美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2014-02-15)
販売元:Amazon.co.jp

名料理屋「一柳」の主・柳吾から求婚された芳。悲しい出来事が続いた「つる家」にとってそれは、漸く訪れた幸せの兆しだった。しかし芳は、なかなか承諾の返事を出来ずにいた。どうやら一人息子の佐兵衛の許しを得てからと、気持ちを固めているらしい―。一方で澪も、幼馴染みのあさひ太夫こと野江の身請けについて、また料理人としての自らの行く末について、懊悩する日々を送っていた…。いよいよ佳境を迎える「みをつくし料理帖」シリーズ。幸せの種を蒔く、第九弾。

いよいよ9冊目まで来ました。あと1冊…
芳が嫁ぐことになり、つる家が騒がしくなってきます。ずっと読んでいて切ない話が多かったから、今回の困る感じは幸せの兆しが見えて微笑ましくも感じました。
ずっと苦労して辛い思いをしてきたつる家のみなさんだから、本当にみんな幸せになってほしいです。
あさひ太夫の身請けについても少しずつ動きが出てきましたね。
前作から摂津屋の動きが気になっていましたが、悪い方向へ向かわなかったので良かったです。澪のこと、そして野江のこと、ちゃんと慮っているのが分かりました。だから澪も正直に打ち明けたんでしょうね。澪も野江のためとはいえ、思い切ったことをしますね。
先が見えるような見えないような…
あと1冊。どうなっていくのでしょうか。早く読みたくなってきました。
そして、最後に書かれていた短編。切ない…忘れてない…忘れてないよ…。

<角川書店 2014.2>H30.5.21読了