苗坊の徒然日記

読書とV6とSnowManをこよなく愛する苗坊が気ままに書いてます。 お気軽にどうぞ。

テレビ

六番目の小夜子

7月31日〜8月2日に一挙再放送をしていたドラマ。この3連休で一気見でした。面白くて気になって止まらなかったです。
「六番目の小夜子」は2000年4月〜6月期にNHKで放送されていたドラマです。
あらすじは、とある中学校に伝わる「サヨコ」という不思議な言い伝え。3年に1度、先代のサヨコから指名された生徒が、秘密裏にサヨコの約束を実行し、その成果が学園生活の明暗を左右するという伝説。サヨコ伝説に取り組む三人の少年少女を主人公に、彼らの友情と成長を描く、ミステリー仕立ての学園ドラマ(HPより引用)です。
原作は恩田陸さん。デビュー作です。
原作を読んだのが2001年ごろだったのでこのドラマの存在を知ったのは放送されてだいぶ経ってからでした。
原作の主人公は高校生。ドラマは中学生でした。そして演じたのは実年齢もほぼ中学生の俳優さんたち。
主人公は鈴木杏さん、他主要キャストに栗山千明さん、山田孝之さん、勝地涼さん、松本まりかさん、山崎育三郎さん…今も活躍されている俳優さんたちばかりです。しかもこれ4月期ってことは杏ちゃん撮影時小学生だったのでは…?ひえー。
等身大の中学生っていう感じでみんな可愛かったです。演技もその感じが良かった。実年齢がだいぶ上の人がやるよりも学校が舞台のドラマはこういう感じが良いよなーなんて見てて感じました。昔は高校生が高校生を演じていることの方が多かった気がするんだけども…。今は亡き古尾谷さんも出演されていて、懐かしかったです。
内容は少しホラーが入っているので同世代の人が見たらちょっと怖かったかもしれません。私は原作を結構忘れてしまっているしもう大人なので(笑)見れましたけど。
サヨコの正体は一体何なのかというところも展開が面白かったし、1番のメインとなる文化祭の全員参加のお芝居とか、緊迫感があってドキドキしながら見ました。
この作品は今も根強いファンが多いそうです。杏ちゃんはいまだにこのドラマのことを言われるとインスタに書かれていました。
それは主要キャストのほとんどが今も活躍されているということと、やっぱり内容が面白かったんだと思います。NHKでやるにはなかなかな内容だったんじゃないかなぁ。そんなこともないのかな^^;
ドラマの存在を知ってからずっと見たいと思っていたんです。放送から21年経ちましたが見れて本当に良かったです。
原作を読んでからも20年くらい経つので、改めて再読したいなーとも思いました。

えび銭湯 6月19日配信分

えび銭湯にのんちゃん!!ということで2週間前から楽しみにしてました。
入ってきたお姿がおしゃれだし、のんちゃんスタイルいいなぁと改めて思いましたよね。
えびちゃんとのお仕事で一緒だった最後はなんと2014年のライブ以来…え、私そのライブのんさな見たくて多分買いましたけど…それ以来って凄いな。
今ののんちゃんは舞台も出るし先輩のバックも踊る。収録の2日後から始まるNEWSのコンサートではセンターで1番年上。シンメは特にいない。…そっか。
ジャニーズに入ったのは2005年で16年目。しょっぴーと同期なんだっけ。
まさかMisSnowManがいなくなってしまってから10年経ってのんちゃんの口から当時の話を聞けるとは思っていなかったですよ…もう泣きそうですよ…。
のんちゃんにとってはグループに入ることも抜けることも何も知らされていなくて、何もわからない状態で、辛かったよね…
かつて一緒にグループで活動していた仲間たちがCDデビューが決まったと同じ空間でそのことを聞いて、のんちゃんはどんな気持ちだったんだろうと気になっていたから、聞けて良かったです。
私の中で横尾君の株が爆上がりなんですが。優しいね、わた兄(笑)
でも、CDデビュー日にのんちゃんは自分のブログでのんちゃんなりのお祝いをしていて、かっこいいなぁと思っていたんですよ。これからも応援しています。
昨日、大きな舞台のお仕事の情報が入ってきましたよね!
マジで観に行きたいんだが…うぅ…行きたい…
そしてのんちゃんの紹介のなかに「V6の熱烈ファンで全曲歌える」って入っていて泣きそうになりましたよね。知ってるよ…。
林君とのんちゃんでV6について延々語ってる動画とかずっと希望してるんですけど^^
とっつーが「親指さがし」のことについても覚えていて凄いなと思いました。一瞬でもこの話題が出てきてくれて嬉しかったです。
そしてのんちゃんにとってミュージカルと言ったら最初に思い浮かぶのはまーなんだなぁとも思いました。その話題が出たときに「坂本さん」って言ってましたもんね。
生粋のV6ファンだなと思いました。知ってたけど^^
のんちゃんのさらなる活躍を応援しています。いつか必ず、舞台を観に行きます。

かりそめ天国

予告でV6と表記されているのを見てから楽しみにしていたんですよ。
有吉さんがラジオでV6が好きだって言ってくれていたなんて知らなくてびっくり。
結構昔から共演はしてたんですよねー。6人にあだ名付けてくれていたもんね。
まー→ニワトリおじいちゃん
ひろし→グルメなヤギ
イノッチ→田吾作
剛ちゃん→兵藤ゆき
健ちゃん→ハナタレ小僧
オカダ→綺麗なゴリラ
だったんですけど^m^多分あだ名をつけてくれたのはVVV6の中だったので10年以上前なんですよね。でも、あだ名をつけられた本人たちは割と気に入っていたみたいで覚えていましたよね。OMGコンだっけ?有吉さんにあだ名付けられたよねーって言ってみんな自分のあだ名言ってたもんね^^
綺麗なゴリラも今では演技の上手い筋肉ゴリラですよ(笑)凄い言われようだけど多分オカダ喜んでると思う^^
V6好きだなーと思うけど、健ちゃんに会うとうるせぇなって思っちゃう有吉さんw変な奴って言ってるのに対してマツコさんも三宅君は変って同調するしw2人とも健ちゃんのこと大好きだな!
にしても2人の会話は予想通り薄めだったけど^m^意外と久保田アナがノリノリでお話してて、そしたらまさかの人生最初のコンサートはV6だったそうで!まじか!しかも95年って言ったよね?
久保田アナはひろしとオカダ推し。うん。なんかわかる(笑)
V6は特殊だよねーみんな違うよねーといい、ひろしはグルメで坂本君はミュージカルでって言った後に久保田アナが「あと料理」って付けくわえてくれたのすんごい嬉しかったんだよね…
久保田アナ好き。前から好きだけど好きです。
番組の最後に有吉さんが薬局でオカダにばったり会った話。
オカダがフェイタスを買っていたそうでwそういうのってCMやった時にたくさんくれるもんじゃないの?^^ちゃんと買ってるオカダ素晴らしいね!
ここで終わりかと思ったら番組が終わった後にMステの宣伝で関ジャニ∞が登場。
丸ちゃんが健ちゃんと事務所でバッタリ会ったお話をしてくれた…!
丸ちゃんのドラマを見てるし、ananも買ったんだって…。丸ちゃん教えてくれてありがとう…
あまりに唐突すぎて呆然としましたけど(笑)そのあと何度も見返しました。
いろんな方面から皆さん本当にありがとうございました…!!!

文豪少年!

今更ながら全部見ました。
読んだことのない原作もありましたが、そのまま忠実というわけでもなかったので普通にドラマとして楽しめました。
特に好きだったのは「走れメロス」かな。セリヌンティウスの目線での「走れメロス」が凄く新鮮で面白かった。ヴァサイェガ君の風貌がぴったりだったな。表情もすごくよかった。「僕は主人公にはなれない」という言葉が凄く印象的で、忘れられません。
ほぼ2人芝居でしたけど、牢番の方、見たことがあるなーと思ったら9係に出ていた方ですね^m^特捜9で久しぶりに登場しても良いんですよ(話が変わった)
あとは「高瀬舟」かな。
罪は償わなければならないけど、では罪とは…?って、高瀬舟さながらに考えさせられた気がします。
少年忍者の大先輩の2人も登場してびっくり。
2人ともジャンルは違えどクズな役で^m^さすがでした。
結局マスターは何者だったんだろう…最終回に少しわかるかなぁと思ったけど、わからなかったな…
未読の作品で読んでみたいなと思ったのは最終回の夢野久作『空を飛ぶパラソル』かな。
あとは前から読んでみたいと思っていていまだに未読の泉鏡花『外科室』
文学とドラマの融合を楽しみました。またこういう企画があれば見たいです。

えび銭湯

厳密にいうとテレビじゃないんですけど、配信ですけど。
本日配信されたえび銭湯。
今回のゲストは林君と原ちゃん!もう決まってからずっと楽しみにしていました。
えびちゃんからはふみきゅんととっつー。とっつーが初回の放送を見ての感想を言っていたけど、ホント初回のモザイクはね、やばかったですよ^^;私ひとりで見てるのに目をそむけたこと何回かありましたから←
富士山が出てきてほっとしてます^m^
原ちゃんはこの番組出演が決まってから4キロ落として2日前から水抜きもしているそう。ボクサーか!っていうかお風呂に入るのに危ない!
ホント良い身体してるんですよねー。お相撲さんの時のマッチョ姿も好きでしたけど。
林君は昔ながらのジャニーズ体系な感じでしたね^m^
林君のことも割とぺらりと話してましたね。そうか、えびちゃんもか。いいけども。
原ちゃんが小学校の先生になろうとしていたのは知らなかったなー。でもすんごい似合う。先生役とか来るといいね。
林君が宇宙Sixから離れるとき、原ちゃんが結構怒ったという話、熱くて好きだったなー。私はリアルタイムで2人が同じグループにいた時を知らないので、聞けて嬉しかったです。
原ちゃんの舞台やミュージカルに対する想いも聴けて良かった。かっこよかった。
若い頃は(今も若いけど)本当にいろんな仕事をしていたんだね。まさか原ちゃんが地球を支えていたとは(笑)そんなお仕事もあって今がある。素敵です。
林君が健ちゃんの話をしてくれたのも嬉しかったなー。してくれるとは思っていたけど。
健ちゃんにとって林君は可愛い後輩ですよ本当に。
舞台共演中、毎日挨拶に来てくれて、毎日お手紙をくれて。
そりゃあ連絡先教えてくださいって言われたら教えちゃうよね。あのめちゃくちゃガードが固い健ちゃんでもするりと教えちゃいますよ。
一緒に伊勢神宮にデートに行って、林君のお誕生日には電話もしてくれて、ご飯も食べに行って。なんかファンからも林君にありがとうと言いたいくらいですよ。
後輩との関わりも滝沢歌舞伎に出演してから変わったといっていた健君。同じく健君ファンも2001年にコンサートでバックにJrを付けなくなってから15年間、ほぼほぼ他のジャニーズの方々を目にしないで生活をしてきたんですよ。2016年に滝沢歌舞伎に出演してから、こちらまでJrのことに詳しくなって。こんな未来が来るとは予想もしていませんでした。楽しみが増えました。
それにしても剛健は嵐世代だけじゃなくてえびちゃんも怖いイメージなんだね…まあ世代は同じようなものか。やっぱりその怖い頃を知らないもう少し若い世代だっていうのも良かったのかな。なんせカミセンのコンサートを見て健ちゃんに憧れてジャニーズに入った林君ですから!^^
そんな林君が語った3年以内に帝国劇場で主演という夢。
夢が具体的でかっこよすぎた。その夢が叶うときに私も観に行けたらいいなぁ。
あっという間でした。面白かった。
来週は高田君と寺西君!こちらも楽しみです。

青天を衝け

見ましたよー。
私は連ドラを見続けるのが苦手なのですが頑張って見ようと思います。見れるかな?^^
大河ドラマを見るのは「おんな城主 直虎」以来です。
渋沢栄一はその人物を知ってからとても興味深くて今色々調べているところです。
今回の大河ドラマも楽しみにしていました。
始めはどういう形で始まるのかなーと思ったら徳川家康の登場に驚きました。1番最初のセリフが「こんばんは。徳川家康です。」で笑っちゃいましたよ^m^
徳川家に仕えた人物だと知っていましたか?と問われましたが、知ってました。
始めに栄一と喜作が徳川慶喜と無理矢理鉢合わせる?ところから始まりましたが、草さんの徳川慶喜、かっこよかったですね。来週からもっと登場すると思うので楽しみです。
今回は栄一の子供時代でしたが、まー強情っぱりでしたねー^m^
でも眼差しが凄く強くて精悍な顔立ちでした。子役の皆さんはみんなそんな感じでしたね。
栄一が目覚めるきっかけとなった言葉を与えたのは両親と、高島秋帆。
いやー玉木さんがめちゃくちゃかっこよかったですねー。籠に入っている時はよく顔が見えなくて外国人かと思ってしまいました^^;櫛を渡すシーンも、牢で話をするシーンも物怖じしない感じが良かったですし、貫録がありました。
岡部藩に捉えられていたのは史実だそうですがもしもこんな形で2人が出会っていたら、素敵ですよね。夢があります。
礎が出来たところで栄一がどう成長していくのか、1年間が楽しみです。

