夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2012-03-15)
販売元:Amazon.co.jp

想いびとである小松原と添う道か、料理人として生きる道か…澪は、決して交わることのない道の上で悩み苦しんでいた。「つる家」で料理を旨そうに頬張るお客や、料理をつくり、供する自身の姿を思い浮かべる澪。天空に浮かぶ心星を見つめる澪の心には、決して譲れない辿り着きたい道が、はっきりと見えていた。そして澪は、自身の揺るがない決意を小松原に伝えることに―(第一話「冬の雲雀」)。その他、表題作「夏天の虹」を含む全四篇。大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、“悲涙”の第七弾。

久しぶりに、小説を読んで号泣しました。涙が止まらなかった…辛い…哀しすぎる…
このシリーズの最初の頃も、澪たちの境遇が辛すぎて悲しいと思ったけど…それとはまた違う辛さでした。
前回のつづきで、小松原様と添い遂げるのか料理人としての道を歩むのか、その選択は予想はしていましたけど、それからのことも本当に切なくて、悲しかったです。小松原様の最初で最後の「澪」と言った言葉が胸に来ます…
そして表題作。
ドラマ化された際のあらすじか何かを見たか読んだかしてしまったので、又次の事は何となくわかってしまっていました。でもそれがいつのことになるのか分からなかったので、あぁ…今回だったかと読んでいて感じました。
私、勝手に又次はおじさんだと思っていたんですよね^^;でも、りうさんがやたらと色目を使っていたから←若い人だったのかと思ったんですよね。
今回は2か月も一緒にいるから、本当に家族みたいで、種市さんがお父さんでふきが娘みたいなそんな雰囲気がとてもよくて。でも良ければよいほどなんかフラグを感じてしまって…あぁ、また涙が出そう。
「つる家」のみなさんは本当に辛い想いばかりしているけど、それでもそれを乗り越えて小さなことにも幸せを感じることが出来る。人と人とのつながりを大事にできる。
当たり前であることの幸せを改めて感じ、伝えてくれる物語だと思います。
あと3冊。慈しむような気持ちで読み進めていこうと思います。

<角川春樹事務所 2012.3>H30.3.23読了