本好きの下剋上 第三部「領主の養女」(1) 司書になるためには手段を選んでいられません [ 香月美夜 ]
本好きの下剋上 第三部「領主の養女」(1) 司書になるためには手段を選んでいられません [ 香月美夜 ]
自身の魔力を貴族から狙われたマインは、下町の家族や仲間との別れを決断した。大切な人々に危険が及ばないよう、名前も「ローゼマイン」に改名し、「領主の養女」として新生活を開始することになる。だが、その上級貴族社会での日々は過酷だった。儀式や礼儀作法を学ぶための猛特訓に加え、就任した神殿長や工房長の責任は重い。病弱な7歳の少女には厳しすぎる…はずが、神官長からのご褒美が「神殿図書室の鍵」だったことで一変!これさえあれば、たくさんの貴重な本が読める!名前が変わっても、変わらぬ本への情熱で、ローゼマインは新世界を駆けぬけていく!広がる緻密な世界観と本の生産体制。本を愛する全ての人に捧げる、ビブリア・ファンタジー第三部開幕!書き下ろし番外編2本+椎名優描き下ろし「四コマ漫画」+第1回人気キャラクター投票結果発表などなど、盛りだくさん!

第三部に入り、マインはローゼマインとなり、平民から上流貴族となりました。展開が凄すぎる…。
育ての家族と領主の家族とたくさんの家族が増えて名前が長くて私も覚えられません^^;
そして、見知らぬ場所に入り込むわけですから、ローゼマインに対していじめ的なことが起きたら嫌だなぁと思っていたのですがそれは無くて安心しました。
まあ、見た目は7歳の子供ですからね…。領主の息子はお金持ちの坊ちゃんらしくワガママな感じはありましたけど。神官長の荒療治のお陰でおとなしくなったようですが…。でもホントあれは子どもにはトラウマだよ…。
ローゼマインを受け入れられないコルネリウスの話も最後にありましたがこちらも多少の荒療治により自分が守らなければ!という想いに変わってよかったです。どちらの家族も娘がいなかったのが良かったのかもしれませんね。
ローゼマインはやることがたくさんあって普通の人でもぶっ倒れそうなキャパなのに本当によくやってますよね。展開が色々ありすぎて本当に追うこちらも大変です。でも、だから読んでいて楽しいです。
これからどんな展開になっていくのか、ますます楽しみです。

<TOブックス 2016.10>H31.1.20読了