岸辺露伴は動かない

私が3夜連続でリアタイしてドラマ見るなんて奇跡…!
まあ厳密に言うと2夜はリアタイではないんですけど大体リアタイ^^
ジョジョの奇妙な冒険は弟が持っていて少しだけ読んでいるのですが、今回の原作は未読。
ただ、荒木先生の世界なので結構なキャラクターなんだろうなと思っていました^^;
原作に忠実なのかはわかりませんが、私はドラマの世界観がとても好きでした。
まず一生君の声に驚きましたよね。声色が全然違う!その声を聞いた時に一生君が強い想いでこの作品に取り組んでいるんだと思いました。
第1夜は不可思議な世界で異空間に引き込まれたような感覚になりましたけど、第2夜と第3夜はそう言う感じではなかったですね。うまく言えないですけど、目に見えない不可思議なものに触れたような…先生に怒られそうだけど、たくさんの奇跡に出会ったような感覚。
一生君の所作、表情、言葉遣いがいちいち絵になってかっこよかったです。1番好きなのは暴走した志士先生にヘブンズドアかけた後に、机に座って椅子のひじ掛けに足をかけたところ。あの治安の悪い感じが好きでした^m^
基本的に自分本位な先生ですけど、興味があることにはとことん追求するし、意外と情も感じたし、魅力的な人でしたね。
あー面白かった!もっとみたい。スピンオフの作品だそうですが、まだお話はあるんですよね?
続編も期待してしまいます。

太陽の子

見ました。
戦争はいろんな場所で、いろんな立場で様々な思いを抱えながら生き抜いてきた人がたくさんいたんですよね。お国のために戦地で闘った人達の話を取り上げることが多いですが、今回は科学者目線での戦争が描かれています。
辛いですよね。同年代はみんな戦地へ赴いて命を懸けて闘っている。
科学者たちにしても色んな葛藤があって、それぞれ日本のために研究を重ねているのに、それが国のためなのか、未来のためなのか、そもそもこの研究は続けて良いのか正しいのか。
協力していた人が自分のせいで空襲に遭い亡くなってしまったシーンは、辛かったなぁ…
修もたくさんの葛藤があったのだと思うけど、科学者という道を貫き通した姿は漢らしく勇ましく、また裕之のためにもその道を選んだのかとも思いました。母親は厳しい言葉を投げかけていたけど、全部分かっていたんじゃないかなとも思います。
世津はとても魅力的な女性ですね。
周りの意見に流されず、自分の意志を持ち、今だけではなく未来を見据えている。戦争が終わった後の事も考えている。戦争と向き合っている修と裕之は意外な表情をしていましたよね。戦争はいつか終わるのに。それがまた切なかったな…。
そして、裕之。皆さん言っていますが、やっぱり春馬君とダブらせてしまうシーンがたくさんありましたよね。始めに「ただいま戻ってまいりました」と言って笑顔で家族と再会するシーンで号泣してました…。家族は戻ってきたことを喜んでくれているけど、仲間は戦地で闘い続け、命を落としている人もいる。それでも死ぬのは怖い。そんなの当たり前です。でもその当たり前をこの時代は認めてくれなかった。入水シーンは涙が止まらなかったです。
「いっぱい未来の話をしよう」という言葉。笑顔でのこの台詞も見ていて辛かったです。そのあとの展開も何だか状況は違えどダブって見えて、切なかった…。
そして戦地へ戻るときにお母さんが大きな大きなおにぎりを握っているシーンが切なくて。そして本当は抱きしめたいけどそれを必死で押しとどめて耳に触れるシーンにも泣きました。そして姿勢を正して後ろを振り返らず向かう姿もかっこよかった。
きっとそうなるだろうと思ったけど、遺書が届いたシーンも辛かったです。でも、長崎で原爆が落ちた後に届いた遺書。京都に原爆は落ちないし、あと1週間もしないうちに終戦が来ると視聴者は知っています。だから、特攻隊員として出撃する前に終戦になって、みんなの元へ帰ってきたというそういう未来も想像していたいです・・・。
素晴らしかった。本当に素晴らしかったです。最後にテロップが出て現実に引き戻されて、あぁ…もういないんだと改めて知らされる…。辛い。辛いなぁ。
辛かったけど、見て良かったです。見なければならなかったと思いました。

『四次元の賢治 -完結編-』

2017年の第1幕上演から約2年。宮沢賢治の諸作をベースに思想家・中沢新一が脚本を書き下ろし、小林武史がオペラに仕上げた異色の舞台作品が第2、3幕を加えここに完結。
キャストには新たに俳優・満島真之介やコムアイ(水曜日のカンパネラ)等を配し、他に類を見ないフォーマットによる瞠目のオペラが登場する。

先日WOWOWで放送されていたものです。
「Reborn-Art Festival 2019」というイベントの中で上演されたもの。宮城県の牡鹿半島・石巻市街地を中心にアート・音楽・食の「総合祭」として開催されたそうです。でもこの上演自体は東京でもあったみたいですね。
宮沢賢治で検索してヒットして気になったから見たという流れなので、このイベント自体知りませんでした。
オペラって私は見たことが無いのですが、この作品は映像と歌と演技とが融合された素晴らしい舞台でした。
台詞はほぼ歌なのですが、出演者がほとんど歌手の方だったので、歌声が本当に綺麗で聞き入っていました。字幕も付いていたのでありがたかったです。
宮沢賢治役は満島真之介さん。歌声を聞いたのは初めてかも。しっかりとした太くて男性らしい、でもちょっと繊細な透き通った歌声でした。好きな声。
賢治が川に住む生物たちに必要な金雲母を取ってしまったところから物語は始まります。
そこに住む川蟹の兄弟が賢治と知り合い、共に過ごすようになります。
賢治にはとし子という妹がいました。病気を抱え、賢治はとし子を見舞い、元気づけます。
賢治が生きた世界と賢治が創り上げた物語が錯綜しています。賢治好きとしてはたまりません。
出演者は主に4人ですが、声の出演ではほうき星の声は太田光さんだし、ナレーションは安藤裕子さんだし、桜井和寿さんの歌声も聴くことが出来ます。豪華。
印象的だったのは、とし子の死の間際のシーンで「永訣の朝」を2人が歌っていた場面です。この詩はとし子が死んだ後に書かれたものですが、2人の姿と詩と歌がとても合っていて切なかったです。素晴らしかった。
銀河鉄道での物語も賢治の世界が散りばめられていて圧巻でした。
語彙力が無いのが申し訳ないくらい。
新しい解釈と、新しい融合の物語を見ることが出来ました。皆さん本当に素晴らしかった。
今更になってしまうのかもしれませんが、観ることが出来て良かったです。

CONTACT ART〜原田マハと名画を訪ねて〜 #1 モネ/島根県立美術館

今回、案内人の原田マハが訪れるのは、宍道湖畔に建ち、美しいたたずまいで来館者を迎える島根県立美術館。主に、水との調和をテーマにした絵画、版画、工芸、写真、彫刻と多くの作品が展示され、館内からは「日本の夕陽百選」にも選ばれている宍道湖に沈むすばらしい夕日が堪能できる。3月から9月は、夕日をゆっくりと楽しめるよう日没後30分まで開館しているのは、この美術館ならでは。今回、コンタクトするのは、島根県立美術館が所蔵するクロード・モネの作品「アヴァルの門」。印象派を代表するフランスの画家モネ。自然に魅せられた彼が生涯にわたって描いてきたものとは?
(HPより抜粋)

1月26日に初回放送されていたのですが、録画するのを忘れてしまって…WOWOWは何度か放送してくれるのでありがたいです^m^
そして見ました。今回は島根県立美術館。モネの「アヴァルの門」やはりモネは睡蓮のイメージですが本当に様々な作品を書かれているんですよね。こちらは海岸。というか絶壁。崖と海の絵が動きそうなくらい。勢いのある絵でした。
島根県立美術館は行ったことがありませんが物凄い近代的な建物ですねー。そして海沿いだからと3月から9月までは日没後30分まで開館しているというのも斬新。行ってみたいな〜。
島根の名産やオススメのごはんも紹介されているのが良いですね。
こちらは3月からレギュラー化されるみたいなので楽しみです。
私も旅先で美術館に行くこともあるので参考にしたいと思います^^

きのう何食べた?正月スペシャル2020

半年ぶりにシロさんとケンジが帰ってきた!!
・・・って今更ですみません。実家に帰っていたので観れなくて^^;帰ってきてからすぐに観ました。
お話は3つでしたね。
親の仕送りの事、小日向さんとジルベールの話、シロさんがめちゃくちゃ忙しくて2人飯が出来ないケンジの話。
あとは三谷まみのところか。いやー!宮沢さんが三谷まみにしか見えませんでした。あの貫録。素敵すぎます。
シロさんが興奮して嬉しそうにおしゃべりしている姿とか、マンガさながらでしたね^^
あ、連ドラ見た後にコミックを買い揃えたんですよ^m^買って良かったです。
どのお話も良かったです。最初の親の仕送りについては佳代子さんのちょっと雑な励まし方が何だかとても良いなと思いました。料理をしているのを知っていて誕生日にどんこを送ってくる母親。素敵だと思います。
小日向さんとジルベールのくだりに関しては私は結構苦手です^^;あのわがままボーイのちょっと見下した感じとか人をバカにした感じとか、隠している本性があるのかもしれないけど苦手で。ケンジの「愛を試すのはほどほどにしなね」の視線が怖かったです^m^私もずーっとうすしおで良いな。駆け引きなんかいらない。素直にいたいなー。
そして最後の2人の話。ケンジがシロさんに尽くしている姿は健気だし、作り置きを作っているのとかワイシャツにアイロンをかけているのとかちゃんとわかっていて、お礼を言うのって素敵だなと思いました。素敵ばかり言っているけど、お互いを思い合っていて尊敬しあっていてありがとうという言葉をちゃんと伝えるのって大事だなと改めて思いました。
最後のちゅー未遂なんすか!そのあとのシロさんのニンマリなんすか!可愛すぎるんですけど!そのあとの2人のドタバタというかイチャイチャなんすか!もう全部可愛い!可愛すぎる!
お二人はとてもお忙しい方々だと分かっていますが、どうか不定期でもスペシャルにしていただければとてもうれしいです。もはや2人に会いたくなりました。
本当に素敵な作品です。

みやぎ御朱印ボーイ

今更ですが10月から林翔太君のレギュラーが始まりましたね!
でも宮城・・・これは見れない・・・と思ったのですが、オンデマンドで見られるんですね。良い時代だ←
ということで今更ですが3週分見ました。
林君の笑顔、話し方、佇まい…あの落ち着いた感じ…好きっ!
参拝している姿を見る度に健君と伊勢神宮に行った時のお写真を思い出します。
2人のお写真可愛かったな・・・映っていたのは後頭部だったけど^^
初回が大橋八幡宮、次が宮城県護国神社、最新が瑞鳳殿。それぞれの由来が興味深いですね。最後の場所は政宗公のお墓ですよ。
ずんだ餅もずんだトーストも美味しそうでした。
私は宮城にまだ行ったことが無くて…いつか絶対に行きたいです。そして林君が行った神社を巡りたいと思います^^
3回分全部同じお衣裳でしたね。頻繁には来られないだろうし、何本も撮っているんだろうな。
長くレギュラーが続きますように。面白かったです。これからも見ます!

本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜

今月からWOWOWでアニメが始まりましたね〜
BSフジなどでも後々放送になるそうです。
せっかく契約しているんだからとWOWOWで見始めてます^^
私も原作を全部は読んでいないのですが、アニメを見始めると平民だった時はこうだったなぁと懐かしさすら感じました^^;
原作と少し違うのは、神官長がマインの記憶を魔力でたどるところから物語が始まるところですね。
これだと神官長が丁寧にマインについて分かるから良いかもと思いました。
最後の2人のおしゃべりも可愛い。でも、神官長が出てくるのは一体いつになるんだろう…。
マインが、これから紙や本を作っていく姿をアニメで見て行くのが楽しみです。

