三途の川べりに佇む〈おらんだ書房〉では、
艶やかな着物をまとった陽気な店主が「人生最後にして最上の一冊」を選んでくれるという。
客は子供から老人まで生前に大きな未練を残した死者ばかり。
そのひとりひとりの人生の物語に優しく寄り添い、店主は成仏へと導く本を探すが――。
読み終えたあと、心が爽やかに晴れ渡る。
人と本が織り成す奇跡の物語。
【目次】
第一話「本が大好きな三田村祐介様(享年三十四)の場合」
第二話「でんぐり返る本を探してる越野園絵様(享年八十六)の場合」
第三話「空っぽのおなかをかかえた、空っぽな目の初芝泪衣様(享年四)の場合」
第四話「呪いの本を求めてやってきた尾崎純香様(享年三十五)の場合」
第五話「描けない人気漫画家司七彦様(享年四十一)の場合」
第六話「世界で一番退屈で、つまらなくて、どうでもいい本をご所望の鈴木藍理様(享年十六)の場合」

死者が三途の川を渡る前にその人にとっての最上の1冊を選んでくれる書店があるなんて魅力的過ぎますね。
1番同じような死に方をしそうなのは最初の人かな。1番共感できました。そして1番うるうるしました。分かる。分かるよ。読みたい本たくさんあるよね。もっともっと本を読みたかったよね…って読みながら同意していました。
2話目のおばあさんのお話もとても素敵で、感動しました。そんなからくりがあったなんて。武者小路実篤の作品は1冊も読んだことがないんです。これを機に手に取ってみようと思いました。
そして3話で登場した男の子が大事にしていた絵本。かがくいひろしさんの絵本は私も大好きです。だるまさんシリーズは甥っ子が生まれたときにプレゼントしました。かがくいさんの絵が大好きでした。もっともっとたくさんのお話を読みたかったなー。
それぞれ登場する人たちはいろんな思いを抱えていて、それでもこのお店を訪れたことで満足して三途の川を渡れたんじゃないかなと思います。渡っていない人もいるけど。
続編が出てほしいな。店主のこともいばらくんのことももっと知りたいです。

<文芸春秋 2020.12>2021.4.9読了