約二年間の眠りから目覚めたローゼマイン。周囲の変化は大きく、浦島太郎状態に不安がいっぱい。けれど、休む間もなく、貴族になるための学校「貴族院」へ入学する。
そこは魔力の扱いや魔術具の調合を教えられ、領主候補生は領主として領地を治めるための魔術を学ぶ場。個性的な教師や他領の子供達と一緒に寮生活をしながら、成長を目指す————はずが、院内に大型図書館があるとわかって大変。王族も領主候補生もほぼ眼中になく、ローゼマインは図書館へ突き進むのだった!
本を読むためには手段を選んでいられません! 学園を舞台に繰り広げられる、ビブリア・ファンタジー新章開幕!
書き下ろしSS×2本、椎名優描き下ろし「四コマ漫画」、「第2回人気キャラクター投票結果」収録!

また新たな章が始まりました。これからの舞台は貴族になるための学校「貴族院」
2年の眠りから覚めたばかりのローゼマインは急いで入学しなくてもいいのではないかと始めは渋るが、世界で2番目に大きいと言われる図書館があると言われてすぐに入学することを決めます^m^皆さんローゼマインの扱いが分かってきましたね。
自分が図書館へ行きたいがために他の人を無理矢理巻き込んでいる感じが流石でしたね…。
周りに気を遣うローゼマインなのに、図書館が絡むと本性が出るというかやりすぎるというか…
そして貴族院には他の国の貴族候補たちもいるわけで、いろんな人間関係が絡んでそうで嫌な感じもありました。
それにしても、ヴィルフリートは成長しましたね。あのわがまま放題だった2年前が嘘みたい。とても頼りがいのある男の子に成長してるではないですか。ローゼマインが頼ることも増えそうですね。
良くも悪くも目立ってしまうローゼマインですが、これからもたくさんそう言うことが起きそうですね〜^^;
まあ、フェルディナンドの師匠ともいえるヒルシュールを取り込んだようですし^m^味方もたくさんいますから、きっと大丈夫ですね。
SSはアンゲリカの妹であるリーゼレータ視点の貴族院の話とマインが起きた時の下町の家族の話。
カミルがもうすぐ4歳ということに衝撃を受けましたが、それくらいの月日が経つんですね…。物心が付くときにはマインはいなかったんですから仕方がないにしても家族は辛い決断を迫られますね。トゥーリの強い想いに感動しました。ずっとずっと気にしていたんですね…。

<TOブックス 2017.12>2019.12.3読了