五色の殺人者
千田 理緒
東京創元社
2020-10-10


高齢者介護施設・あずき荘で働く、新米女性介護士のメイこと明治瑞希(めいじみずき)はある日、利用者の撲殺死体を発見する。逃走する犯人と思しき人物を目撃したのは五人。しかし、犯人の服の色についての証言は「赤」「緑」「白」「黒」「青」と、なぜかバラバラの五通りだった!ありえない証言に加え、見つからない凶器の謎もあり、捜査は難航する。そんな中、メイの同僚・ハルが片思いしている青年が、最有力容疑者として浮上したことが判明。メイはハルに泣きつかれ、ミステリ好きの素人探偵として、彼の無実を証明しようと奮闘するが…。不可能犯罪の真相は、切れ味鋭いロジックで鮮やかに明かされる!選考委員の満場一致で決定した、第30回鮎川哲也賞受賞作。

実際に介護施設で働かれていたみたいですね。だからこそのリアリティを感じました。 
メイちゃんは元気で明るくて素敵な女性でしたね。こんな子が働いていたらそれはおじいちゃんおばあちゃんの人気者になりますよ。
目撃証言の5人の服の色がバラバラというのは似たようなのを別のミステリ(子供が主人公の探偵もの←)で見たことがある気がしますけど、そういうことか!と思うこともたくさんあって面白かったです。メイとたまに行動を共にする藤原さんに関しては早めにカラクリが分かってしまってもどかしさもありましたが^^;偉そうな言い方ですけど、これからの作品が楽しみな作家さんですね。

<東京創元社 2020.10>2021.1.4読了