その絆は対角線 (日曜は憧れの国) (創元推理文庫)その絆は対角線 (日曜は憧れの国) (創元推理文庫)
著者:円居 挽
東京創元社(2017-10-21)
販売元:Amazon.co.jp

内気な性格に悩む中学生の千鶴は、自身を変えるための新しい挑戦として、“憧れの国"と呼ばれる四谷のカルチャーセンターに通い始める。そこで出会ったのは、性格も学校もばらばらだけれど、似たような悩みを抱える桃、真紀、公子。なぜかいつも講座でささやかな謎に遭遇する彼女たちは、時にぶつかり合い、時に支え合いながら、事件を通して内面を見つめ直していく……。芸術講座で聞いた、死の間際に骨董コレクターが取った不可解な行動。創作講座で絶賛された作者不明の原稿。不思議な謎を解き明かしていくたびに、少女たちは成長する。温かく優しい筆致で描いた青春ミステリ第2弾。

シリーズ化されるとは思いませんでした。「日曜は憧れの国」の続編です。
カルチャーセンターで出会った学校が違い、性格も全く違う4人。その4人が出席したそれぞれの講座で不可解な出来事に遭遇します。それを解決していくお話です。
まあ真相を解明するのは大体聡明な三方公子なのだけど、今回は4人とも我が我がという感じで、前回よりも積極性が上がったような気がします。そして思い思いに意見をぶつけていくようになってより友達感が増してきたような気がしました。
今回終始登場したエリカ先生。千鶴に向けた言葉は私も少し感動したのだけど、最後まで関わることになるとは思わなかったです。なるほど。
これから4人の関係はどうなっていくんだろう。境遇が違うからもしかしたら中学生の間だけかもしれない。それでも、境遇が違う事で新しい発見をしていることが伝わるので、もう少し4人の活躍を読みたい気もします。

<東京創元社 2017.10>H30.2.2読了