小説『火の鳥』大地編 (上)
桜庭 一樹
朝日新聞出版
2021-03-05


1938年、日本占領下の上海。若く野心的な關東軍将校の間久部緑郎は、中央アジアのシルクロード交易で栄えた楼蘭に生息するという、伝説の「火の鳥」の調査隊長に任命される。
資金源は、妻・麗奈の父で、財閥総帥の三田村要造だという。
困難な旅路を行く調査隊は、緑郎の弟で共産主義に共鳴する正人、その友で実は上海マフィアと通じるルイ、清王朝の生き残りである川島芳子、西域出身の謎多きマリアと、全員いわく付き。
そこに火の鳥の力を兵器に利用しようともくろむ猿田博士も加わる。
苦労の末たどり着いた楼蘭で明らかになったのは、驚天動地の事実だった……。
漫画『火の鳥』や手塚作品に数多く登場する猿田博士やロック、マサトたちと、東條英機、石原莞爾、山本五十六ら実在の人物たちが動かしていく!

この小説を読む前に「火の鳥」を読もうと思っていたのですが、その前に手元に来たので読みました^^;でもきっと、読んでいなくても楽しめますよね。この世界にぐいぐい引き込まれて読む手が止まらなかったです。上巻は出てくる人物全員が怪しくて、よんでいるこちらも疑心暗鬼の状態で読んでいました。中盤からは出てくる人たちの独白がほとんどでしたね。最初の独白はもう哀しくてかわいそうでなりませんでした…。なんというつらい年月を過ごしてきたのだろう…もう想像がつかないくらいです。そして独白がずっと続いていきます。
それにしても強くて怖いイメージの要造の過去が軟弱で別人のようでびっくり…
相変わらず桜庭さんはすごい名前を付けますね…。そしてたまに出てくる口調が桜庭さんみを感じて嬉しかったです。
それにしても後世にまで残っている大作によく挑みましたよね…。凄いとしか言えません…

<朝日新聞出版 2021.3>2021.4.14読了