昨日の深夜にBSプレミアムで放送された番組です。
著名人たちの本棚をのぞき見して人生のおすすめの書「推しボン」を見つけ出すという内容でした。
いやー面白かったです!
今回はMCの東出君とゲストの朝井リョウ君、ヤマザキマリさん、服部文祥さんの本棚を拝見したわけですけど、私も本を読むのは好きですがとても偏っているので、本の視野を広げるという意味ではとても参考になりましたし、勉強になりました。
東出君の本棚も個性が強かったですねー。19歳で司馬遼太郎にはまるってホント早いですよ。凄いですね。でもたぶん奥さんもそんな感じですよね。2人の会話は楽しそうだなぁと勝手に妄想してました。
朝井君の本棚は現代っ子という感じでした^^;本棚の中で1番知っていて既読本が多かった気がします。でも、海外文学とか日本の昔の文学とかそう言うのを全然読んでいなかったというのは意外だったかも。宮沢賢治も読んだことが無いというのはびっくりしました。東出君が言うように新世代の人というイメージでしたねー。と言ってもその朝井君も更なる新世代の人たちを意識しているみたいなことを別の番組で言っていましたね。面白い^^
ヤマザキさんの棚も個性的でした。松岡さんが1番食いつきが良かった気がします^m^
漫画も小説も色々ありましたけど、私は特に高野文子さんという方のマンガが気になりました。
服部さんははじめましての方でしたが、何か…凄いですね(ざっくり)本棚も面白かったです。アウトドアと本って静と動で逆な印象ですけど、そういうわけではないんですよね。本の中にもたくさんの世界が広がっていて、人によってその好きな分野ももちろん違っていて、だから私もひとの本棚を見るのって大好きなんです^^
最後に松岡さんと東出君がお話していましたが、松岡さんが「服部さんは本を生魚の様に食べてるね。パリパリと」とおっしゃっていてそれがとても印象的でした。
私は本を読むのが好きだけどただ読むっていう行為だけで終わっていて、それ以上の付加価値を付けてなくてもったいないような気分になりました。本1冊1冊を存分に楽しめるようになりたいなと思いました。
私も本を骨の髄までしゃぶるように読んでいきたいと思いました。
不定期で良いからこれからも続いていってほしい番組です。面白かった!