きのう何食べた?最終回

ついに終わってしまいましたね…。
いつもは録画して観ていたのですが、最終回はリアルタイムで読みたいと思い、頑張って起きてました^^;
ケンジとシロさんの両親との初対面。
双方が緊張してギクシャクしている姿にこちらも緊張して見てしまいました。
その空気に耐え切れず母とシロさんは逃げ出し←
お父さんとケンジ2人きりに。
でも、2人でシロさんの高校の卒業アルバムを見て会話したことで、距離が近づいているのが分かりましたよね。
2人の後ろ姿が可愛かった。
お母さんとシロさんも料理を一緒に作ることで、普段の空気が戻っていっていたような気がします。
シロさんがご飯が出来たと2人を呼んだときのケンジの受け答えがいつもの「は〜い」だったことからもそれが分かりました。
ケンジがから揚げのおいしさに素になったのは、逆に喜ばしいことな気がするけど(料理も美味しいって言ってるんだから)それでも、年老いた(梶さんすみません。役柄上の話です)お母さんにはドン引きしてしまう話し方だったのかな。
両親の勘違いで継続中なものはあるけど、それでもちゃんとケンジを受け入れて夜になるまで4人で会話が出来たってやっぱりすごいことだなと思います。
嬉しすぎて死んでもいいなんてケンジは言っちゃったけど、ここで死んじゃうの凄くもったいないよ。人生はこれから。これからもずっとずっとずーっとシロさんと2人で仲良く生きていかなきゃ。それでも、そう言えるって本当に幸せなことだなと思いました。羨ましいです。
次の日?の2人のおでかけも良かったですね。中村屋での2人の会話。そして店員さんの行動。店員さんめちゃくちゃかっこよかったです!!最後の微笑み何!?まあ、毎日買っているんですもんね。そりゃシロさんも挨拶しちゃうわ。
買い物後のカフェでの2人。私は別に男性2人がカフェにいても気にならないけどなー。カップルとか関係なく、美味しいものを美味しいねって言い合いながら食べている姿は微笑ましいと思うのだけど。
実際、シロさんもケンジが幸せそうな表情を見て、同じように幸せそうで清々しさすら感じて、2人を見ているだけで癒されました。きっと周りの女性たちもそう思ってると思うよ。もしくは腐女子だと思うから気にしなくて大丈夫!←
そしてそして!あの最後のシーンですよ。何あれは!最高のラブシーンでしたよ!
髪を切っていると切られているの図も身を任せている感じがして好きだったし、あのあすなろ抱きね!もうたまらなかった…あのシーンで泣きました…。
今はバックハグって言うんでしょうけど、あえて昔懐かしのあすなろ抱きって言いますよ!
だって、そのあすなろ白書で西島さんは松岡という同性愛者を演じて結ばれなかったし、死んじゃうし、凄く可哀想な青年だったんだもの。それでも、約25年の時を超えてちゃんと結ばれて幸せそうにしていて。
いや、原作者違うし人ももちろん違うんだけど…でも同じ西島さんだから何だか感慨深くて。
お互いがお互いを想い合って大事にしていることがあのシーンに詰め込まれていて、集大成な気がして、もうたまらなかったです。
からの、あの台所のシーンは何すか!?
あれは完全にアドリブですよね。ケンジの台詞が酷すぎる^^;
シロさんの中の人が現れていましたよね^m^
そういうところも含めて大好きなドラマでした。
こんなに何度も見てしまうドラマは初めてで、見た後に幸せな気持ちになれるドラマも初めてでした。
ありがとうございました。またいつか逢えることを信じて待っています。

きのう何食べた?

マンガは読んだことが無かったのですが、ドラマ化されると聞いて楽しみにしてました。
いつも言ってますけど、1クールドラマを見続けることが苦手で、基本的にぶいおじさんが出演していないとドラマは見ないのですが、このドラマは欠かさず見ているし(リアルタイムじゃないけど)それどころか何度も繰り返し見てしまっています。こんなこと初めてでびっくりしてます^m^
何でこんなに観ちゃうんだろうって考えたら、いい意味で大きな展開が無くて、見ていてただただ幸せな気持ちになるからだろうなと思います。
異性愛者とか同性愛者とかそう言うのは関係なく、シロさんとケンジがお互いをちゃんと大事にしているところが本当に素敵で、自分の事ではないけどそこに幸せを感じているのかなと思います。
そして本当に食べ物がおいしそう!料理を作る姿も良いしおいしそうに頬張っている姿も本当に良い。
素敵という言葉ばかり使ってますけど^^;
来週が最終回なんて寂しすぎます…。
でも、予告だけで凄く幸せそうなのが伝わってきました。
来週も噛みしめて見ようと思います。

超豪華!!最初で最後の大同窓会!8時だJ

観ました…。1時間半があっという間でした…。
一気に気持ちは20年前に戻りましたよね。気分は中学生でした^^
最初は「Can do!Can go!」でスタート!
伝説の曲って言ってるけど、V6結構今でもコンサートで歌って踊ってますけどね^m^まあまあまあ。
タッキーがセンターで、嵐、関ジャニ∞がいて4TOPS!オープニングで興奮しました。
そして懐かし映像。結構覚えているもんですね。
光ちゃんも当時25歳だから若かったんだなーとか。Jrとジュリエットやってたよねーとか。
既に辞めているJrもちゃんと映してくれていたから懐かしい顔もたくさん観れました。
それぞれの謝罪も面白いのから良いお話までありましたし、改めて20年前の番組を同窓会という形でまた復活できるくらい人が残っているのが凄いなと思いましたよね。
えびちゃんとか、ふぉ〜ゆ〜とか、屋良っちとか、出てなくてまだジャニーズにいる人たくさんいるし。
そして最後のタキツバのステージ。
翼君、最初から潤んでましたよね。
こっちも涙涙ですよ。タキツバ一緒に歌を披露しているのを見るの、久しぶりすぎて。
やっぱり見れて良かった。最後に見れて良かったです。
そしてバックですのとすとととらじゃがそれぞれのオリジナル衣装で踊っていて、ちゃんと継承している感じもしました。
見送りと引継ぎを一緒にやったような感じ。流石タッキーです。
そして最後の掛け声。
ヒロミさんがJrも来い!と言って呼んでくれたのがとてもうれしかったです。
8時だJが1年半しかやっていない番組だと知ってびっくりしましたが、伝説の、そして最高の番組だったと改めて思いました。
本当に楽しかったです。ありがとうございました。

8時だJが20年振りに復活!

ツイッターでこの情報が流れてきてびっくりしました。
20年振りに「8時だJ」が復活するなんて!凄く嬉しかったです。
私のジャニーズ遍歴の1番最初はジャニーズJrだったので(4か月だけだけど)8時だJは毎週見ていたんです。
今の嵐(大野君は出てないけど)や関ジャニ∞、4TOPS、他にもたくさんのJrが出てましたよね。
あの頃のJrは結構顔と名前が一致していました。
楽しみだなー。何をするのかな。昔を振り返るのかな。今を語るのかな。
タッキーが出るなら、すばちゃんは出ないのかな?翼君は…難しいかな…。現在の姿を見れなくても小原君の昔の映像は観ることが出来るかな。色々あって今はいない人たちも←過去の映像だったら出てきてくれるかな。
色々楽しみです。年末、楽しみが増えて嬉しいです。

推しボン!〜あなたに効く!著名人の極上ブックガイド〜

昨日の深夜にBSプレミアムで放送された番組です。
著名人たちの本棚をのぞき見して人生のおすすめの書「推しボン」を見つけ出すという内容でした。
いやー面白かったです!
今回はMCの東出君とゲストの朝井リョウ君、ヤマザキマリさん、服部文祥さんの本棚を拝見したわけですけど、私も本を読むのは好きですがとても偏っているので、本の視野を広げるという意味ではとても参考になりましたし、勉強になりました。
東出君の本棚も個性が強かったですねー。19歳で司馬遼太郎にはまるってホント早いですよ。凄いですね。でもたぶん奥さんもそんな感じですよね。2人の会話は楽しそうだなぁと勝手に妄想してました。
朝井君の本棚は現代っ子という感じでした^^;本棚の中で1番知っていて既読本が多かった気がします。でも、海外文学とか日本の昔の文学とかそう言うのを全然読んでいなかったというのは意外だったかも。宮沢賢治も読んだことが無いというのはびっくりしました。東出君が言うように新世代の人というイメージでしたねー。と言ってもその朝井君も更なる新世代の人たちを意識しているみたいなことを別の番組で言っていましたね。面白い^^
ヤマザキさんの棚も個性的でした。松岡さんが1番食いつきが良かった気がします^m^
漫画も小説も色々ありましたけど、私は特に高野文子さんという方のマンガが気になりました。
服部さんははじめましての方でしたが、何か…凄いですね(ざっくり)本棚も面白かったです。アウトドアと本って静と動で逆な印象ですけど、そういうわけではないんですよね。本の中にもたくさんの世界が広がっていて、人によってその好きな分野ももちろん違っていて、だから私もひとの本棚を見るのって大好きなんです^^
最後に松岡さんと東出君がお話していましたが、松岡さんが「服部さんは本を生魚の様に食べてるね。パリパリと」とおっしゃっていてそれがとても印象的でした。
私は本を読むのが好きだけどただ読むっていう行為だけで終わっていて、それ以上の付加価値を付けてなくてもったいないような気分になりました。本1冊1冊を存分に楽しめるようになりたいなと思いました。
私も本を骨の髄までしゃぶるように読んでいきたいと思いました。
不定期で良いからこれからも続いていってほしい番組です。面白かった!

バイバイ、ブラックバード

WOWOWで放送されていた連ドラ。観ましたー。
連ドラを見続けるのが苦手な私なので全6回でも見られるかなと思いましたが、見れました。先週危なかったんですけど^^;
原作を読んでいましたがもう8年くらい前だったので若干忘れかけていましたけど、やっぱりWOWOWさんはさすがですね。見ていくうちに思い出していきました。
基本的に小説の映像化は嫌いな私ですが、この作品は好きでした。高良君の星野ちゃんも5人の女性たちも良かった。そして繭美がまさかの城田さんでビックリ。でも2m設定だから良かったのかも。またお美しかったし。
原作の感想でも書きましたが、5股というとんでもないことをしていた星野ちゃんですけど、援護するわけではないけどただただ5人の女性を同じように好きでいただけなんだなぁと思いました。損得勘定もなく計算もなくただ5人の女性を愛していた。その真っ直ぐな気持ちが、あんなに頑なで鋼のような心を持った繭美の心をも動かしたのかなと思います。最終回の繭美の言動、明らかに今までと違いましたもんね。
っていうかあんなに流血していて大丈夫なんでしょうか?(そこ?)
とっつーが最終回に登場することは知っていましたが、とっつーが出るために作られたような役でしたね。大好きな伊坂作品に出られて良かったね。
最後の繭美の眼差しが素敵すぎました。
面白かったです。

女子的生活

あさイチに志尊君が出演されたことでこのドラマが放送されるのだと知りました。
原作の坂木司さんの作品が大好きで、この作品も読んでいたのでどういう感じになるんだろうなーと思いましたが、本当に素晴らしい作品でしたねー。
私は基本小説の映像化は嫌な人なのですがこの作品は良かったです。トランスジェンダーやLGBTについて広がって言ったら良いなと思います。
と言いつつも私もあまりわかっていないと思います。意識をしていなくても相手を傷つけているかもしれない。でもそれはどんな人にだってあることで。それでも自分と違う、世間一般の当たり前と違う、からと言って上から目線になったり相手を卑下したりするのは決してしてはいけないし間違っていると思います。「彼らが本気で編むときは」の時もそう。誰よりもトモの事を愛していたリンコの事をカイ君の母親もトモの母親も見下した言い方をしていました。
みきの生き方は本当にかっこよくて憧れます。たくさん傷ついてたくさん悩んで、それで導き出して生きている姿、それが本当に素敵で、だからみんなみきについていくんですよね。最終回に登場したお嬢様もそう。男とか女とか関係なく、みきという人と友達になりたい。お近づきになりたいと思って若干強引ではあるけど^^;買い物に行ったり食事を持って行ったりしていたんですよね。あの婚約者は何も見ていない薄っぺらい人。でも、日本人は昔ながらの固定観念が根強く残っているから、あの人だけが酷いというわけではない。自分が当たり前だと思っている価値観を簡単に人に押し付ける。
みきの言った「そういう生き方が正しいって刷り込まれている」「その方が人として真っ当な生き方だ」という言葉は私の胸にも刺さりました。30歳を過ぎて結婚もしていなくて子供もいない私はきっと「普通ではない」人間。周りは簡単に結婚や出産についてを持ちかける。それをするのが当たり前のように。
でも私も胸に刺さると思うのは、きっと私も心の底でそういう生活が正しいのかもと思っているから。私の心の中はまだぐらぐら揺れている。
みきのように好きなものは好き。好きなものに囲まれて信念をもって生きていきたいと思いました。
原作を読んでいたので知ってはいましたが、後藤は本当に良い奴でした。みきをちゃんと一人の人として見ている。トランスジェンダーとかLGBTとかそう言うこともいい意味で何も気にしていない。私もそういう人間にもなりたいと思いました。
観て良かったです。

おんな城主直虎

「おんな城主直虎」
最終回を迎えましたね。終わっちゃいましたね…。
2017年の大河ドラマが井伊直虎だと知り、直虎が主人公の小説を読んではまったことで大河ドラマを見始めました。でも私は連続ドラマを見続けるのが苦手で^^;最後まで見られるかなぁと不安もあったのですが。毎週楽しみで楽しみで仕方がなかったです。12月に入ってからは早虎も本虎もどちらも見るくらいでした。
本当に、素晴らしいドラマでした。楽しくて幸せでした。
直虎が城主になったばかりの頃は、猪突猛進で言いたいことを何でも言っちゃうからハラハラしながら見てましたけど、それでも目をキラキラさせながら「やってみねばわからぬではないか!!」と口癖のように言っていたこの言葉に、私も励まされてきました。多分これからもこの言葉を励みに生きていくんじゃないかなと思っています。
ストーリーが本当に素晴らしかったです。
井伊直虎という人物の資料が少なかったからこそ色んな伏線を張ることが出来て、またいろんな人物と関わることも出来て、少ないからこそできることを巧みに利用していたのだと思います。
小説を読んだ直後は政次の印象はただただ悪かったです。多分歴史上今まで語り継がれてきた政次像もきっと良いものではなかったと思います。それでも400年以上経った今まさかこんな形で人物像が変わるなんてことがあるなんて。本人も驚いているんじゃないですかね^m^
脚本もキャストも本当に素晴らしくて、イチ視聴者としても本当に幸せな時間でした。
1年間お疲れ様でした!
本当に、ありがとうございました!!

