本の時間を届けます本の時間を届けます
著者:篠賀 典子
洋泉社(2016-12-05)
販売元:Amazon.co.jp

私設図書館、古本屋、ひとり出版社…etc.
「本が好き」な女性たちが選んだ、「本にかかわる」自分らしい生き方――
南三陸の廃校で、瀬戸内の小さな島で、東京の下町で……。
本にまつわる仕事を自分で始めた女性たちの決断と、本にかける思いとは。
全国の個性派女性オーナー書店や本がつないで誕生したコミュニティも紹介!

タイトルに惹かれて手に取りました。様々な本好きの女性たちが本に関わる仕事をしている姿を拝見しました。いや〜…凄いです。凄すぎます。
登場する皆さんはもちろん年齢も雰囲気もバラバラなんですけど、それでも皆さん芯の強い人という印象がありました。皆がやったことがないことでも、悩んでも、えいや!とやろうと一歩を踏み出せる力がある。それって凄いことだと思います。強みですよね。
もちろんいろんな苦労をされているのだと思いますが登場する皆さんは今の仕事を楽しそうにされている姿がうかがえます。皆さん素敵です。
印象的だったのはほとんどの皆さんが30歳を過ぎてから新しいことを始めたということ。32歳にして色々考え中の私にとってとても励みになりました。
何歳になったって、やりたいことはあるし、挑戦したっていいんだって思わせてもらいました。こちらに登場した場所はすべて行ってみたいと思いましたが、難しそうなところも多そうです^^;東京近辺ならいけるかな。1番古本バルに行ってみたいです!お酒飲めないけど、いいかな…。
自分が住んでいる場所以外で行きたい場所が増えるというのも旅行好きとしては嬉しいです。仕事に対してのやる気と元気をもらいました!最近しょっちゅう言ってるけど、私もなりたい自分になれるよう、頑張る!

<洋泉社 2016.12>H29.2.10読了