苗坊の徒然日記

読書とV6をこよなく愛する苗坊が気ままに書いてます。 お気軽にどうぞ。

凪良ゆう

すみれ荘ファミリア 凪良ゆう5

すみれ荘ファミリア (富士見L文庫)
凪良 ゆう
KADOKAWA
2018-07-14


トイレ、風呂、台所共有、朝食夕食付きのおんぼろ下宿すみれ荘。大家代理兼管理人をしている一悟は、古株の青子、TV制作マンの隼人、OLの美寿々ら下宿人と家族のように暮らしていた。そこに、芥一二三と名乗る新しい入居者がやってきた。作家だという芥は、マイペースで歯に衣着せず、攻撃的ではないけれども思ったことを平気で口にする。そのせいか、平穏なすみれ荘の住人たちの今まで見えなかった顔が見えてきて―。一つ屋根の下の他人、そして家族の再生ものがたり。

凪良さんの作品が続きます。
血のつながりはないけど、みんなが長く一緒に住んでいるから何だか家族のような関係になっているすみれ荘の人たち。凪良さんがあとがきで書かれていましたが、血のつながりがない人とも一緒に暮らすような環境で育ったそうで、だからこういう作品が書けるのかなーと思いました。
あらすじを読んでいて、芥が下宿人の関係をかき乱すのかと思ったけどそうではなかったですね。みんなが今まで言わなかったことを口にすることで改めてみんなの内面が見えてくる。それはそれでよかったのかなと思いました。隼人は嫌いだと思ったけど、それ以上の真相があって、感情がむき出しの分かりやすい隼人はまだましなのかなと思ったり。美寿々も「負けるもんか」と闘志むき出しの感じが好きでした。青子に関しては何となく予想していたこともあったけど、ちょっと怖い。ただ、怖い要素以外の青子の性格は似ているところもあって、だからこそ怖かったかもしれません^^;
愛ってなんだろう血の繋がりってなんだろう家族ってなんだろうって読んでいる間ずっと考えていました。芥も別に自分が可哀想な境遇だとは思っていなくて、兄はどんなもんだろうと思って見に行ったら妻を事故で亡くし、まともな会社勤めが務まらない極端な虚弱体質から娘も義父母に連れていかれたという寂しい境遇であることを知る。
全ては手遅れのように感じたけど、そうではなかったですね。全部を失ってからまた新しく始まっていく感じが良かったです。義父母の態度は最初から最後まで嫌でしたけど。
とにかく1番は、兄弟が何だかいい関係になって良かったということです。24年という長い月日をこれから埋めて言ってくれたら良いなぁと思って読み終えました。

<KADOKAWA 2018.7>2020.10.30読了

滅びの前のシャングリラ 凪良ゆう5

滅びの前のシャングリラ (単行本)
凪良 ゆう
中央公論新社
2020-10-07


「一ヶ月後、小惑星が衝突し、地球は滅びる」学校でいじめを受ける友樹、人を殺したヤクザの信士、恋人から逃げ出した静香。そして―荒廃していく世界の中で、四人は生きる意味を、いまわのきわまでに見つけられるのか。圧巻のラストに息を呑む。滅び行く運命の中で、幸せについて問う傑作。

友樹、信士、静香、Locoの4人の視点で物語が繋がっていきます。人も繋がっていくので展開が面白くて一気読みでした。
小惑星が衝突して世界が滅びるというあらすじを読んで「終末のフール」を思い出しました。あちらはそれまでの期間が長くて(8年後)散々荒れた後の無風のような状態の時が描かれていましたが、今回は1か月後ということで最初から最後まで荒れてました(笑)いや、笑い事じゃないんですけど。
この物語に登場する4人(5人か)は、世界が滅びると知った後の方が幸せそうでした。そしてもう少し生きたいと願うようになります。いじめられっ子の友樹は心の優しい子でした。同級生のマドンナである藤森さんに小学生の時から恋をしている。でも、スクールカーストの頂点と底辺で釣り合わないと諦めている。こんな温厚な子なのにお母さんがなかなかの感じで^m^読んでいくうちに理由が分かっていきます。マドンナの藤森さんにも抱える深い闇があって、ヤクザの信士も静香もそれぞれの想いがあって。残り1か月で今までの時間を埋めるように過ごしていく生活が読んでいても愛おしく感じました。幸せな家族に見えたと思います。Locoも、自分が幸せだと感じることに最後に気づいて良かった。
でも、ラストが滅亡だったのかはわかりません。生き延びることが出来て未来を再び紡いでいってほしいと思いました。
更に初回限定?で収録されていたイスパハンも素晴らしかった。友樹と雪絵が未来でもずっと仲良くいられますように。