美しい日本に出会う旅

この番組最近まで知らなかったのですが瀬戸君のツイッターを見て知りました^^;
この番組のナレーションは3人。一生君に瀬戸君に井上君。
一生君と瀬戸君は仲のいいお友達だし、一生君と井上君は兄弟だし(直虎より)!これは見ねば!と思い今月から見始めました←
いつもはナレーションだけなのですが13日放送分は一生君が実際に伊勢・熊野を旅していました。ナレーションは瀬戸君。2人が一緒に旅をしているような感じがとても可愛かったです。
一生君の人とのかかわり方が凄く素敵でした。食べ物は本当においしそうに食べるし(本当に凄くおいしいんだろうけど)食べ方は綺麗だし箸の持ち方は綺麗だしそして本当に博識。主に神社を巡っていたのだけどなんか難しい言葉をたくさん言ってました←
案内をしている現地の方もよくご存じで!って嬉しそうで。
何だかうまく言えないんだけど、こういう生き方をしたいなぁと思って見てました。
ナレーションが瀬戸君だって分かっているからか「康ちゃんこれいる?」とか話しかけているのが可愛かったなー。
赤福本店に行って赤福を食べている時「これは日持ちが2日だそうです。僕はこれからも旅をを続けるし、出来立てを食べてほしいのでお土産は買いません!」って宣言していて「そんなぁ〜」って言ってる瀬戸君が凄く可愛かった^^
瀬戸君が何度も「今度は一緒に!」って言っているのも可愛くて。今度は2人での旅を見てみたいです。あ、井上君も!←
伊勢神宮も行ってみたいですが、熊野の3つの神社もとても興味深かったです。行きたいけど一人の力で公共交通機関だけで行くのは難しそうだなぁ。今度ちゃんと調べてみよう。
楽しかったです。これからも見続けていきたいと思います^^
でも、旅行で行きたい場所が増えて大変になっちゃうかなぁ←

ごちそうさん

去年の10月から半年間再放送されていた「ごちそうさん」が今日最終回を迎えました。
本放送の時ちょっと気になっていたのですが見逃してしまっていっかーくらいに思っていたのですが。
源ちゃん役が和田君だと結構経ってから気付いて見なかったことを激しく後悔していたんです^^;
そうして今回再放送されるということでとても楽しみにしてました。
完全に人目当てで見始めましたけど、半年という期間で一人の女性の40年分の生き方を見て、凄くいろんなことを考えさせられました。
め以子は基本的に鈍感で純粋でまっすぐ。どれも全部良くも悪くも。
でもそのお陰で沢山の人が助けられて救われて、だからみんなめ以子の事を助ける。
人と人との助け合いの姿が素敵な物語だったと思います。
食べることは生きること。その当たり前のことを教わった気がします。
出てくる料理が本当においしそうで、食べたい!って思うものがたくさんありました。
そして同時に、一食一食を大切に、そして人に出しても美味しい!って言ってもらえるような料理を作れるようになりたいなぁと思いました。
私、本放送の時なぜか最終回だけ見たんですけど、その時は本当に何にも分かってなかったんだなと思いました^^;
め以子と悠太郎がチョコを分け合って食べているシーンの中にどれだけの葛藤があったのか。今なら分かります。笑顔で二人でチョコレイトを食べている姿に感動しました。
にしても源ちゃんはイケメンすぎましたね←
そして泰ちゃんもかっこよかったなー。
もうみんな大好きでした。
スピンオフのドラマも再放送してほしいです。
半年間ありがとうございました!

おんな城主直虎

毎週見てます。
本当は第1回目の時に記事を書こうと思っていたのですが、私、ドラマをずっと見続けるのが苦手なので多少見てからにしようと考えなおしました。毎週欠かさず見てます。はい。
V6が誰も出ていないドラマを見るのは久しぶりです。考えたら「ゲゲゲの女房」以来かも。
いやー面白いです。人間模様が面白いですね。
2017年の大河の主役は井伊直虎だと知った時に小説「剣と紅」を読んでめちゃくちゃ面白くて絶対に見ようと思っていたんです。そしたら後々決まるキャスティングも素晴らしくてもうこれは見なければ!でも見続けられるかな!と思いつつ楽しみにしていました。
1か月子役が出演していましたが3人とも素晴らしかったですね〜!
もう何度泣かされたことか!また3人とも大人の役の3人に面影があるような感じで良かったです。
今回見ていて、3人の関係はもう完全に変わってしまったなと感じましたね。
まず亀のあざとさにもう見るたびに嫌いになっていく自分がいて^^;
おとわは自分の頼みは聞いてくれると思ってお願いしに来るし、鶴にはおとわをちらつかせれば動いてくれると思ってそういうこと言うし!最後に鶴が「お前のそういうところが好かん」って言った時よく言った!って思いましたよー。
それにしても。今回は鶴…っていうか一生君の表情が素晴らしすぎて鳥肌が立ちました。ふと見せる表情がお父さんにとても似ていて驚きます。似せているのだろうと思いますけどでもそう思ってもなかなかできることではないですよね。
今日は鶴のいろんな表情が見える私得な回でした!←
隠し里がばれて亀が鶴に罪を丸投げした時の表情とか!!傷ついた表情、開き直った表情、その変化が素晴らしかったです。
亀がしたことに対してイラァ!としていたけど、最後のおとわの読経に私も癒されました。
来週も何だか亀が嫌いになる予感がしますね←
3人の人間模様が気になります。

ボクらの時代

今日のゲストは風間君とヤマシゲさんと池鉄さん。
濃いメンバーでしたね^^
面白かったです。
ヤマシゲさんと風間君の共演したごきげんよう見ました^^
凄く覚えてます。
ジミメントリオの回に出てきた風間君。あと濱田岳君と3人だったんですよねー。
多分あの回ブルーレイのどこかにとっておいている気がします。面白かったし3人とも可愛かったから。
そのあと共演はないけど仲良しさんのようで何だかうれしいです。
ヤマシゲさんが最初に言った亀ちゃんに上から目線な風間君にびっくりしたっていうのはあれですよね、まーとヒロシが中居君にすんごいフレンドリーに喋ってたら周りのスタッフさんたちに何だコイツみたいな目で見られるのと同じ感じですよね^m^
亀ちゃんなんて年下だし普通に後輩ですよね。
同世代のジャニーズなら任せて!←
ヤマシゲさんを1番最初に知ったのは「Drコトー診療所」だったなー。
まさかあさイチであんなに見るようになるとは。
風間君の高校受験の後の話は前も言っていましたよね。
そのあとの10年の話も。
風間君は苦労の先に見つけたものがあったんだなぁと思って何だか感動しました。
それはきっと斗真君や屋良君も同じだと思うけど…。
3人のお話凄く面白かったです。もっともっと聞きたかったなー。
「なめてらっしゃいますね〜私の事を〜どうぞどうぞなめてください〜」って言った池鉄さんの言葉、怖いけど苦手な人がいたらそう思って勝手に優越感持ってたらいいのかなーと思ってちょっと勉強になりました^m^

2年ぶりの徹子の部屋

12時に入る徹子の部屋を初めて見ました。
TSUKEMENが2度目の登場!
前に出たの、2年前なんですねぇ。もうそんな経ちますか。
SUGURU君の髪型がまた変わっていましたねぇ。徹子さんも興味津々でした。
TAIRIKU君に対して前はお父さんにそんなに似てなかったけどすんごい似てきたねと言っていた。そ、そう?^^;前から似てると思うけど・・・
前回はチャルダーシュを披露していましたが今回はTake five for EliseとAKATSUKI!
ホント素晴らしい演奏でした。徹子さんの表情が少女のようで^^
良いなぁ。あんな近くで演奏を聴けて。
トーク内容は3人の出会いやユニット名の由来などで聞いたことがある話ばかりでしたけども、でもまさかのさだまさしからの手紙が!感動的じゃないだろうなと思ったら本当に感動的じゃなくて^^;3匹のおバカって言ってみたりとかオヤジギャグとか。さすがさだだな。
でもウィーンでの演奏した映像を見たのが初めてだったので見れて嬉しかったです。
スペインで手拍子されてるし、AKATSUKIも大絶賛されてるし!
何だかこちらまで凄く嬉しかったです。
アルバムも買います!まだ買ってなくてすみません^^;

同世代トーク

ちょっと遅くなりましたが少年倶楽部プレミアムの話。
ゲストは風間君と屋良君。ゲストだと知った時から楽しみにしてました。
2人は83年生まれでKAT-TUNと同世代。
ちなみにいらない情報ですけど、私84年生まれなので思いっきり彼らと同世代なのです^^;
そしてJrの黄金期の1998年あたりは私もとあるJrが好きだったので知っている時代でして。もう今回は見ていて本当に面白かったです。
屋良君って私も以前は自分よりもちょっと上だと思ってました。改めて年近いんだなと思ったのはイノシシ7?8?の時にまー達と共に袴を着ていた時ですかね。学年は2つ違うけど干支が1つしか変わらない!と思いまして^^
12歳から事務所に所属してたんですね。もう当時なんて目は面影ありますけどそれ以外はもう原型とどめてないですよね^m^;私の最初の屋良っちのイメージはだぼだぼした服を着てて金髪のロン毛ってイメージでしたもん。でもダンスは素晴らしくてなんとなく剛君に似てるなーなんて思ってました。
1番最初に見たのはゴールドコーストマラソンを走った時かなぁ。
運動神経がいい人が走らされたという・・・。
すんごい姿を見てたのは夜もヒッパレでMAでレギュラーで出てたときです。あの時は毎週見てたし何曲かは古いDVDの中に眠ってます^^あ、あとおふくろシリーズも見たなぁ。懐かしい〜!
今回のトークは本当に面白かったです。
屋良っちの帰れ事件^m^あれですね、振付師に帰れ!って言われて帰ったのはまーだけじゃなかったんですね^^状況は違いますけど、世代世代に同じような人がいるんですね^m^
でも、屋良君辞めないでくれてよかったです。本当によかった…。
風間君も何度か岐路に立たされていたことを知って驚きました。高校受験の時の話は知ってましたけど、28歳の時の話は知らなかったです。
2人とも同じような時期に悩みがあったり転機があったりしたんですね。人に歴史ありですね。
2人はCDデビューはしていないですけど、別々の道を、自分の世界をちゃんと作っていて、すごいなぁと思います。
屋良君の舞台は本当に見たくて。道化の瞳はホントにホントに観たかった〜〜!!
地方人って辛い!←
でもSHOCKで屋良君の演技を歌をダンスを間近に見ることができて本当によかったなと思いました。今回は完全保存版です^^
平家派の昔話も面白いけど、自分と同世代の昔話も面白かったです!

少年倶楽部15周年

少年倶楽部はほとんど見たことがなかったんですけど、野澤君が気になりだしてからは見てます^^;2月…3月?くらいから。
で、今年15周年ということで先日も特集だったんですけども。
最初はキンキのanniversaryで冒頭のんさなが喋った!って嬉しくなりました。ごめん、ジェシー君をあまり知らなくて…そして見返したら2人はあんまりしゃべってなかった。あれ?
まあ、それも良かったんですけどそれよりも皆さん大集合した後の話ですよ。
司会の河合君かな?が「少年倶楽部が始まった最初から出てる人!」って言ったらA.B.C-zの橋本君以外の4人だけが手を挙げてたんですよ…もう涙が出そうでした←
長いね…苦労したね…
ってそこでもうわーとなったんですけど、15年前の写真を出したりしてる時があったんですけどね、五関君がもう完全にJrなわけで私もその頃見てるんですよ。
もう周りの五関君に対する扱いが、平家派もしくはV6のヒロシポジションで既視感を感じまくっておりました。大先輩だね!とか言われてるし^^;
五関君、私と1個しか年変わらないんですよ…
だから私がジャニヲタになりかけた98年にはすでにいたんですから、私リアルタイム知ってますから!
…ってんで凄く興奮しておりました^^;塚田君ととっつーも覚えてます。塚田君は当時ガチャピンに似てるって言われてましたが、今もかな。河合君はJrじゃなくてV6に行く直前くらいにちらっと見たかなぁ…という感じで…
でその後えびちゃんがバンドみたいな歌を歌っている後ろでのんさながギターかベース弾いてたんでギャーとなり←
でも踊ってる姿も見たいなーということで代々木に行きたいんですけど、どなたか15日の代々木のチケット1枚余っていませんか←
来週もこの特集が続くそうなので楽しみです。
でも相変わらずほかのJrの方々はなかなか覚えられません^^;記憶力が劣化してます・・・

