世界中で愛される名作「ピーター・パン」誕生にまつわる秘話を映画化した感動のヒューマンドラマ。主演のジョニー・デップをはじめ、ケイト・ウィンスレット、ダステ...(詳細こちら


感動したよ〜^^
よかった。映画が公開されたとき、見たいなぁって思ってたけど結局見なかった作品。
やっぱりよかった。
スクリーンでみればよかったわさ。
「ピーターパン」の物語ができるまで、こんなに哀しくて、切なくて、素敵な出来事があったのね。
そしてそして、ジョニー・デップ!!かっこいいよ〜♪
いいわ〜。

フライ、ダディ、フライ5

監督:成島出

Story
『GO』の金城一紀原作・脚本、岡田准一と堤真一主演による青春ドラマ。娘を襲った男に復讐を誓う中年サラリーマン・鈴木は、包丁を片手に男の高校に乗り込む。しかし焦って高校を間違えた鈴木は、その高校の不良生徒...(詳細こちら

映画を見に行ってきました。
原作が大好きな「フラィ、ダディ、フラィ」です。
ゾンビーズは高校生ですが、映画俳優は25歳前後…仕方ないのかな。まあ、違和感は感じなかったし。
堤さんのダサいジャージでの猛特訓は、本当に家族を愛している事が伝わって、じーんときました。
舜臣の強さと脆さも伝わってきました。岡田君、役者だね。
娘役の子だけ、現役の女子高生らしくって、ゾンビーズと激しく年齢差を感じたけど、そこはご愛嬌。
ゾンビーズのようなワケありの高校生を演じられる現役の高校生はいないのでは。
最後はスカッとしました!
本当に鈴木さんもゾンビーズもかっこよかった!
感動感動です!
私は小説の映像化は反対派なのですが、この作品は良かったです。

誰も知らない4

監督:是枝裕和
出演:柳楽優弥 , 北浦愛 , 木村飛影 , YOU

Story
是枝裕和監督最新作、柳楽優弥がカンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した話題作。都内のアパートへ越して来た母親と4人の兄妹たち。貧しくも楽しい生活が始まるはずだった。しかしそんなある日、母親は短いメモとお...(詳細こちら


西巣鴨子ども4人置き去り事件。
1988年に実際にあった事件。発見された4人は全員出生届を出されていなかった上、学校へも行っていなかった。
長男が下の兄弟を育てていた形になる。
映画では、それがリアルに表現されていた。
長男が買い物をして、料理をして、兄弟を育てている。
母親にも1番期待されていて、明もそれにこたえようとしていた。
でも、母親がいなくなって、お金がどんどん無くなっていって、家事をして。
感じの悪い友達が出来て、間違っているって本人もわかっていたんじゃないかな。
でも、解放されたかったんだと思う。
それが見ていて凄く辛かった。
お金を数えて家計簿をつけている姿。
4人の子供の父親に会ってお金をもらいに行く姿。
母親の行方を捜すために104に電話を掛けて住所を突き止める姿。
そして、真実を他の兄弟には伝えずに、自分にとどめて1人で苦しんでいる姿。
凄くその演技にひき付けられた。
服はぼろぼろで、髪の毛は伸びきっていて。
私は、周りにいる人が凄い目で見るんだろうな、嫌だな。って思ってみてた。
でも、違っていた。
そんな状態でいる彼らを、誰も見ないし、誰も気が付いていなかった。
それが、今の状態なのかとも思う。
明は凄く賢いよね。
何をするにもちゃんと考えて行動してる。感情的にはならない。
でもそれが、12歳の子どもらしくなくて、尚更見ていて辛かった。

ターミナル5


Story
スピルバーグ監督がトム・ハンクスを主演に、空港で起こる出会いと別れを描いた感動作。言葉が通じない空港で足止めされた男が、ある約束を果たすために空港ターミナルで生活を始め、周囲の人々と交流を深めていく。...(詳細こちら