<中央公論新社 2020.10>2020.10.29読了

神さまのビオトープ 凪良ゆう5

神さまのビオトープ (講談社タイガ)
凪良 ゆう
講談社
2017-04-20


うる波は、事故死した夫「鹿野くん」の幽霊と一緒に暮らしている。彼の存在は秘密にしていたが、大学の後輩で恋人どうしの佐々と千花に知られてしまう。うる波が事実を打ち明けて程なく佐々は不審な死を遂げる。遺された千花が秘匿するある事情とは?機械の親友を持つ少年、小さな子どもを一途に愛する青年など、密やかな愛情がこぼれ落ちる瞬間をとらえた四編の救済の物語。

幽霊の夫と暮らすうる波とうる波と生活していく中で知り合う人々との交流を描くオムニバス形式です。凪良ゆうさんの作品を読んでいると「普通」ってなんだろうって考えさせられます。
色んな愛の形があって、それは他者から見ると異常でも、本人にとっては真剣で真っ当な愛であったりする。
佐々と千花の恋愛が1番歪んでいる気がしました。中学生の時から7年付き合っていているのが当たり前で、だからこそ千花の愛は悪い方向へ向かってしまったのかな…と思いました。
春くんと秋くんとの交流がとても好きでした。うる波の関わり方がとても良かったです。
立花さんと安曇くんに関しては時間が解決するんじゃないかな。いつか2人がお互いに想い合っていることにちゃんと気づけると思います。その時が楽しみですね。にしてもただの熱血漢だったあの先生は何だったんだろうか…
「普通」に考えたら同じように年を重ねられない幽霊と一緒に暮らすなんて異常かもしれない。でも、想うことは自由だ。恋愛は自由。最後が少しドキッとしたけど2人はそれでいいのだと思いました。それで2人は心から幸せなのだからそれで良いんですよね。

<講談社 2017.4>2020.10.19読了

わたしの美しい庭 凪良ゆう5

わたしの美しい庭
ゆう, 凪良
ポプラ社
2019-12-04


オススメ!
統理と小学生の百音はふたり暮らしだが、血はつながっていない。朝になると同じマンションに住む路有が遊びにきて、三人でご飯を食べる。その生活を“変わってる”という人もいるけれど、日々楽しく過ごしている。三人が住むマンションの屋上には小さな神社があり、地元の人からは『屋上神社』などと呼ばれている。断ち物の神さまが祀られていて、悪いご縁を断ち切ってくれるといい、“いろんなもの”が心に絡んでしまった人がやってくるが―そこを訪れる“生きづらさ”を抱えた人たちと、「わたし」の物語。