まさかの1位

ずっと見てました。
オールスター感謝祭2014。昔よりもクイズ自体が少なくなってきて個人的にはちょっとつまんないなと←思ってるんですけど。と言いつつ見てるんですけど。
いやー今日はずっと見てましたよー。
以前からブログで何回か言ってるんですけどD-BOYSの和田君が好きなのでブログで出ると書かれていたのできっとマラソン走るだろうなと思って見てたんですよ。あ、ごちそうさんの源ちゃん役だった和田君ですよ。
以前もこの番組でマラソンに出て箱根駅伝経験者って散々紹介されたけどその時はあまり活躍しなくて全然テレビに映らなくて残念だなと思っていたんですが、ここ数年?でまたちゃんと走るようになったと言っていたので今回は記録が良いんじゃないかなぁと思っていたんです。思ったよりハンデが少なかったし。
それにゲストランナーもワイナイナさんに加えカロキ選手もいたし!もう23歳なんですね。全国高校駅伝で世羅高校時代に走っていた姿で最初に知ったのでもうそんなに経つのかと衝撃だったのですが。
やっぱり凄い走りでした。
でも、結構早い段階で和田君がトップだったんですよねー。3週目終わった時点でトップで、きっと抜かされるだろうなぁと思ってはいて、結果抜かされましたけど結構くらいついていましたし。なぜか解説でいた←瀬古さんも「カロキのライバルはこの和田君だと思うんですよね」と言っていましたし、応援していました。後ろからワイナイナさんや猫ひろしが近づいている中逃げ切って準優勝で!凄く嬉しかったです。おめでとうございます!
以前ごきげんようで世界陸上に出るのが夢だったとおっしゃっていたんですけど、表彰台に上がって黒人選手の間に挟まれているのを見て何だか感動して^^;見てしまっていました。夢はかなっていないけど構図が何だかそんな感じで。
でも!!和田君がゴールした瞬間を映してくれなかったんですよ!あれはひどい><
ゴールした瞬間を見たかったです。それだけが残念。
その準優勝だけでも凄く嬉しかったのに笑顔で「おはよう」とか言っちゃったりして可愛いわーと思ったり。
(源ちゃん効果は民放では通じなかったのでしょうか^^;私悠さんvs源ちゃんの接戦を期待してたんですけど…)
そして極めつけは、順位!
マラソンとかそういう競技で良い順位だと結構上位だったりするのでどこらへんかなーと思っていたのですよ。でずーっと見ても出てこないじゃないですか。6位まで出た時点で見逃したかなぁと思っていたら、呼ばれていない人で手を上げていてやっぱりベスト5に入ってるんだ!と思って嬉しくなったんですよ。
そしたら、まさか…まさか…
優勝!!
おめでとうございます〜〜!!!
凄いね!何だか凄く嬉しくて思わずブログに書いてしまいました^^;
最後の笑顔も凄く素敵でした^^
ルーズヴェルト・ゲーム…み…れるかわからないけど見れたら良いなっ←
和田君のブログ更新が楽しみ^^
録画すればよかったなぁ。

…そういえば以前「学校へ行こう」と「PU-PU-PU」でカミセンが出たことあったよねーとちらっと思いました。ちらっとね(遠い目)

スタパ

もうブログでも何度も言ってますけど言っていいすか…
ごちそうさん見れば良かったぁ〜〜〜!!
ホント和田君が出るって分かってれば見たよー。よー。よー…
和田君を最初に知ったのはいつか覚えていないんですけど俳優としてテレビに出られるようになって割と早目だった気がします。でもいつだったかなぁ。覚えていないんですが。で、以前箱根駅伝に出ていた選手だったってその時に知ってなぬ?!と思って一気に気になったという←ゲンキンな奴です。
でも顔もかっこよくて好きーな感じだったのでずっと気になっていたんですよ。でも、出演作を見たことがなくて。なぜかごきげんように出ていたのは2回見たけど^^;おしゃべりが凄く面白くて尚更好きになりました^^
それでも出演作は知らなくて…。
ごちそうさんも時代が昔見ていた「あぐり」と同じくらいだったから気にはなっていたんですよ。杏ちゃん好きだし…でも結局観れなくて…見ないでいて…。
有働さんとイノッチが西門か源ちゃんかってことを喋っていて源ちゃんっていう恋敵がいるのねほうほう。って思っていたら!
和田君じゃんか〜!!って知ったときの衝撃と言ったらもう。
ショックでショックでたまりませんでしたよ…
ということで今でも見れば良かったといじいじうじうじしてるんですけど^^;
国会中継で伸びていた放送。今日放送されてました〜^^
いやーかっこいいですー。
今日はなんとなくいつもより大人っぽく(老けて?^m^)見えましたー。でもかっこよかったですー。
源ちゃんのシーンはどれもかっこよかったですねー。
時代と国が違いますけど、本当に白馬の王子様のよう。
源ちゃんってこんなにかっこよかったのか。そりゃみんな夢中になりますよ。
ごちそうさんの再放送が決まったら誰か教えてください(人任せかよ!)
ということで私が注目して見たのは箱根駅伝の場面。2002年と言ったら私高2?くらいか。
メレンゲのきもちでもあの映像出てきていたけど、見た目チャライよね^m^
申し訳ないけどリアルタイムでは覚えていないです。ごめんなさい。
でも復路のエース区間の9区を走っているなんて凄い!しかも順位を上げてたんですね!
見た目チャライけどこの時代って多分徳本さんの風貌に憧れてなのか真似してなのか流行ってたのかいましたよね。茶髪もしくは金髪にグラサンで走る箱根駅伝の選手。和田君以外にもたくさんいたと思うよ多分。覚えてないけど←
和田君って「風が強く吹いている」の舞台版に出たんですよね。走役で。見たかったなー。
あぁ〜…今更後悔したってしょうがないけど観たかったな。
今日のスタパも凄く凄く面白かったです。
喋りが本当に面白くて、俳優に対する想いや陸上に懸ける想いに胸が熱くなりました。
これから出演作見ます。応援します。

本人たちが出ていないけど色々出没

V6が出てるんじゃないけど。いや、出てるんだけど…みたいな番組がここ一週間多かったのでまとめてみた。(時系列はバラバラです)
「堂本兄弟」FNSのバナナの謎について発端は2000年に川端アナが健君にバナナを渡したのがきっかけと説明される。
「徹子の部屋」翼君がゲストで成人の日が放送日だったため翼君の20歳の頃の写真が登場し立会人だったまーがちらっと写る。
「ケータイ大喜利」ゲストが南沢さんだったため軍師官兵衛2話の予告が流れる。オカダがいかにすごいかを3人が語らう。今田「まさにハンサムやねっ!あの顔だったらどないしたらええねやろ」ジュニア「起きてあの顔だったら笑ろてまうやろね」板尾「あの時代は娯楽がないからこの顔やったらモテたやろねー」みたいな会話がなされていた。南沢さんいわく本当に欠点が見当たらないらしい。そのあと今田さんが「俺岡田君がちっちゃいころしかしらんねん」(マジカル頭脳パワーの頃ですね)「格闘技の師範も持ってて凄いなぁ」って会ってないわりに詳しかったのが嬉しかったです。
「この顔が凄い(←番組名曖昧)」前半ラキガ映像が流れる(割とどうでもいい←)今日運動神経が凄いジャニーズということでV6が紹介され、アニバコンとレディコン映像が流れる。あのアクロバットと台宙って伝説なんですか?私はV6しか見たことないのであれが普通だと思っててすみません。

V6って凄いね!凄いよね〜!!かっこいいよね〜〜!!知ってるけどっ!←
…他にもちょいちょい聞きましたが私が把握しているのはこのくらい。
出てくれてうれしいけど本人たちもそろそろ見たいです。

あと先輩ROCK YOUに風間君が出ていたのを見ました。
腹黒い風間君^^見ていて面白かったです。
特に好きだったのは風間君と加藤さんと大東君の旅についての討論。大東君がやたら噛みついていて面白かったです。

出るなら出るって言ってよねー

ぐるナイゴチになります。
今日はクビが決定するので見てましたよ。最初から見てました。
放送の中で、応援メッセージが届いているというお話から太一君への応援メッセージがVTRとな。
そう聞いた時点で嫌な予感がしてたんですよね。
最初長瀬君とかリーダーかなぁとか、太一君の席を狙っている関ジャニのだれかかなーとか思ってたんですけど、頭の片隅にあったんですよ。まさかイノッチじゃないよね…という。
そうしたら、悪い(のか?)予感が当たりました。だってBGMがぴーぽーだったんだもの。しかも結構しゃべってましたね。もうびっくりしすぎて内容覚えてないよ。
かっこ悪いほうの上のほうっていうのと手書き看板じゃなくなったってことしか覚えてない…
もうさー…ただでさえV6はオカダ以外は年末年始露出少ないんだからさー。別に視聴者に秘密にしなくたっていいじゃないか。あの場の太一君だけ知らなければいいじゃないか。見てない人はガッカリですよ。私は見れたけど録画してないからびっくりしすぎて覚えてなくてがっかりですよ。
ふぅ…
まあ、ゴチも楽しみにして見てましたよ。
5人の写真がめちゃくちゃいい写真でそれ見たらちょっとうるっとしました。
で、江角さんが自分の番になったら泣いてて私もバードとともにもらい泣きしてしまいました。
ホントにいいメンバーだったんだなーと思って。
ビリはゲストの大地さん。予想してましたよ。だって1品だけで18000円だもん^^;
クビも予想通り^^;
個人的に江角さんも上川さんももちろん太一君も好きなのでみんな残ってくれて嬉しいです。
上川さんのあの堅い感じが凄く好きなので^^
来週は5時間スペシャル…なが。
来年もV6がたくさん出てくれたら良いなー。

本特集のテレビたち

「宮崎美子のすずらん本屋堂」
以前宮崎さんがトーク番組で司会をやることになってから本をたくさん読むようになったとおっしゃっていて、それはきっと本に関する番組だろうと思って調べたらこの番組でした。
BS11で放送されています。1時間近くひたすら本のみの番組。私にはたまりません。作家さんも一人ゲストで登場します。人によっては見なくていいかと思う時もあるんですけど^^;米沢穂信さんとか山崎ナオコーラさんとかわたし好みの人もたくさん出演されているので楽しいんです。
更に本の評論家がおすすめの本を紹介したり、新刊を案内したり。本好きにはたまらない番組だと思います。
ということで昨日も見たのですが昨日のゲストはさだまさしさん。
つい2日前に息子さんに会いに行きましたよ。1週間で続きますね。
最新刊「風に立つライオン」のお話。
同名の曲ができたあらましは母から聞いていたのですが、簡単に言うとその小説版ですね。それに東日本大震災のことも書かれていて、この本読む予定がなかったんですけど、すごく気になってきました。
「風に立つライオン」も良い曲だけど、私はほかの曲のほうが好きなんですけどね…「檸檬」とか「無縁坂」のほうが好き。
トークも面白かったです。もっと話を聞きたかったなぁ。
いつもさださんがでると借金の話をして詳しく聞こうとするから耳たこだったけど今回はそれがなかったのがなおよしでした。
宮崎さんがその小説を読み込まれているから、独自の解釈がすごく面白いんですよね。
どこだか忘れたんですけど、さださんも「そう考えたことはなかったな」と驚かれていたりとかして。
面白かったです。

そして「王様のブランチ」
今日の本の特集は万城目学さんの「とっぴんぱらりの風太郎」
また不思議なタイトルですよねー。
それよりもマキメ君(私はこう呼んでいる)もう37歳なんですねー。ずーっと30歳前後なイメージでしたけど。そして見る度におでこが広くなっているのも心配です(余計なお世話)そういえば宇治原君と京大時代かぶってるんですもんね。宇治原君はマキメ君のことを知らなかったらしいですけど、マキメ君は宇治原君のこと知ってたらしいですよ。2人でトークしてるのも見てみたいな。
話がそれましたが今回は初の時代小説。
舞台は大阪城。マキメ君は大阪城に想いれがあるんですね。「プリンセス・トヨトミ」も大阪城が大活躍でしたし。
主人公は忍者ですか。
そして本が分厚い!びっくりしました。
ユイカちゃんが「長くてありがとう」と言っていたのでそう思って早く読みたいです。
図書館に予約したら6番目だったのでうまくいけば3,4か月後くらいですかね。買わなくてごめんなさい^^;
ユイカちゃんが目をキラキラさせながらこの小説について語っていたのが凄く印象的でした。
読んだ皆さんが推していた「ならば、風太郎もいつか誰かを救えばよい」というセリフがどこでどうやって出てくるのか、楽しみにしていたいと思います。

80年後のkenji 〜宮沢賢治 映像童話集〜

以前にも同じタイトルで記事を書きました。
その時は前後編の後編しか見ていなかったのですが、先日完全版が再放送されて、ようやく全貌を見ることができました。
見てよかったです。
賢治の世界が広がっていました。
始め、ジョバンニとカムパネルラが人間で違和感を感じたんですけど、でもよく考えたらあの猫のほうが変わっているほうなんですよね。
ストーリーは賢治の書いた原作とは異なり「銀河鉄道の夜」の舞台の1年後という設定です。
カムパネルラのお父さんから連絡を受け、ジョバンニがカムパネルラが亡くなる直前に何をしていたのかを語るというお話です。
私、ジョバンニがいじめられているところで既に号泣してました^^;
ああいうシーンは怖くて苦手です。この作品のいじめはそんなに大層なものじゃないんですけど。精神的にドキドキするのはホント苦手。
ジョバンニの境遇に同情していたのかもしれません。
銀河鉄道で旅をしている間の外の景色がとても綺麗でした。
幻想的で、賢治の原作を大事にしているんだなと思いました。
2人で楽しそうに旅をしているシーンはほほえましかったのですが、それ以外の部分では胸を締め付けられることが多かったです。
生きることとは何か。幸せとは何か。
カムパネルラが言っていました。
「自分が1番やりたいと思っていたことを行うことが、自分にとっての幸せ」なのだと。
カムパネルラにとってはそれが生死にかかわることだったのだけど、それは誰にでもあてはまることで、私もそう思って良いのかななんて、考えたりして。
2人の別れのシーンも、カムパネルラのお父さんとジョバンニの会話も感動して1度見たはずなのに涙が止まりませんでした。何かでスイッチが入ったみたいです。
お父さんがジョバンニに言った「生きてください!」っていうのが、良かったなぁ…
ほんとうの幸いって何だろう。
私も死ぬ前に見つけることができるだろうか。

