本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部「神殿の巫女見習いIII」本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部「神殿の巫女見習いIII」
著者:香月美夜
TOブックス(2016-03-25)
販売元:Amazon.co.jp

騎士団の前で強大な魔力を見せつけたことで、マインは貴族の間で注目を集めていた。だが、我関せずとばかりに、本を作る情熱は高まるばかり。より多くの人々に安価で本を届けられるよう、印刷技術を向上させていく。その結果、マインの利用価値を狙う者が出現。危険を察知した神官長は、彼女を神殿に匿うことにする。家族と離れた、マインの長い冬篭り生活が始まるのだった。誰もが本を読める世界へ―その始まりを告げる「金属活字」の完成。厳しい寒さを乗り越え生まれる、マイン一家の新しい「命」。春の訪れと共に、今後の未来を予見するビブリア・ファンタジー転換の章!書き下ろし番外編×2本収録!

久しぶりに読みました。気づいたら時間が空いてしまいました。時が経つのは早いです。
前回マインが騎士団の前で魔力を見せたせいで見知らぬ貴族に狙われることになったマイン。最初はそこまで真剣に捉えていなかったマインですがもしかしたら家族にも被害が及ぶかもしれないと分かると一気に危機感を募らせます。
神殿長もめちゃくちゃ怪しいですよね…そこは解明はしませんでしたが…次回作で第2部が完結するのでそこで分かっていくのかな。
また新たに貴族が登場しますがこいつは一体何なんでしょうか^^;
性格は悪いですが、根本的に悪い奴でもないような…うーんこちらも謎です。
そしてマインもついにお姉ちゃんになりましたね。めでたい!
でも、お母さんが何度も妊娠出産していることに驚きました…そして生まれたばかりの子供の直後の処置。これは現代日本に生きていればマインがハラハラしてしまうのが分かります。どうか、元気に育ってくれますように。
そして、この家族で一緒に過ごせる期間はあと約2年。マインが養女となるまで、なってからも気になります。ますます目が離せないシリーズです。

<TOブックス 2016.3>H30.5.4読了