こんなストーリー。
今更ですが、観ました。
面白かったです。感動しました。
ビクターが純粋で、もの凄く努力家。
”約束”を果たすために、そして、毎日空港で生きていくために必要なことを日々考えて実行していった。
その姿が素敵だった。
これは実際にいる人がモデルになったってテレビでやっていたけど。
その人すごいな。
実際と映画は全然違うと思うけどね。
どんどん深まっていく友情や愛情も見ていて楽しかった。素敵だったよ。
国境とか、境遇とかそんなのは関係ないんだね。
よかったよ^^

下弦の月4

監督:二階健

Story
矢沢あい原作による同名コミックを栗山千明や成宮寛貴ら、人気の若手俳優主演によって映画化したラブロマンスミステリー。19年に1度だけ起こる“下弦の月”という奇跡を巡り、交差する若い男女の想いをミステリアス...(詳細こちら


19歳の誕生日を迎えた美月は、恋人の知己と喧嘩別れをし、古い洋館にたどり着いた。
そこにはいると、小さな頃から知っていた曲が流れていた。
誰も知らない曲。でも、美月は知っている。
そこで、ロンドンからきたというミュージシャン、アダムと出会う。
自分の家族のこと、恋人のこと、アダムには何でも話せた。
ともに1週間を過ごし、それからアダムは姿を消してしまう。
下弦の月が消える前に横浜美術館に来てくれたら、一緒に行こうといってくれた。
しかし、そこで交通事故に遭ってしまう。
恋人、知己の目の前で。
その同じ時刻、蛍は猫のシベールを探しているときに交通事故に遭った。
退院してからも、シベールを探している。
古い洋館の中へ入ると、夢の中で一緒に猫を探してくれた女性に出会う。
しかし、その女性は記憶喪失で、自分が誰かもわからなかった。
ただ一つ分かるのは、アダムという恋人がいたことだけ・・・
アダムの恋人だから、と言う理由で彼女をイヴと名づけ、蛍と友人正樹はイヴが誰なのか探し始める・・・

と言うストーリー。
久しぶりに映画を見た。
見た理由は知己役の成宮君をみたかったからvv・・・ってそういう理由ばっかりだな、自分。
HYDEもかっこよかったね〜演技してるの初めてみた。
面白かったよ☆
最初はどんなストーリーなんだってよく分からなかったけど、
アダムが誰なのか。
古い洋館は誰が住んでいたのか。
分かってくると、引き込まれていったね。
前世とか、そういうの私は信じていないけど、ラストはかわいくて素敵だなぁって思ったよ。

ナルニア国物語 1ライオンと魔女 C・S・ルイス 4



ライオンと魔女


戦争を避けて、歳をとった学者が住む田舎の古い大きな屋敷にやってきた4人のきょうだい。
ピーター、スーザン、エドモンド、ルーシィ。
広い屋敷を探索するうちに、末っ子のルーシィは空き部屋の古い衣装ダンスに入り込む。
奥へ進むと、いつしかルーシィは雪の降り積もる森に立っていた。
そこは別世界ナルニア。
偉大なライオン、アスランが創りあげた自由の国。
しかし、今は白い魔女の手によって永遠の冬に閉ざされていた。

話題作。初めて手にとって読みました。
面白かったね。
やっぱり一つの世界が出来上がってる作品って凄いと思うよ〜。
「十二国記」とか。
これもシリーズ化しているし。
凄いよね、衣装ダンスの中からこんな壮大な世界が出てくるなんて。
話題になるはずだわ。
ルーシィが素直で勇敢で可愛いです。
エドモンドは好きじゃないけど^^;なんて。
映画も楽しみになってきた^^

〈岩波書店 2005.5〉 H17.10.1読了

ビッビ・ボッケンのふしぎ図書館 ヨースタイン・ゴルデル3



ビッビ・ボッケンのふしぎ図書館


久しぶりに会った従兄弟のニルスとベーリット。
二人はレターブックを買い、文通をすることに。
しかし、そのレターブックを買ったのは、見知らぬ女性、ビッビ・ボッケンだった。
そのレターブックでの文通が始まってからというもの、2人の身の回りではふしぎなことが起こる。
離れた地で2人は、ビッビ・ボッケンという人物についてを調べ始める。
どうやら彼女は書誌学者で、他の場所にはない本を所蔵しているという。
2人の冒険の結末は・・・?

