小夜しぐれ (みをつくし料理帖)小夜しぐれ (みをつくし料理帖)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2011-03-15)
販売元:Amazon.co.jp

季節が春から夏へと移ろい始める如月のある日。日本橋伊勢屋の美緒がつる家を訪れ、澪の顔を見るなり泣き始めた。美緒の話によると、伊勢屋の主・九兵衛が美緒に婿をとらせるために縁談を進めているというのだ。それは、美緒が恋心を寄せる医師、源斉との縁談ではないらしい。果たして、美緒の縁談の相手とは!?――(第三話『小夜しぐれ』)。表題作の他、つる家の主・種市と亡き娘おつるの過去が明かされる『迷い蟹』、『夢宵桜』、『嘉祥』の全四話を収録。恋の行方も大きな展開を見せる、書き下ろし大好評シリーズ第五弾!!

シリーズ第5弾。今回は割と安心して読めたかな。いつも澪たちの身に酷いことが起きるから、読むのが辛かったんですけど…
それでも「迷い蟹」は切なかったです。種市の亡き娘のおつるさんが亡くなってしまった経緯…それは辛い。本当に辛い。つる家の人たちはどうしてこんなに辛い想いばかりしているのでしょう。だからこそ、人に寄り添い、また優しさも感じるのですけど。種市が思いとどまってくれてよかったです。
そして「小夜しぐれ」美緒にも、美緒の父親にも勘違いされているけどこのままでよかったんでしょうか…。まあこの時代19歳だったら遅いくらいなのかもしれないから良かったのかもしれませんけど…。でも美緒の事を気にかけてくれる人だからきっと幸せになれますよね。
個人的には「嘉祥」が1番好きでした。澪が登場しない小松原(小野寺)の周りの出来事。竹馬の友との会話や妹との会話が何だか可愛らしかったです。お菓子についてひたすら考え、その中で澪が呟いた煎り豆で菓子を作ろうとする小松原。何だか微笑ましくて切なかったです。妹が言ったつぶやきが、真実になれば良いな。
他にも吉原のことやお芳の息子のことも少し登場しましたね。
あと5冊を楽しんで読んでいきたいと思います。
にしても21歳で大年増とは…。今の私はじゃあなんだろう、おばあさんかなミイラかな←

<角川春樹事務所 2011.3>H29.3.28読了