心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2011-08-10)
販売元:Amazon.co.jp

酷暑を過ぎた葉月のある午後、翁屋の桜主伝右衛門がつる家を訪れた。伝右衛門の口から語られたのは、手を貸すので吉原にて天満一兆庵を再建しないか、との話だった。 一方登龍楼の采女宗馬からも、神田須田町の登龍楼を、居抜きで売るのでつる家として移って来ないか、との話が届いていた。登龍楼で奉公をしている、ふきの弟健坊もその店に移して構わないとの事に、それぞれが思い揺れていた。つる家の料理人として岐路に立たされた澪は決断を迫られる事に―― 野江との再会、小松原との恋の行方は!?

久しぶりになったこのシリーズ。第6弾。
何だか展開が目まぐるしくて読む手が止まりませんでした。
最初のお話では大きな選択を迫られたつる家。どちらを選んでも誰かの夢が絶たれてしまう。澪が選んだ道は正しかったのだと思いました。誰に何と言われようと自分が信じた道を進めばいいと思います。自分の器を大きくする。素敵な言葉です。
と思ったら終盤につれて更なる大きな展開が!
妹さん…行動的〜。そしてお母様、病状が悪化していたのですね。以前会った時も具合が悪そうだったけど息子と澪は身分が違うから諦めなさいと言っていたのに…。
好きな人と添い遂げることが出来るのは幸せなことだけど、そのために大好きな料理を手放すことまでしていいのか…。澪自身の幸せも望んでいるけど、お寮さんや種市さんやふきや野江ちゃんの想いも叶えたい…。と、読んでいても思いました。
そして源斉先生…切なすぎる…。
早く次が読みたいです。

<角川春樹事務所 2011.8>H30.3.6読了