「ソフィーの世界」を書いた方の作品。
それに比べたらとっても分かりやすかったよ^^;
始めは2人の手紙のやり取りだけなんだけど、それが尚更興味ひかれる感じだったね。
話の内容がおもしろい。
謎の女性の正体を探る2人。
そして、女性のしていることもまた興味深い。
大きな図書館。。。本を読む人が興味をそそらないわけがないよね^^
最後は2人の勇気に感動したわ〜

〈NHK出版 2004.11〉 H17.9.6読了

黒い兄弟 リザ・テツナー4



黒い兄弟〈上〉


黒い兄弟〈下〉


オススメ!
ジョルジョはスイスのソノーニョ村に住む少年。
幸福とはいえないが、家族全員が幸せに暮らしていた。
ある日、村に頬に傷のある男が現われ、ジョルジョを煙突掃除夫に売るよう父親に話す。
当然父親は断ったが、それからジョルジョの家族には不運が付きまとった。
そしてジョルジョは煙突掃除夫として、ミラノに行くことになる。
ミラノへ行く途中、ジョルジョと同様に煙突掃除夫として売られ、ミラノへ向かっていた少年に出会う。
名はアルフレド。ジョルジョの生涯の親友となる少年だった。
2人は親友の誓いを立て、それぞれの家へ売られていった。
住まわせてくれた家の家族はジョルジョを人として扱っていなかった。
食べ物はろくに与えず、仕事ばかり。
この街には同じ境遇である煙突掃除夫の少年は沢山いる。
その少年たちの集団「黒い兄弟」がジョルジョの居場所だった。

まだまだ話は続くけど・・・
これは10年位前にアニメで放送された「ロミオの青い空」の原作。
本は小学校高学年向きくらい。
でも、そのアニメが大好きで、原作も思わず読んでしまった^^
私は男の友情が好きみたいだな^^;
ジョルジョ(アニメではロミオ)とアルフレドの友情が凄く好き。
相手のために、自分を犠牲にしても助け合っている姿。
「黒い兄弟」も同じ。
ミラノの不良集団である狼団と立ち向かっていく姿はかっこよかった。
助け合える仲間がいたから、辛くてもやり遂げられたんだね。

〈福武文庫 1988.12〉 H15.5.27読了

チョコレート・アンダーグラウンド アレックス・シアラー4



チョコレート・アンダーグラウンド


オススメ!
健全健康党によって、チョコレートなど甘いものを食べることが禁止された。
甘いものが大好きなハントリーとスマッジャーは、バビ叔母さんと共に地下チョコバーを作る密売人となった。
甘いものが好きな子ども達のためだけの秘密の場所。
もしも知られたら、逮捕されるいわば大きな賭け。
でも、みんな喜んでいたし、甘いものを食べられて幸せだった。
しかし、少年団員のフランキーがその秘密を嗅ぎつけ、ばれてしまった。
ハントリーたちは、再びチョコレートのある自由な世界を取り戻す!

