私にとって今年最初で最後の滝沢歌舞伎。行ってきました。
チケットが外れていたので諦めていたのですが、またしてもお友達のお陰で今年もケンタッキーの二人に逢うことが出来ました。最近は本当にお友達のお陰で観ることが出来ているものが多くて^^;ありがたいことこの上ないです・・・。
しかもこの3年間の中で1番いい席でした。花道がほぼほぼ見える2階席。頂いた席でこんなに良くて良いの?っていうくらい。感謝感謝です。
では、以下独断と偏見の感想です。
ネタバレしますので、たたみますね。

今回も第1幕、第2幕と分かれてはいましたが、どちらもエンタテインメントショーという印象でした。皆さん本当に達者ですよね〜。並々ならぬ努力をされているとは思うのですが色んな演出をするので見ていて飽きないです。次は一体何があるんだろうとワクワクします。
オープニングから本当に豪華絢爛!ですよね。
タッキーのフライング、2階席の上手側だったので近かったんですよね〜。
うわーいるー!と思ってドキドキしました^^健君もその位置にいたことがあるんですけど、そうなると健くんしか見ないからステージ上の事がおろそかになって今何が行われている状態にも陥りました(笑)まあ、仕方ないですよね^m^
今年の健君のソロは「SPARK」!まさかの「SPARK」!バックも4人に増えていましたね^^コンサートで観て聴いた時もかっこいいー!と思ったのですが、今回も同じく素敵でかっこよかったです!健君は青の衣装が似合うなぁ…。でも、発売されていたら「KEEP GOING」にしようとしたとか凄い裏話がこの間出てきましたけど。素敵でした^^
「IKUSA」はゲームの中みたいな剣士たちが闘うのですがハセジュンも登場して(あいさつで登場はしたけど)ハセジュンだ〜って思いましたよね。
次の「ピアノとチェロ」ではタップも披露。ハセジュンはV6がコンサートでバックにJrを付けていた頃に踊っていた世代ですが、私が初めて行ったコンサートがJrを付けなくなった2001年からなのでみていなくて^^;だから踊っている姿は新鮮でした。でも10年もブランクがあるとは思えませんでした。流石の貫録です。
そして健君の「MASK」!もうホントに本当にかっこいい…あのダンス、あの眼差し…。
あの羽根がばぁっと上がるとき、天使に見えます><この「MASK」を、毎年いろんな想いで見ていたなぁ…なんて感慨深く思いました。健君の真骨頂。本当に素敵でした。
「変面」凄いですよねー。あれどうやっているんだろう…バックのJr達も良かったです。タッキーもホント貫録がありますね。見惚れてました。
その後キター!!「浮世艶姿桜」!もう大好き!本当に大好きすぎる!ダンスも歌もかっこいいし可愛い!みんなで踊っているのが可愛い!かっこいい!ケンタッキーでデビューするって決まった時、この歌も絶対に入れてね!と思ってました。残したい…残ってほしい…。
そして滝沢歌舞伎へ。ケンタッキーの2人が準備をしている間に林君と谷村君が今までの滝沢歌舞伎を回想。谷村君ははじめましてですが、なかなか癖の強い人ですね(笑)この回だけじゃないですよね^^;なんか林君の苦笑いが遠くて見えないけど見えるような感じでした。面白いですねー。林君が50時間見続けたという滝沢歌舞伎の歴史、私は一昨年からしか見ていない新参者ですけど、やっぱり改めてタッキーが築き上げてきた歴史を感じました。
Jr総出演で「Thousand Suns」を披露。五関様の振付はかっこいいですよね。健君プロデュースのお衣裳も可愛くて素敵。何となく目線は阿部ちゃんと林君に向けて見ていました^m^最近2人がお気に入り。さっくんの髪が黒くなったのですぐに見つけられなくなったというのがあります^^;ひーくんはすぐわかる。
で、2人の会話。なんで今年ももう何回もやってるのにぎこちないんだろう(笑)
(時間が経っているので会話や内容の順番が曖昧です。ざっくりこんな会話をしていたと思っていただければ)
滝「こんにちは」
健「こんにちは」
滝「今日はGWで、会場の雰囲気もいつもと少し違いますね」
健「そうだね」
滝「小さいお子さんもちらほら見えますね」
健「本当だ」
滝「このね、会場の温かい雰囲気が大好きなんですよ」
健「え?外があったかいからってこと?」
滝「違いますよ!会場の!お客さんの温かい雰囲気ですよ」
健「そうだね」
滝「今日はGWということで、遠くからもお客さん来てくれているんじゃないですか?」
健「そうかもね」
滝「北海道から来た人ー!」
はーい!(私も挙げてみた。多分見えてないけど)
滝「いますねー!遠くから来たって人います?…長崎!…奄美大島!!…え?台湾?」
健「凄いねー」
滝「ありがたいですね」
健「僕たちはお客さんあってこそだからね。毎日同じ事をしてるけど、1回たりとも同じってことはないですからね。それが舞台」
滝「そうですね。先輩、毎日楽しんでますか?」
健「…」
滝「えぇ〜!?(大きくのけぞる)ちょちょちょ!もう1回言いますよ?…先輩、楽しんでますか?」
健「…」
滝「えぇ〜!?ちょっと!(うちわで扇ぐ)」
健「あのね、心はね、毎日楽しんでいるんだけどさ。体が疲れてるの。」
滝「まあ、それはしょうがないですよね」
健「心は17歳だけどずっと、でも身体は38歳だからさ」
滝「そうですねぇ」