いやー…良かった…。本当に良かったです…。もったいないと思いつつ一気読みでした。止まらなかった。凪良さんの作品は2冊目ですが好き。大好きです。
今回は物語によって主人公が変わる連作短編集です。百音から始まって百音で終わるのが良いな。
同じマンションに住む桃子に路有にかつてこのマンションに住んでいた基。
それぞれが抱える問題を取り上げながら、同じ住民と同じ時を過ごす。
やっぱり桃子の回がグサグサ刺さったかなぁ。刺さるけど読み終えた後には何だか私も背筋をちょっと伸ばして生きられるようなそんな感覚になりました。
39歳の桃子。母と2人暮らしで母は独り身の桃子を心配して勝手に見合い話を決めたりする。職場も若い子が多くてお局扱いされている。
母親の言動はいちいち癪に障りましたね^^;私も同じような年齢だしなぁ…。
私の両親は多分諦めているので何も言いません。弟と妹が結婚して子供がいる(もうすぐ産まれる)のが大きいかもしれない。だから、こんな子がいてもまあいいかと思っているのかもしれないです。
桃子が心の奥底に秘めていた想い。それを引っ張りだしてこれて良かったです。重いって思われたっていいじゃないか。周りがどう思おうと、自分は自分。自分の人生は自分のもの。縁切り神社に書いた「世間体」って凄く良い。私も縁切り神社に行く機会があったら同じことをしてみよう。
私が結婚しないのは出会おうとしてないのもあるけど、男の人が苦手で嫌いだから。パワハラに遭ったことで私は男の人が怖い。父親や弟が怖いと感じる時もあった(一応過去形)
だから、私は2.5次元の男の人の事が大好きなのかもしれません。私を直接傷つけたりしないから。そして私(達)を大事に想ってくれているから。だから惹かれるのかもしれません。
私はずっと、自分が稼いだお金を自分のためだけに時間を使うって決めたんです。
もしかしたらそんな私の想いを取っ払ってくれるような人が今後現れるかもしれないけど、とりあえず今はそう思ってます。
桃子のように近くにこんな素敵な隣人さんがいてくれたらもっといいんだけどな。まあ多くは望みません。
基も何だか危なっかしかったけど、桃子たちに出会えてよかったね…。別にゆっくりでいいよ…。
私も微妙に同じような感じで病院に通ってるけど、焦っても何も良い事ないから。33歳なんて若い若い←これからこれから。
恋愛は人それぞれだし家族の形だって人それぞれ。他人がどう言おうと自分たちの人生は自分のもの。自分の人生をちゃんと生きて、自分をもっと好きになりたいとそう思えた作品でした。読めて良かった。出会えてよかったです。凪良さんの作品を、もっともっと読んでいきたいです。

<ポプラ社 2019.12>2020.5.12読了

流浪の月 凪良ゆう5

流浪の月
凪良 ゆう
東京創元社
2019-08-29


あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人間を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

ツイッターでこの作品がたくさん取り上げられていて、気になって手に取りました。初読み作家さんです。
いやー…言葉に出来ないです。何も言えない。でも、とても余韻の残る作品です。
恋愛、結婚、出産、みんながしているからと言って別に自分がしたいと思っていないのにしなくても良いと私は思います。そういう時代でもないですし。また、病気や障害からそれが望めない人もいる。一人ひとりみんな違う。それを群らがることが好きな人たちは分からない。
更紗も文も、出会った時に共通の何かを抱えていた。世間ではそれが認められない、下手をすれば犯罪だと呼ばれるものだとしても、2人は支え合っていた。それを2人がいくら主張しても、周りは自分が正しいと思った優しさしか示せない。善意だと思って言ったりやったりしているから本当にタチが悪い。
現代はデジタル社会だから、どんなに時間が経っても事件は時効が無いし上書きされる。
それでも更紗と文は自分たちが生きやすいように生きていくことを選んだ。
どこへ行っても何をしても監視されているような環境から抜け出して生きていった2人はとても幸せそうでした。2人で一緒に過ごしていても夫婦でも恋人でもない。でも、お互いに大事で一緒にいたいと思う。その感情だけで良いと思いました。
梨花という理解者が出来たことも良かった。ちゃんと2人自身を見て判断してくれる人もいる。
読み終わった後も余韻が残り、心にずしりとのしかかるような作品だったけど、最後がとても良かったです。
面白かったという言い方は正しいかはわかりませんが、面白かったです。更紗の叔母の息子の事、更紗のDV彼氏の事、世間の目、腹ただしいことはたくさんあったけど、夢中で読みました。一気読みでした。2人がどうなるのか、幸せになれるのか、気になって仕方がなかったです。

<東京創元社 2019.8>2019.12.4読了
自己紹介
苗坊と申します。
読書とV6を愛してやまない道産子です。47都道府県を旅行して制覇するのが人生の夢。過去記事にもコメント大歓迎です。よろしくお願いいたします。
Categories
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Recent Comments
ブログリスト
カウンタ





  • ライブドアブログ