この作家好きだなぁ。
内容は発想がいつも面白い。
人が考えないようなストーリーを書かれていますよね。
それが凄く好きです。
多分児童書というくくりだと思いますが、大人でも十分楽しめるし考えさせられると思います。
チョコレートがなくなったら、私は生きていけないと思う^^;

〈求龍堂 2004.6〉 H16.9.6読了

天使の靴 ドナ・ヴァンリアー5



天使の靴


オススメ!
1985年。
ネイサン・アンドリュースは8歳。レイチェルという妹。父のジャック。母マギーの4人家族である。
ジャックは自動車修理工で、生活をしていくのがやっとなほど低収入だった。
古い家に住み、生活も大変だった。
だが、ジャックはいつも妻のマギーと子ども2人を大切にしており、4人はとても幸せだった。
しかし、この幸せな家庭に悲劇が襲う。
ロバートはケイトと言う妻を持ち、リリーとハナという娘のいる弁護士である。
家族が必要なものは全て手に入れた。家も、車も、家具も・・・
家族が生活に不自由が内容、いつも長時間働いていた。
それが、夫婦と家族の絆を失わせているとも知らずに・・・。
ある日、ケイトが離婚話を持ち出す。
だが、どうして別れなきゃいけないのか、ロバートは分からなかった。

どちらの家庭も、家族に愛を注いでいる。
でも、片方は心。片方はお金で家族との絆を深めていた。
ロバートは、愛情の示し方が違っていたんだね。
でも、家族を愛していることに変わりはなかった。
ジャックとマギーの愛にはとても惹かれたよ。素敵な夫婦。
そんな2人から生を受けたネイサンだから、ロバートの心を揺るがすことが出来たんじゃないかなと思う。
ラストは感動。
それでいて、凄く未来を見据えている感じ。
凄く好きな本。

〈ポプラ社 2001.11〉

青空のむこう アレックス・シアラー5



青空のむこう


オススメ!
ある日、ハリーはトラックに轢かれて死んでしまった。
いつの間にか、〈死者の国〉で〈彼方の青い世界〉へ行くための手続きを待つ列に並んでいた。
名前の登録が終わり、〈彼方の青い世界〉に向かう何も無いところを歩いていると、アーサーという少年に出会う。
アーサーは150年前に熱病で死んでしまった少年だった。
彼は、自分が生まれたときに死んでしまった母親を探している。
この世に未練があるために、〈彼方の青い世界〉に行かないのだった。
ハリーも一つだけ、心残りがあった。
姉のエギーと喧嘩して別れ、そのままハリーは死んでしまった。
どうしてもエギーに会って、ひどいことを言ってしまった事を謝りたかった。
すると、アーサーは一つの提案をする。
生きた人が暮らしている〈生者の国〉へ行こうと言ったのだ。

数年前にベストセラーになった作品。
この話は、主人公が死んでしまったことから物語は始まる。
そこで思ったことは、主人公は死んでしまったことに対しては全く触れていないということ。
ただ、お姉さんにひどいことを言ってしまった。だから謝らなくちゃ、死ねない。そう考えてる。
ハリーは明るい性格の子だから、「死」が一つのテーマになってはいるけれど、暗くはなかった。
ただ、読了後は感動の一言。
家族は素晴らしいことなんだって感じた。
お姉さんのエギーにとって、ハリーの死は特に心に深い傷を負うものだった。
喧嘩とは言え、相手にひどいことをいい、謝る相手はもう死んでしまったから。もう一生話せないし、許してもらえない。
ハリーは自分がひどいことを言ったことを後悔した。それで、お姉さんに謝ろうと思ったって言うけど、お姉さんの傷を消そうとも思ったんじゃないかな。
エギーが自分に言ったことで、ずっと悩んでいてほしくないから。幸せになってほしいから。
この2人は、とっても素敵な姉弟だなって思いました。

〈求龍堂 2002.5〉 H14.9.23読了

十五少年漂流記 ジュール・ヴェルヌ3



十五少年漂流記


1860年3月9日の夜、一艘の舟が嵐に巻き込まれていた。
舟に乗っているのは15人の少年達。
そして、15人を乗せた船は無人島に漂流し、少年達はそこで暮らすこととなる。
15人は知恵を絞りあい、食料を集め、住むところを見つけた。
冬も越すことが出来た。
しかし、その舟はオーストラリアから漂流してきた。
そこはイギリスの植民地であったため、少年達の間にも亀裂が走る。
少年達は無事に国へ帰ることができるのか。