健「俺ら何回やってるの?」
滝「残り20回くらいじゃないですか?」
健「今迄何回やったの?」
滝「30〜…うーん…え?30〜…34回くらいじゃないですか?」
健「34回?」
滝「え?(そでにいるスタッフさんらしき人を見て)32回だそうです」
健「(健君もスタッフさんらしき人を見て)え?34.5回?」
滝「先輩!てん5って何ですか!」
健「だってスタッフさんが大きな口で34.5!って言ってるように見えたんだもん」

滝「先ほどJrが踊っていましたが、健君どうでした?」
健「深澤がまた最後祈ってたな」
滝「今日もですか」
健「俺最初からずっと見てるけどあいつはずっと変わらず何かに祈ってる。他のJrは少しずつ変えたりしてるけど」
滝「何かこだわりがあるんですかね」
健「あいつも頑固だからな。名古屋行っても変わらずにあいつは祈り続けるんじゃない?」
滝「そうかもしれませんね」
(私は阿部ちゃんと林君ばかり見ていたのでふっかが祈っているシーンを全く見ていませんでした…ごめん。DVD買ったら確認するね←)
滝「前にほら、小さい女の子も見に来てくれていますよ」
健「ホントだ。誰が好きなの?」
客「タッキー」
健「タッキーだって!」
滝「ありがたいですね」
健「どこが好きなの?」
(2人が耳を傾けるも言っていない様子)
滝「今お母さんの通訳が入っています」
健「通訳というか、言わそうとしてる」
滝「言わそうとしてるw」
健「今、頭の中が真っ白で!とか。でもさー大丈夫なの?あんな小さい子が最前列に座っちゃって。これから大丈夫かなぁ。後ろの席座れるかなぁ」
滝「そこですか」
健「チケット取れたって?どこ?5列目?ダメダメ!最前じゃなきゃ!とか」
健「席どこぉ?後ろ?ダメ!無理無理!最前最前!」
健「2階席とかありえない!最前最前!ちゃんと最前を取れるように最善を尽くしたの?とか言って」
滝「あははは。そんなことはないとはおもいますけどね」
健「そうだね、そんな子にはならないと思いますけどね」
拍子木が何度も鳴る。
健「なんだよこのせんべいの蓋をたたいているような音は」
滝「せんべいって…!僕たちがね、最近ここの話が長いっていうことですよ」
健「そうなの?」
滝「この後も続きますので皆様楽しんでいってください」

ということで滝沢歌舞伎。
タッキーの女形は本当に美しいですね。所作も美しいしお顔も綺麗。慣れてますね。
健くんとのシーンもぽーっとしちゃうほど所作が美しくて。見惚れちゃいます。
最後にみんなで踊るシーン。素敵なんですけど上から落ちてくるカラフルな紙吹雪が舞うっていうより本当にドカッと落ちてくる感じで^^;何だかそればかり気になっちゃいました。Jr紙吹雪に押しつぶされてないか?って^^;
最後にみんながリボンを投げて回収するシーンがあるのですが、きっとここですよね。ビデオ撮りの日に健君がポーンって全部投げちゃってエアーでくるくるしてたってやつ。
それなら本当にやっちまったですね^m^でもそういうところも健君らしくて素敵で可愛いです(あばたもえくぼ)

