メシマズ狂想曲メシマズ狂想曲
著者:秋川 滝美
小学館(2016-11-15)
販売元:Amazon.co.jp

滝田和紗、34歳。独身。彼氏の作り方も料理の作り方もさっぱりわからないまま、キャリアを重ねて、気がつけば係長に。出世は早いけど、このままでは、仕事と心中してしまう!?女性としての幸せって何!?仕事と外食ばかりでは、体も心も疲れるばかり。ゼロから料理を始めたい!恋にだっておおいに興味がある!そんな30代ちょっぴりさみしい女子、必読の一冊!

この方の作品、ぼったくりシリーズ以外で初めて読んだのですが…。
なんというか、騒がしい内容でしたねー。まず主人公が本当に口が悪くてうるさい^^;きっと仕事はできるんだろうけど読んでいてちょっと消化不良になったかなぁ。そして料理…出来なすぎじゃない?いくらできなくてもお母さんがご飯作っているところを見てたら大体想像がつくような気がするんだけど…。
そしてここまで料理が出来ないのにモテますねこの人(妬みか?←)
最後は良かったねって思えたけど、主人公に感情移入できないまま、うるさくてせわしない人だなと思って読み終えた気がします^^;
ぼったくりシリーズであんなに美味しそうな料理をたくさん書かれているのに、美味しくないようにも見せられるというのはある意味凄いのか←

<小学館 2016.11>H29.2.27読了