すっご〜く今更な感じですが。
ホントは中学生とか高校生のときに読むべきだよね。
でも、この少年達はホントに凄い。
自分達が生き残るために、知恵を出して生活していく。
やっぱり喧嘩とかはあるけれど、かっこよかったよ。
有名な小説もちゃんと読んでいかねば^^;

〈新潮文庫 1990.5〉 H14.3.28読了

奇跡を信じて ニコラス・スパークス4



奇跡を信じて

奇跡って本当に起こるものなんだ。そして、自分で起こすものなんだ。
ランドン・カーターは17歳。ビューフォートという町に住んでおり、この町1番の金持ちの息子である。
ランドンの祖父はひどい男で、多くの人を傷つけてまで、自分の利益を求める男だった。
この町の教会の牧師、サリバンも被害者の一人。
彼にはランドンと同い年のジャミーという少女がいた。
ジャミーは自分よりも他人を優先する心優しい少女だった。
ランドンは次第にジャミーに惹かれていく。
しかし、ジャミーには大きな秘密があった。

外国作品はあまり読まないのですが、雑誌でオススメされていたので読みました。
文章の雰囲気が海外っぽくて、読み進めにくかったのですが、だんだん引き込まれてきました。
ランドンはお金持ちだけど、祖父のような酷い人間に成長しなくて良かったね。
素直に育ったから、切ないけど素敵な恋愛が出来たのかなと思う。
ジャミーは結局、どうなってしまったのか分からないけど、最後にランドンの言った奇跡は、2人が困難を乗り越え幸せになった事だと思いたい。

〈アカデミー出版 2001.12〉 H14.3.6読了

飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ 井村和清4



飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ―若き医師が死の直前まで綴った愛の手記


オススメ!
著者は内科医として、妻と一人娘の飛鳥と共に幸せな生活を送っていた。
しかし、1977年11月右膝に悪性の腫瘍が見つかり、転移を防ぐため右足を切断。
1979年1月、31歳という若さで生涯を閉じた。
この本は、家族や友人、同僚、妻と子、そして、これから誕生する子へ贈る、死の直前まで綴った愛の手記である。

これ、ドラマ化されましたね。
結構前にタイトルに惹かれて読みました。
著者が素晴らしい人なんだよ。
どうしてこういう人が、早くに死んでしまうんだろう・・・。
家族へのやさしさ、想いが伝わってくる。
最後のほうは、切なくて涙が出てくるよ。
本当に、亡くなる直前まで書いていたんだね。

〈祥伝社 1980.5〉 H15.1.7読了

HAPPYを攻略せよ 千秋5



HAPPYを攻略せよ


オススメ!
やらないで後悔するなら
やって後悔するほうがマシ。
好奇心全開、人生フル回転。
そおゆう風に生きてます。

千秋さんの初エッセイ。
タイトルに惹かれました。
すっごく前向き。そして楽しそう。
こんなふうに生きれたら、人生楽しいんだろうなぁって思う。
って、私だってこうやって生きていいんだよね、うん。
元気付けられるわ〜ホント。
これはずっと持ってたい本だなぁ。
そして、旦那さんがかっこいい・・・
こんな伴侶を見つけたいとも思ったわ^^

〈集英社Pe文庫 2003.9〉 H17.9.11読了

まだ17歳だけど、人生って面白いと思う 岩渕大起4



まだ17歳だけど、人生って面白いと思う


オススメ!
1984年、岩手県水沢市に生まれる。
生後2ヶ月で腎臓に障害があることがわかり、後に歩けないこともわかった。
小学生のときから、作文で数々の賞を獲得し、車椅子400メートル競技全国大会で銀メダルを獲得。
彼が生まれたときから現代までの様々な生き様を本人が執筆。
作者が感謝の気持ちを書いた、感動エッセイである。