そういえば話は変わりますが、太賀君ってあまちゃんに出てたんですね。AD小池君?
イノッチがあまうけで何度か名前出してましたけど、かつてハニビのPVに出ていた子だって知っているのかな。イノッチならきっと気付いているよね。
私ああいう昭和な感じの顔、好きです。綺麗すぎない綺麗な顔(褒めてます)

題名のない音楽会

1か月前から楽しみにしていました。
ゲストは佐渡裕さんのお友達のさだまさしさん!と、TSUKEMEN!
地上波では初の親子共演です。
録画して完全保存版にしようと思っていたのに録画するのは忘れてしまった…うぅ。
でもちゃんと見ましたよー。
まっさんが登場してからTSUKEMENが紹介されて登場。
まっさんが「息子よ」って握手をしたのですがその相手がTAIRIKU君じゃなくてKENTA君。そうそう、よくKENTA君が息子だって間違えられるんですよね〜^^;良く見るとTAIRIKU君とまっさんって目がそっくりなのに^m^
これから更に売れていく為にまっさんからTSUKEMENへ指令を与えます。
名付けて!「MASSAN:in POSSIBLE!」
ということで面白おかしく指令をクリアしていくTSUKEMEN。
北の国からをまっさんを差し置いて美しいヴァイオリンとピアノの音色で奏でられているのには感動しました。まっさんが歌おうとすると邪魔をするという^^;
ヴァイオリンが落ち着いたと思ったらSUGURU君が激しいピアノの演奏をするという^^
ネタもありますけど音色が本当に美しくて。素敵でした。
今回は指令ありきだったのでTSUKEMEN自身の曲の演奏がなかったのがちょっと残念でしたが。
TSUKEMENが紹介されたときに流れた「BASARA」という曲が私は大好きなんですよねー。
今回TSUKEMENを知った方が、アルバム等を買っていろんなジャンルの曲を演奏されているんだっていうことを知ってほしいなと思います。
最後に宣伝されていましたが、同日にさださんとTSUKEMENがアルバムを発売します。
さださんはファンが選んだ曲が詰まったベストアルバム。私も好きな曲がたくさん入っていて嬉しいです。小さい頃から聞いていた「パンプキンパイとシナモンティー」が入っているのが嬉しい。さださんにしては珍しく←明るくて可愛い曲です。
TSUKEMENは第4弾のアルバムです。いろんなジャンルが入ってるんですよ、オリジナルから映画音楽にクラシックにアニメに(笑)
どちらも6月26日に発売されますのでどうぞ!(私はまわしものではありません^^;)
私はどちらも密林にて購入済み。来るのはきっと27日以降。
TSUKEMENはこのアルバムを引っ提げての全国ツアーがあるのですが、私が行くのは初日で27日なんです^^;なので実際に聞いてからアルバムを聞くと思います。
コンサートに行くのは3回目なんですけど、絶対に休憩後の最初の曲がFFシリーズのメドレーで今回もそうなのかなと微妙にゲーマーな私はそれも楽しみにしています。
席が結構前の方なのでそれにも期待です。

着信御礼!ケータイ大喜利 全国ツアー in 北海道 放送日

放送されました〜。着信御礼!ケータイ大喜利 全国ツアー in 北海道!
しょうがないけど結構カットされていましたねー。
私も細かくは覚えていないけど結構カットされている気がする。
たった1週間前だから席に座っていた時の事を思い出します。
この間いわなかったことをさらっと。
ゲストが登場した時に出身地についてを一人一人言っていたんですけどもね。
特に吉村が「僕は札幌市の八軒というところで…」と細かく解説。「開拓した時に家が八軒しかなかったことから名づけられて…」と由来まで説明しておりました。
そしてケータイ大喜利スタート!
始めのお題は「観客が「はあ?」アンコールで登場したアイドルグループのひと言とは?」というお題でした。
このお題で1番最初に読まれた方の隣に実は座っておりまして…^^;しっかり体一部分が映っておりました。顔が映ったらイヤ〜!と思ったので微妙に逆側に体をずらしたりして・・・なので顔は映っていませんでした。ほっ。
でも、その後にもう1度その方が振られて、本当に一瞬汚い横顔が映っておりました。でもあんまり判別できない顔だったと思うので良かったです。地味に私の首の真ん中には皺があったのか…なんてそこで知ってショックを受けたりして^^;
映っていなかったですけど、お客さんが「アンコール」って言う前に吉村が手を挙げて指示してます。
次のお題は「ウソつけっ!北海道あるあるとは?」
でした。1番面白かったのはやっぱり「一家に1枚大泉洋のサインがある」かな。洋ちゃんネタは鉄板ですね。しかも会場でサインを持っている人が結構いたのも面白かった。私は持ってないけど。更にこの投稿者の「ぐどんのすけ」さんが会場にいる!っていう事になって盛り上がったんですよね。でも「人違いでした〜」ってことで結局いなかったんだけど。だから尚更盛り上がったんですよね。
そしておにへいさんですよ。「真冬の朝にコンビニで新聞を買うと「温めますか?」と聞かれる」っていう答えも面白かったんですけど、何よりも親子漫才が面白かった^^息子君がやたらテレビ慣れしてましたねぇ。
「え、コレ収録してるんですか?」とかアンテナ3本とったよ!っていったら「僕なら5本取ってます」とか。面白かったなー。
マッキーさんのも面白かったけど北海道の人がいなかったから割愛します←
でも、時間の都合上しょうがないのかもしれないですけど、結構読まれた人のが放送でカットされてましたねー。北海道あるあるで佐藤ろまんさんっていう方が読まれたのですが菊地さんが「この人!アイドリングに必ず来てくれる人です!」って言って盛り上がったんですよ。SDNのコンサートでもいた!とか被り物被ってくるとか^^;言っていましたけど。
そんな感じですかね…
あ、ここでは紹介されなかったのですが会場が1番盛り上がった投稿がありました。
北海道あるあるで、ジュニアさんが「これ、俺は意味が分からなかったから言わなかったんですけど、北海道の人にとってはあるあるなんかなぁ?」ということで言った投稿がこちら。
「ミスターと言えば、鈴井貴之」
これ、多分1番会場が盛り上がったと思いますよ^^;
でも、MC3人はきょとん。「え、誰?誰?」と聞いて、スタッフが「水曜どうでしょうの洋ちゃんの隣にいる人」って言ったらしくて^^;
「あ〜!水曜どうでしょうで隣にいた人ね!」っていう認識になっちゃったようです。
まあ間違いじゃないんですけども…洋ちゃん達NACSの所属している事務所の社長なんですよ…まぁ、知らないか。
放送も観ちゃったし、これで落ち着いたかな。またぜひぜひ、札幌に来てくださいね。
今度はもうちょっと暖かいときに^^楽しかったです。

カツシゲさん!

A-Studioのゲストは風間君。
風間君大好きなので楽しみにしてました。鶴瓶さんは凄いですね〜あの情報網。どこから仕入れるんでしょうか。
風間君は本当に良い役者になりましたよね。って私が言うのは凄く微妙ですけど。実はあまり風間君の演技見たことないし^^;健次郎はちらりと見てましたけど。
風間君に内緒で登場したお友だちでカツシゲさんが登場してました。
「カツシゲさん!?」ってびっくり。なんでなんで?と思ったら9年も前に共演していたんですねー。健君との出会いよりもっともっと前からだったのか。
鶴瓶さんが「福島や、福島」っていうからまさかと思ったらそのまさかで。カツシゲさんをテレビで見れたのが凄く嬉しかったです。
吉俣さんとカツシゲさんのコンビがまんま「イシノマキにいた時間」のお二人だったので、去年の舞台も思い出してほろりとしました。
カツシゲさん、明日か明後日かV6のコンサートに行くのかなぁ。例の事件があってからブログに健君のことを書かなくなって寂しい。
そうかー風間君は腹黒いのか。そうかそうか←
風間君の地元は亀戸なんですね。まーと被っている場所がたくさんあるのかもね。
「ペダルダンス」も気になります。
「好きだ、」を撮った監督ですよね。

V6のマネージャー

今日のはなまるカフェのゲストが松岡君。
テレビ欄にジャニーズについて語るみたいな事が書かれていたのであんまり期待しないで録画しました。でも松岡君のトークは面白いし録画して良かったです。
イノッチあたりをチラッと言ってくれるかなと思ったらそれどころじゃなかった。
「松岡君が選ぶ○○なジャニーズは?」という企画で(どこかで聞いた事があるような…)
「ジャニーズの中でプロフェッショナルな人は?」というので、何となく予想はしていたけど、紙をめくったら「坂本昌行」の文字が!
「坂本先輩は本当に凄い」と滔々と語ってくださいましたよ。松岡君曰く「坂本先輩は特別ですね」なんだろう。凄いリスペクト。嬉しい!
次が「ジャニーズの中でカッコイイと思う人は?」というもの。
嵐あたりかなーもうV6は出ないだろうなーと少し早送りしたら←
なんと「森田剛」という文字が!
「剛はかっこいい。初めて見た時から凄い奴が入ってきたと思いましたもん。踊りも凄いですし」って褒めてくれてました。「自分の2個下だから35とかになるのかな」って言うのにまだ先だよって思いましたけど。
今は大人の色気があるそうですよ^^
ここまで喋って「俺V6のマネージャーみたいですね」「トカゲの宣伝に来てるのにどうしてV6の話ばっかり」って冷静になった模様。でも、嬉しかったです。本当に嬉しい!
ありがとうございました^^
タイトルを見ると「プロジェクトV6」を想像してしまう…懐かしい。

いつか誰かが見ていてくれる

少年倶楽部プレミアム観ました。
2年前に出演しているのに初出演だと思われていた風間君。
まーと一緒に出ていたのにね。でもごめん…私も忘れてた^^;
年末に名誉ある賞を受賞されて、まさかの盾まで用意されていて。良かったねー風間君←
でも風間君も凄く喜んでいたようでこちらも嬉しかったですよ。
大事にしてね。平家派賞^^そして2連覇も目指してね。
私が風間君を初めて見たのは「Boys be…Jr」(懐かしい!)で大坂君が主演だったときに友人役で出ていたんです。私服の高校の設定だったのだけど大坂君がJrにしては大きくて風間君がJrにしては小さめ?だったからか「どうして同級生が小学生なの?歳の差ありすぎでしょ」って思っちゃってました^^;本当にすみません。私服だから尚更そう見えちゃってね。そしたらまさかの1つ違いで当時中3だったという…。多分どこかのDVDに入ってます。
「8時だJ」でも見るようになって定着した感じかな。風間君が大学生になった報告をしたのも覚えてます。でも、高校受験で半年休んでいたんですね。それは知りませんでした。芸能界ってシビアなんですねー。
同期のバックについていても腐ることなく頑張っていて「いつか誰かが見ていてくれる」と思っていたという言葉がずしっときました。
それは私の大好きな人たちにも言えることだなと思って…。
認められていないとは言わないけど、ここ数年はモヤモヤすることが続いているから。
音楽業界では高い評価を得てるって言ってたけど、それは私たちも分かっているけど、でも何だか周りに広げる努力を事務所をしてくれてないような…なんて、私が言ってもしょうがないのだけど、同等に対応してほしいなぁと思って。
努力して同じように認められたら良いなと改めて思ったりしてしんみりしました。
風間君のトーク、素敵でした。ますます好きになっちゃいました。
まーと共演した時も、ヒロシと共演した時も観に行かなかったから、次共演が決まったら今度こそ観に行きたいな。

80年後のkenji 〜宮沢賢治 映像童話集〜

NHKで2月下旬から3月上旬までBSプレミアムで放送されていたものです。
偶然BSで発見して「銀河鉄道の夜」の後編だけ録画して、つい先ほど観ました^^;
中途半端ですみません。
2013年は宮沢賢治没後80年なんですよね。
私は多くは読んでいませんが宮沢賢治という作家にとても興味を持ってました。
きっかけは小学校5年生の時に「雪渡り」を習ったこと。
偶然ですが、ちょうど習っていた年が賢治生誕100年で、本屋さんでも特集されていたりしていたんです。小学生には難しくて、文庫本をせがんで買ってもらいましたが、未だにちゃんと読めていません。
大学のときには宮沢賢治を取り上げた授業もあって、違う学科なのに受けていたりもしてました。
ずっと賢治ゆかりの地巡りをしたくて、4年前には岩手県にも行ったり。一人で←
前置きが長くなりましたが「銀河鉄道の夜」です。後編だけですけど。
今回は俳優の太賀さんがジョバンニ役を、染谷さんがカムパネルラ役を演じられていました。
「銀河鉄道の夜」は登場人物が人なのに、私はますむらひろしさんの映画の印象が強すぎて、猫じゃないことに始め違和感を感じましたが。
CGが使われていて、終始綺麗な映像が広がっていました。賢治の世界が実現しているかのような雰囲気で、素敵でした。
後編たった30分なんですけど、面白かったです。
原作と異なり、ジョバンニがある男性にカムパネルラとの旅についてを語っていて、私はその男性が誰なのか、前編を見ていなかったので始めは分かりませんでしたが、分かったとき、後編しか見ていないのに感動しました。
NHKだから、再放送してくれないかなぁ。賢治好きにはたまらない作品でした。
余談ですが主役のジョバンニ役を演じた太賀さんは「HONEY BEAT」のPVに出演していました。あの時中3でしたよね。もう二十歳なんだなぁ。面影があるようなないような。大人になってました。俳優の中野英雄さんの息子さんだそうで。そういえば中野さんともV6は共演してましたよね。「V6の素」ですんごいくだらない謎解きだったけど^^;