第2幕
今までは全編鼠小僧でしたが、2幕もショーでしたねー。
ケンタッキーの蒼き日々がまた観れて嬉しかったです。この曲も大好き。
ケンタッキーが歌う歌はどれも大好き。ってどっちもエイベだもんな。そういえば私はV6の歌もタキツバの歌も大好きだったわ!(超今更)
そして五条大橋。ひーくんの弁慶、めちゃくちゃ似合うよね…体格がピッタリ。そしてタッキーが義経でしょースーツだったけど。あのシーンはKYO TO KYO思い出しますよね。私は生で見たことはないんですけど^^;あのシーンだけは何度も見たことがあります。
あの静止しての360度回転は凄いですよね。静止してる2人も凄いしずっと橋を動かしてる黒子のみなさんも凄い。桜が舞っていて綺麗なシーンでした。
そして2階で歌う林君ですよ…かっこよかった…歌声が素敵すぎました。
健ラヂでミュージカルに出演すると言っていたので観に行きたいなぁと思いました。でも、Jrの方のチケットの取り方が分からない・・・。
「Boogie Woogie Baby」を去年に引き続き今年も見ることが出来てすごく嬉しかったです!何だか去年よりもお衣裳が6人になじんでいる感じが^m^この曲大好きです。五関様の振付も素敵ですよね。脱アクロバット。で、トリダンスでしたっけ?^^;私もニコニコしながら拍手してました(迷惑)
腹筋太鼓も2幕での披露。すっかり忘れてました^^;
あれは本当にきつそうですよねぇ…
裸のみなさんの筋肉の隆々さよ…そしてひーくんだけ異常にマッチョだったんですけど^^;逆三角形…去年より凄かった。あれか、SASUKEのせいもある?
ケンタッキーはかわらずぐるぐる。あれは何度見ても凄い…。
そしてキター!!!「逆転ラバーズ」!
ケンタッキーが来る前にJrが旗を持っていて「KEN☆Tackey」とか「新曲」とか書かれているから^m^次だ!って思いましたよね。
WSで少し聞いていたので思いっきりのアイドル曲だということは分かっていましたが、まーなんて可愛らしい曲!!ザ☆アイドル!キラッキラした曲でした。
それを38歳と36歳の綺麗なおじさんが歌うんですよ!もう最高じゃないですか。2人はキラキラした曲が似合います。また向かい合うシーンも多くて二人で笑顔で歌っているのもまた可愛い。バックのJrも笑顔。もう見ていて幸せになれる曲です。早くCDが欲しい。いつになりますか?何枚買えばいいですか?←
そしてもう第2幕も後半になってからの鼠小僧。もうないかと思いましたよ。いや、ネタバレみたりされたりしてたからある事知ってましたけどね^^;時間がないから最初ざっくりした説明でしたねー。去年と一昨年私は見てるから分かりますけど、見ていない人は紹介されていないすののメンバーが何役かわかんないよね。だて様と阿部ちゃんとか。
今回は短い分おまるさんが大活躍というか独り舞台というかなんか凄かったですね^m^上手いですよね。立ち回りがホント上手い。
今回は映像でざっくり説明して、いつもで言う割とラストのシーンから始まります。鼠小僧が上の方で語るところから。しんみり語っていたらすぐにおまるさんがやってきて
「ちょっとー!!ここいつものラストシーンじゃない!これからやるの?もう終わっちゃうじゃない!ちょっと!!早く下りて来なさいよ!時間がないから!!」
と、鼠小僧を催促します^^
「2秒で降りる」
と言いつつすんごいゆっくり下りてくる鼠小僧(笑)
「遅いー!!すんごい遅いー!!尺とってる―!!」
と叫ぶおまるさん。下りてきて、ワイヤーを付ける金具?をブラブラさせながら「ほら、取れよ」という鼠小僧^m^「分かってるわよ!ぶらぶらさせないでよ!!」と怒りながら取るおまるさん。もうこのやりとり天才。
しかもここで「何でこのシーンからなの!あなたが2幕でもやりたいことを詰め込み過ぎて時間が無くなったからこうなったんでしょ?!」と言われ鼠小僧が「ダメか?」と低い声で言ったのに対し「私は悪いとは思っていないわむしろ良かったと思ってる!」って早口で言い返したのとか流石すぎて笑って拍手しました^^
そしてなべろうが登場するのですがここで鼠小僧より悲しいお知らせ。
今回はなんともう1匹犬が!ダルメシアンのガン太郎が登場!
まー佇まいがかっこいい!^m^強烈に嫉妬するなべろう。そして時間がないから巻けと鼠小僧とおまるさんに手をぐるぐるされるなべろう。報われないね…でも去年相当美味しかったよ。
まあ今回1番美味しかったのはおまるさんですよね。おまるさん劇場ですよ。
叫ぶしアドリブは上手いし最高でしたね。最前列の女の子に対して怖がってるだろと鼠小僧に言われても「大丈夫!人間よ」って返すおまるさん最高。
そしてバカ殿がさらっと登場して岡っ引きたちもさらっと登場して水のシーン^^いや、本当にさらっとだったんですよ。さらっとだったけどハセジュンは時代劇っぽい衣装似合うね。
さらっとしすぎて感情移入も何もなかったのが少し残念だったかな。一昨年は兄弟だって知らなかったから最後の展開では涙したような…。
ラストの「WITH LOVE」と「LOVE」は同じ。でもすのが鼠小僧での格好で挨拶したのは新鮮というか凄いなと思いました^^これはひーくんも雑誌で試練とか何とか言っていましたよね。ガン太郎で挨拶。素敵でした^^
最後は白い衣装で皆が踊っているのが本当に素敵でした。健君がふんぞりしてケンタッキーで並んでいるシーンが大好きです。

駆け足で感想を書いてしまいましたが、今回も見ることが出来て幸せでした。
どのショーも面白くて圧巻で楽しかったです。
でも、初見の人はびっくりしちゃうかもしれませんね。たくさん詰め込まれているから^m^鼠小僧の全体像が分からないと今回の舞台は分からないかも。
それでも、色んなことに挑戦して実現して披露するというのが滝沢歌舞伎の醍醐味なのかなと思います。
3時間があっという間で2幕に入る時点で寂しさを感じていましたが。
本当に幸せでした。幸せな時間を、ありがとうございました!!