この人、私と同い年なんだよね〜。
高校のときに読んだんだけど、表紙のすごく素敵な笑顔に惹かれたの。
すっごく幸せそうな笑顔〜って思って。
でも、結構苦労してるんだよね。当たり前だけど。
でも、凄く前向きなんだ、これが。
私もこの人みたいになりたいなぁって思ったね。
凄く元気付けられた1冊。
オススメです^^

〈ポプラ社 2002.1〉 H14.6.30読了

ダーリンは外国人 小栗左多里5



ダーリンは外国人

ハンガリーとイタリアの血を受け継ぎ、アメリカで教育を受け、日本に渡ってきた旦那さん。
話せる言葉は英語、日本語、北京語、スペイン語、ポルトガル語などなど数知れず。
語学オタクな旦那さん。
国際結婚と聞いて思い浮かぶのはロマンチックな洋風イメージ。
しかし、実際は・・・
1 ダーリンはこんな人
2 一緒に暮らし始めたころ
3 つらつらな毎日
4 やっぱり違う、こんなとこ
5 それでも仲良く暮らすコツ
を、収録。

〈メディアファクトリー 2002.12〉



ダーリンは外国人 (2)


「ダーリンは外国人」の第2弾。
1弾は旦那さんはどういう人なのか、毎日の生活などが書かれていましたが、第2弾はもっと入り込んだ感じ。
トニーさんと著者の会話が面白い。
1 あいかわらずです
2 ちょっとしたニュース
3 家族について
4 ちがうとこ、まだまだ
5 これからもよろしく
収録
〈メディアファクトリー 2004.3〉

あらすじじゃないから、本の紹介難しいな・・・ 
もうこの本はおなじみですね。
2人の話の掛け合いが面白いです。
確かに想像していた国際結婚とはかけ離れているかも^^
トニーさんが独特な方なんですかね。
以前テレビに出ていたときに見ましたが、本当に言葉が好きなんだなぁって思いましたね。
言葉について語っていたし。
って、そういう番組だったんですが。
やっぱり文化の違いって色々あるんだなぁって、考えさせられた本でもありました。
お2人の会話が面白いし、絵も可愛いし、ホントオススメです^^

母に習えばウマウマごはん 小栗 左多里5



母に習えばウマウマごはん


オススメ!
「ダーリンは外国人」の著者が書いた最新作。
小栗さんのお母さんが作る、オススメ簡単料理。
お母さんがとっても面白くて、いい味出してる^^
「ダーリンは外国人」でも、よく登場するのでうすうすは感じていましたが。
トニーさんも登場します。
とっても素敵な家庭だなって思いました。
凄くあったかい感じ。
私もこんな家庭を築いていきたいな。なんて^^
マンガもあるし、料理レシピもあるし。
得した気になる1冊です。

〈ソニーマガジンズ 2005.6〉 H17.6.23読了

アイドル武者修行 井ノ原快彦 日経BP社5



アイドル武者修行


オススメ!
「日経エンタテイメント!」で、イノッチが毎月出しているエッセイが単行化されたもの。
「武者修行」っていうくらいだから、イノッチのこと満載だと思ったけど、それだけじゃなかったね。
いろんな意味で暴露本。
芸能界のこと、自分のこと、V6のこと、アイドルのこと、ジャニーズのこと。
面白かった。
文章も読みやすくて、すいすい読めたし。
まだ、このエッセイは続いているみたいだから、是非兇盻个靴討曚靴い輸

〈日経BP社 2005.3〉 H17.4.2読了
自己紹介
苗坊と申します。
読書とV6を愛してやまない道産子です。47都道府県を旅行して制覇するのが人生の夢。過去記事にもコメント大歓迎です。よろしくお願いいたします。
Categories
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