桜と言えば国分さん

しゃべくり太一君。とりあえず私より年上のジャニーズの方がゲストで出るとみます。色々期待を込めて。
冒頭可哀相だったな。確実に別な人を言ってるなと思ったもの。
でも、太一君だからああいうフリでも良いんですよね。
太一君が日頃ダンスをしないけど年末に踊ったと言う話をしてくれて、なんとNHKの映像が小さく流れたのに感動。
しかもちゃんとトニセンの写真も出ていたしね。
平家派というグループ名も出て嬉しい限り。7人みなさんが結構知っていたのに驚き。当時は結構有名だったんですね。(当時を知らない人)
太一君が「あの6人じゃ売れなかった」という笑いも予想通り。
分析チャートは松岡君とかリーダーのところは大体合ってました。
で、絶対出ないと思っていたらV6出たよ。
地味だとかオンエアしてくれるんですか。って言ったのは太一君の気遣いだと思うな。
多分、太一君がそう言わなかったら本当にカットされてたと思うもの。なんだかんだ言って、同期だとか、一度事務所辞めてるとかミュージカルが凄いとか言ってくれていたし。太一君ありがとう。
ま、スタッフも同期とかそこら辺を見越してV6はまーを入れてくれてたんだと思うけどね。あとV6で入ってるとしたらオカダくらいかな。
なんて、悪く後ろ向きに考えすぎかな。
そこらへんで終わりかと思ったら福ちゃんがヒロシに例えられて嬉しかった。
それも何となくわかる。福ちゃんも料理するし、いろんなお店に行くもんね。
福ちゃんが喜んでくれているかは分からないけど、喜んでくれていたら良いな。
ここでも有名な「どこの部位が食べたいの」ネタとか、調理師免許を持ってるとか言ってくれて、ありがたいです。
それだけで満足でした。
V6メンバーも出てほしいけど、7人にいじられて上手く応えられるかなってドキドキしちゃうから、TOKIOあたりにもっと出ていただいてV6を褒め称えていただきたいです。

私がいるよ〜!

「スタードラフト会議」見ました。
あまりこの番組を見たことがないのですが。
今回はTSUKEMENが出るということで楽しみにしておりました。
さだまさしさんの息子ということでそればかりがフューチャーされていましたけども。2人最初全然喋ってないし。MCで進行役はいつもSUGURU君なのにね。
何度かコンサートの話題を私ブログに書いておりますが、本当に好きなんですよ。
3人とも音大出で、実力は本当にあるんですよ!
確かにコンサートへ行くと客層は明らかに息子を見に来る親世代が多いですけど!
私!TAIRIKUさんやKENTAさんと同い年ですから!いますよいますよ!私がいますよ!←
ファンレター送った事ないですけど送りましょうか?28歳女性ですって。若いファンもいますよって^m^まあ、そこまでピチピチではないが。
テレビでは「CHA-LA HEAD-CHA-LA」と「残酷な天使のテーゼ」しか披露していないですけど、私はアニソンよりもFFシリーズの方が好きです。アニソンももちろん良いですが。
だって去年のコンサートで「ビッグブリッヂの死闘〜FINAL FANTASY后廖峽萓 〜ファイナルファンタジー 困茲蝓繊廖崙う者達 ゲームソフト「ファイナルファンタジー察廚茲蝓廚鯊海韻同藾佞靴燭鵑任垢茵亜亜┿笋楼貎庸笑しておりましたよ。周りのオジ様オバ様達は私が笑っている意味が分からなかったと思いますけど。
でも去年1番感動したのは「シェルブールの雨傘」だったけどね。理由は言わずもがな。
SUGURU君のPOPな曲もKENTA君の風景が見えるような曲もTAURIKU君の陰鬱な曲(笑)も私は好きです〜。特に好きなのは「BASARA」と「COSMOS」かな。
今年もコンサート行きますからね〜
まあ、さださんの息子という入りでも良いですよ。それで若いファンを獲得して有名になってほしいなと思います。エラソウですけど^^;

当たってるかな?

今日のごきげんように俳優の和田正人さんが出てました。
和田さんは日大出身で箱根駅伝にも出場したことがあるランナーなんです。
それを知ってから好きになりました。←ゲンキン
名前も私が大好きな今井選手と同じだしね!←さらにゲンキン
大学卒業後は実業団のNECで選手として活躍されていたそうですが、廃部になったことをきっかけに俳優を目指されたそうです。
ということでトークもそんな話。
和田さんは日の丸を背負って世界陸上に出場するのが夢だったそうです。
高校生の時に部活が終わって帰ろうとしたら後輩がガラの悪いにーちゃん10人くらいに囲まれいたので、これはいかん!と思い、助けて事なきを得たそうです。
するとその後輩は数年後なんと世界陸上に出場。
勿論後輩の努力のたまものですが、あの時助けてなかったら後輩は世界陸上に行けてなかったんじゃないかなんてうっすら思っていたそう^^
そしてさらに数年後大学生のとき。地元を陸上をしている友達と歩いていて、自分のキックボードを友人が使っておりその際にまたガラの悪いにーちゃん5人くらいに囲まれて、また和田さんが交渉して助けて事なきを得たそう。
そしたらその友達も数年後世界陸上に出場。
後輩は謙虚だったけど友人はちょっと生意気だったから「俺のお陰やで!」なんて言ったそうで^m^面白かった。
和田さん凄いね!今度は自分が絡まれたら世界陸上に行けるんじゃない?と西岡さんが言ったりしてトークは終わっていたのだけど。
私はその後輩と友人が気になってしょうがなかったので調べました。知ってる選手かもしれないなぁと思ったので。
後輩は同じ高校だから…と思って調べたら結構すぐに見つかりました。年齢もちょうど後輩な感じで。でも私は存じ上げない方でした^^;すみません。
でも、友達ですよ。情報は同級生で陸上をやっていて世界陸上に出場しているということだけ。だからここ数年の世界陸上のマラソン出場選手を調べたりとか同じ県出身の人とかめちゃくちゃ調べましたよ(暇人)
でも調べても調べても出てこず…同い年の人も同郷の人もいないからやっぱり無謀だったか・・・と諦めました。
たのですが!
気づきました。陸上ってことは別にマラソンとは限らないよね?と。
そして改めてググってみたら重要な文章を発見!
何!?と思いその人を調べてみたら出身は隣の県だし同い年!
ということでその人だろうということで調査を終えました。
・・・バカでしょ?^^;バカですよね。笑ってください。調べなきゃ気が済まないタチなんです。職業病なんです…。
そして2人多分判明しましたが間違っていたら失礼なのでここでは名前は控えます。ご本人から答えが出れば良いな。答え合わせがしたひ。

割と待遇良かったのになぁ

昨日の話ですが「HEY!HEY!HEY!」の初登場映像でV6が出てましたねぇ。
リアルタイムでは見てなかったですが、以前見たことがありますー。
カミセンとトニセンでオセロみたいだなって突っ込まれようと思ってカミセンが日焼けサロンに行って焼いて真っ黒になっていたのに2人とも突っ込んでくれなかったみたいなことを後々言ってた気がします。
流石に若いですねー。それでも6人のダンスはやっぱりピッタリ合っていて、流石だなと思いました。懐かしいなぁ。
高校生の時に、なんでV6(というかジャニーズの面々)は「HEY!HEY!HEY!」にでないんだろうとその頃友人だった健君ファンの子に聞いた事があるんです。そうしたらその子が「96年にV6が出た時に浜ちゃんがあまりにも岡田君にツッコミをするからそれを見た健君が可愛そうに思って浜ちゃんを止めたら浜ちゃんが不機嫌になったからそれ以降出られなくなったんだよ」なんて自信満々に言われたことがあったんですけど^^;その頃は純情な高校生だったから←真に受けて信じてショックを受けてたんだけど。そりゃないだろうと今になって思う。健君がしたこと(本当に言ったかどうかも分からんが)がジャニーズ全域にまで反映されるかな。
でも2003年?2004年?くらいからジャニーズのグループが頻繁に出るようになりましたよね。V6もかなりの良い待遇で出してもらってましたもん。「VIBES」が出た時に常夏VIBRATIONで出演させてくださったの、「HEY!HEY!HEY!」だけですよね?「Voyager」も歌わせてくださったし、「HEY!HEY!HEY!」は良い番組だなと思っていたので終わるというのはやっぱりさびしいです。
今回の初登場シーンだって、ちゃんとトークのシーンも入れてくれたし、音楽映像もちゃんと出してくれて他の番組とは違って待遇が割といいなーと思いました。
もしも今年中にシングルかアルバムが出るなら「HEY!HEY!HEY!」に出てほしいなぁと思う。

話は少し変わるけど、この間マツコさんとアラフォーの女芸人さんが70〜80年代の音楽を語る?番組があったのだけど、ジャニーズ特集があって、トシちゃんから光GENJIまでの映像が流れてたのだけど、皆さんが1番反応していたのが忍者で、「みんなハンサム!」「ダンスもあってる!」「もっと売れるべきだったよ!こんなに良かったなんて知らなかったよ!」なんて言っていたのだが。
正直私も忍者はメンバーも曲も知らなくて、デビュー曲?は8時だJでタッキー筆頭にJrが歌ってたような気がするから知ってるけど、その頃の映像を見たら本当に皆さん凄くて。みんなかっこよくて歌も上手くてダンスもクオリティが高くてピシっとそろっていて、この頃から実力だけの世界じゃないんだよね…なんてしみじみと感慨深く思ってしまった。6人組だったし・・・
あ、過去の映像で少年隊とか光GENJIのバックを目を皿にして探したけど平家派らしき人はいなかった。残念ー。

見つけた!

噂には聞いていたんです。昨日の「ごきげんよう」のお話を。
昨日は仕事が遅番で、ギリギリで行くバスに乗っていれば見れたのに、昨日に限って1本早いバスに乗っちゃったんですよねぇ。
ということで悔しくて某動画サイトを探しました。
そして見つけて見れました。
中尾明慶君が深夜に友達とラーメン屋さんに行って、酔っぱらったサラリーマン5人くらいに「あー君あれでしょ?」と言われ、ばれたと思って「はい・・・」と言ったら「V6の三宅健君でしょ」と言われたそうで。
もう「はい」って言っちゃってるからどうしようも出来ず、握手の仕方とか食べ方とか、ジャニーズの人だからかっこよくしなきゃと思い、気を付けたそうです^^
日頃は他の芸能人の方と間違われたらいやだなと思うそうですが、今回は健君と間違われてめちゃくちゃ嬉しかったですと満面の笑みで言っていただいてこちらまでうれしかったです^^
中尾君がそのサラリーマンの方にも、健君自身にもまた健君のファンの方々にも申し訳なかったなんて言ってましたけど、そこまで健君のためを思って行動してくれたのならこちらとしては嬉しい限りですよ。感謝ですよ!って私は一ファンの意見のみですが。

そして千秋ちゃんも昔V6に間違われたことがあるという話もしていて。この話は以前ますだおかだが何かのトーク番組で言ってるのを聞いた事がありました。千秋ちゃんはV6って言ってたけど、ますおかはカミセンに間違われたって言ってたんですよね。時期的にカミセンのコンサートが韓国であったときかなと思うんですけど。
ますおかと千秋ちゃんが3人でいたらカミセンと間違われて、おかだが岡田だから岡田で(意味不明)ますださんが健君で千秋ちゃんが剛君だったそうで。
この話も懐かしくて嬉しかったなぁ。V6話に花を咲かせていただいて、ファンとしてはとても嬉しかったです。

録っておきたかったなぁ。持ってる方、分けてください。お願いいたします←

秘密のケンミンSHOW

辞令は突然にが北海道だったのでそれ目的で楽しみだったんですけど、その前に。
うーん・・・書きたいような書きたくないような。
お好み焼きの呼び方が東京はぶた天いか天ていうけど、大阪はぶた玉いか玉というと。
で、大阪出身のキンコンの梶原が「天って言うのはおかしい。ホタテやったらホタテ天やで。テが2回重なるんやで。」って言った後に(エセ関西弁なのはお許しください)「三宅健みたいな」っていきなり言いやがって。←
「はっ!?」って言ってしまった。愚痴の流れで人の名前を使うんじゃないの!
しかも思いっきりすべったし。健君の名前ですべらすな、アホー!!アホー!!

で、気を取り直して辞令は突然にのくだり。
先週は遊んで終わってたけど、北海道人は確かにテント張って泊りがけでジンギスカンをする人もいますけど、テント張らないで日帰りで帰る人もいますから。んでもって海は冷たいかもだけど海にもちゃんと入りますから〜。上司のわざとらしい北海道弁らしきものが微妙にイラっとしましたけど^^;まあ許容範囲。
今週ははるみがSTVに就職するということで楽しみにしてました〜
STVの周りの風景にめちゃくちゃ見覚えが…
STVの番組と言ったらあれですよね。「どさんこワイド」ですよねぇ。あぁ・・・アナウンサーも見慣れた人が・・・。
北海道は変わった名前の地名が多いですよね。小学校の社会の授業で北海道の地図を見て地名を覚えたりしたので結構分かります。道民はきっと大体わかりますよね。
途中登場したブギウギ専務は顔は知ってるけど私はこの人が出てる番組は見たことがありません…。専務と言ったらこの人・・・なの?
STVと言ったら洋ちゃん(大泉洋)でしょー。木村洋二アナウンサーとのYOYOS(ヨーヨーズ)でしょー。あれ?違うのかなー。私もいまいち見てないけど。
まあ、洋ちゃんは全国区になっちゃったしな。
松山千春の事を「チー様」って言うなんて初めて聞いたぞ。
あ、そういえば十勝で今度コンサートやるらしいですね。
カラオケの履歴が松山千春ばっかりになるかな・・・。私はV6しかほとんど歌わんぞ。←
付き合いですすきののスナックも行ったことあるけど確かにチー様^m^の歌を歌う人はいるけどばっかりじゃなかったような。
タコの頭あんまり食べないしバターご飯も今はあんまり食べないと思うけど…。それはうちの家だけなのかなあ?
来週の北海道生活は何を言うのかな。今のところあんまり共感できていないんだけど^^;おかしいなー。生まれてからずっと札幌なんだけど。

長野先生

少クラ!
プレミアムトークは後程。先にROOM.Lから。
名久井直子さん。私は神と崇めているんですが^m^
名久井さんの手掛ける小説の装丁が大好きです。そして名久井さん自身もとても素敵な可愛い方なので大好きなんです。今回少クラに出るという事で楽しみにしていました。
でも、ヒロシの本まで手掛けているとは思わなかった!ビックリしました。
そういえば買ってまだ読み終えてなかった^^;ごめん〜ヒロシ〜。
長野先生は名久井さんと一緒に細かく打ち合わせをしたそうで。
ヒロシにとっても初の本だものね。2人で楽しそうに本の打ち合わせをしている姿が目に浮かびます。楽しそうだなー。良いなー。
そして「エムブリヲ奇譚」について取り上げられたいたのが嬉しかった!この本大好きなんです!山白朝子さんっていうか乙一だけどな!
「エムブリヲ奇譚」の栞が数本の糸で変わっているなと思っていたんです。でもそうか、髪の毛モチーフだったのか…名久井さんが言って気づいた^^;そうだ、髪の毛モチーフの怖い話あったよ…。でも前作の「死者のための音楽」も糸だったから同じようにしたんだと思って勝手に納得させてた。一つ一つ、細かな本に合った心配りがあったんですね。
こういうのがあるから、本は好きだ。重たいけど、私も文庫本よりも単行本の方が好きです。それこそ装丁や羅列している文字に物語があふれ出してくるのを感じるので。文庫だと何となくそれが半減している気がするんですよね。どこが違うと言われても分からないのだけど。そして、私はいつも図書館で借りて読んでます…ごめんなさい…。
本当に好きな仕事を一つ一つ大切に作業されているんだなと思ってみていて幸せな気持ちになれました。これからもきっと名久井さんが作られた装丁を見て本を読むと思います。それが、とても楽しみです。

そしてNEWS。ファンではないのにおこがましいですが、ずっとずっと気になっていました。あの、あくまで私の主観なのでさらっと読み流していただいて結構なのですが、NEWS自身もずっと待っているファンも辛いだろうなってずっと思っていたんです。
少クラプレミアムは正直V6が出るとき以外はそこまで注意深く見ないのですが、今回は最初からずっと凝視してみてました。
新生NEWSになって、太一君がオファーして赤裸々に4人の話を聞いて、涙が出てきました。4人とも凄く熱いですね。内に秘めているものが熱くて凄く凄くかっこいいです。
小山君があんなにメンバーが、NEWSが大好きだということを知らなかったので、2人が抜けると知った後の行動に感動しました。どうなるかわからないけど、それでもNEWSを残したい、4人でやっていきたいという想いを強く強く感じました。小山君がメンバー愛にあふれていて、でもちょっと頼りないリーダーってピッタリだなと思います。
でも、太一君も言っていたけど、リーダーはちょっと頼りないくらいが良いと思いますよ。だって、TOKIOだってV6だって嵐だって頼りないじゃないですか。←周りのメンバーが支えてくれるっていう形がベストだと私は思います。
手越君があんなに熱い男だって知りませんでした。本当に素直ですよね。思った事をちゃんとしっかりいえるのって凄いと思います。それに「ファンをずっと裏切っている気がしていて辛かった」という言葉が私は凄く心に響きました。ファンの気持ちを分かっているのに出来ない辛さ。それが伝わってきて泣けてきました。
まっすーのJrの頃のうっぷんが面白かった^m^そうか、NEWSはみんなエリートだったんだね…。まっすーも真面目な人ですね。NEWSへの想いも伝わってきました。たとえ太一君のエールを忘れようとも。←
加藤君は…最年少だったんだね^^;すんごい貫録があるから1番下だとは思わなかったよ…。でも、エリートだけどこんな泥水を啜るようになるとはって凄い言葉だな。流石先生。加藤君は鳥瞰的にグループを観れるけど、4人になったと思った瞬間に4人でやっていこうと思ったという言葉に力強さを感じました。凄いねー。若いのにあのどっしりとした感じ。縁の下の力持ちみたい。
チャンカパーナも凄くいい曲!フリも可愛い!「ほしいよ〜」のところの身体きゅっと抱きしめてマイクスタンドを倒すところが可愛い。まっすーのそのシーンの笑顔がめちゃくちゃかわいかった。
トークも曲も、凄くよくて涙が出てきた。
4人の強い強い想いを感じました。頑張ってっていうのはおこがましいけど、頑張ってください。北の大地の隅っこで応援しています。
ファンじゃないのに、しゃしゃりでちゃってすみません。どうしても言いたかった。

そして来月…。てっきりプレミアムショーはV6だと思っていたのに。
またTOKIOに阻まれた…。阻まれたといういい方には語弊があるかもですが…。
誕生日にV6が観れるかもって喜んでいたのに…。喜びを帰せー。

女秘匿捜査官 原麻希 アゲハ

久しぶりにV6以外が出てるドラマを見ました^^;
「捜査線上のアリア」の1週前に放送予定だったのですが、オウム真理教の人が逮捕されたために放送が1か月延期になったという作品です。
その間にこのドラマの原作者の他の作品を読んで、原作も読みました。
原作が面白かったことと、急遽放送が無くなったので可哀相だなと思い^^;今回見た次第です。あとは勝地君が出ているという理由で。勝地君の顔が好き。
10代の時から見てますけど、大人っぽくなりましたよね〜。デビューの話も覚えてますよ。「P.S.元気です、俊平」のオープニングでお花屋さんが映っていたのだけど、そのお花屋さんに勝地君のお母さんが働いていて、ロケ地になったから勝地君が見学してたらしいんですよね。そこに瀬戸さんのマネージャーさん?がスカウトしたんじゃなかったっけ?だから瀬戸さんと同じ事務所なんですよね。え、今日はバーター?←コラ!めちゃくちゃかっこよかったよ〜。もうずっと応援していきますよ〜。
原作を読んだから色々分かりましたけど、コレ読んでいない人は細かい設定分からないですよね。そもそもの発端の事件は8年前だしその事件自体も全然設定は違いますし。財前さんの刑事のポジションに関しても全く書かれていなかったし。全然違うから「アゲハ」のタトゥーっていう風にしたんだろうなと勝手に納得してました^^;
松尾さん久しぶりに見た。財前さんとそこまで歳は離れていないんだろうけど、松尾さんが結構童顔だから若干違和感を感じてしまった・・・すみません。
吹越さんの役をハラマキさんは「達也」と言っていましたが、それも多分元カレという設定を分かってないとわからないですよね〜。あれ?ドラマは違うのかな。吹越さんの刑事役を見ていると風貌は違ってもやっぱり青柳さんなわけで^^;取り調べのシーンはいつかブチ切れるんだろう!そうなんだろう!って思ってました。←
まあ、原作と映像は別物と考えたら面白かったですよ。
瀬戸さんの演技物凄く久しぶりに見た。それこそ「P.S.元気です、俊平」以来じゃないだろうか?(違った。調べたら「天国のダイスケへ〜箱根駅伝が結んだ絆〜」以来だった。マニアックな^^;)今さらだけど母親役なんですねぇ…
「捜査線上のアリア」を見ていても思ったのだけど、フジテレビは刑事事件は捜査よりもどっちかっていうと人間関係重視なんですかね?局によって作り方が違うから面白いです。
ちなみに原作の感想はこちらです。

イノッチはやっぱり凄かった

少年倶楽部プレミアム、今日のゲストは屋良君と小堺さんでした。
何でこの組み合わせ?と思ったら、4月の舞台で共演されるんですね。
屋良君は昔から知っていましたが、まさかタキツバと同期とは…入所して17年。長いですよね。
昔から屋良君のダンスが好きでした。小柄だけどキレのあるダンスが凄いなと思っていて、あくまで私の意見ですけど、10代のころはなんとなく剛君と雰囲気が似てるなって思ってたんです。今はまた印象は違いますけども。
以前「夜もヒッパレ」でMAがレギュラーで出ていたのでその頃が1番屋良君を見ていたかなぁ。でもあれからも10年近く経っているのか。
舞台を中心に活動をしているのは知っていましたが、いかんせん地方に住んでいると頻繁に観に行くことはできないし気になってはいたんですよね。
後輩がどんどんデビューしていって辛い時期もあったと思うけど、斗真君や風間君のように自分の道を確立している気がして本当に頑張ってほしいなって思う。応援しますとも。そういえば最近海外に留学もしていましたよね?ダンス修行?
今日のトークを聞いて本当に応援するよ〜!って思いました。
そんなトークの中で登場したイノッチ^m^
10年前にトニセン主演のミュージカルを観に行ったそうなのですが(東京サンダンス?とんかつロック?ミュージカルなのかがわからん^^;)その時に髪は金髪で鼻ピアスをしていて本番30分前に楽屋に挨拶に行ったと。そうしたらイノッチに本番10分前くらいまでずーっと説教をされていたらしい^^;
でイノッチの言ったことで忘れられない言葉があると。それは
「そういう事はさ、デビューしてからやれよ」だって。
太一君が感動してた。イノッチすげぇと。だからあさイチとかやっちゃうんだなと^m^
ちょうど突っ張っていた時だったから尚更いろいろ思うところがあったらしいですよ。
本番直前まで後輩を想って叱るってなかなかできないですよね。凄いなと思いました。
小堺さんも素敵でございました^^もともと大好きなんですけどね。
「ごきげんよう」は28歳の時からなんですねぇ。1984年って私が生まれた年だ。凄い長い歳月。
2人のミュージカル、観に行きたいなぁ・・・関東圏に住んでいたら観に行くのに〜!

そして来月は総集編。確実にV6の歌披露の望みは途絶えたな・・・しょぼん。
でも、トークとか歌で誰かが(きっと平家派は確実に)登場すると思うので楽しみです。

フレッシャーズ!

V6ネタじゃないのだけど^^;
野澤君がAOKIのフレッシャーズスーツ?のCMに出演決定という事で…
健君大好きの野澤君なんだから、健君ファンも応援しないとね!
という事でCMをHPで見ました。
いや〜ん、めちゃくちゃかわいい〜。
「親指さがし」を見ているからホント、改めて大きくなったねぇって思います^^
うふふ。ゲットしたら保存版にしよっと。にわかファンです^^
そういえば今日、雑誌を立ち読みしていたらPOTATOだったかなぁ?の雑誌の野澤君のところで、カウコンで健君と話をしたって書いていました。
話をすることが出来て、行きつけの美容院を教えてもらってそこに髪を切りに行っちゃったってすっごく嬉しそうに書かれていて、キュンキュンしちゃいましたよ^^
変わらず健君を好きでいてくれてありがとう。
だから私も応援するよ〜!!あ、真田君もね〜^^

野澤君ネタじゃないですがESSEを見ました。山口君が載っていてそこに平家派の写真が載っていると小耳にはさんだので…。
雑誌用じゃなくてプライベートっぽい感じで載っていた6人。とてもみなさん素敵な笑顔でした。剣の舞の衣装だったのもまた良し^^
こうやって徐々に広めていってCDデビューしてほしいなぁ。
自己紹介
苗坊と申します。
読書とV6とSnowManを愛してやまない道産子です。47都道府県を旅行して制覇するのが人生の夢。過去記事にもコメント大歓迎です。よろしくお願いいたします。
Categories
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Recent Comments
ブログリスト
カウンタ





  • ライブドアブログ