今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2010-09-15)
販売元:Amazon.co.jp

月に三度の『三方よしの日』、つる家では澪と助っ人の又次が作る料理が評判を呼び、繁盛していた。そんなある日、伊勢屋の美緒に大奥奉公の話が持ち上がり、澪は包丁使いの指南役を任されて――(第一話『花嫁御寮』)。戯作者清右衛門が吉原のあさひ太夫を題材に戯作を書くことになった。少しずつ明らかになってゆくあさひ太夫こと野江の過去とは――(第二話『友待つ雪』)。おりょうの旦那伊左三に浮気の疑惑が!? つる家の面々を巻き込んだ事の真相とは――(第三話『寒紅』)。登龍楼との料理の競い合いを行うこととなったつる家。澪が生み出す渾身の料理は――(第四話『今朝の春』)。全四話を収録した大好評シリーズ第四弾!

前回読んでから時間が経ってしまいました。何だか不意に思い出して読んでみました。
多分澪の境遇が読んでいて辛くてだからちょっと止まっちゃったのかな^^;でも今回は割と安心して読めました。
ただ、今回小松原の正体が分かって、予想はしていたけど叶わぬ恋だったんだなということも分かって、切なかったですね。それでもあの女性の言葉はただ突き放しているだけではないと思いました。
澪が料理の事を考えて幸せそうなところが私は凄く好きです。澪は本当に料理人になるべくしてなったんだなぁということを改めて感じます。まあ、きっかけは辛いものだったかもしれませんけども…。
あさひ太夫のことが本になってしまうとハラハラしていた澪がそもそも野江が花魁となってしまった元凶の男に放った言葉がかっこよすぎました。澪をお嫁にもらいたい…。
カメよりも遅いくらいのゆっくり具合ですが読み進めていこうと思います^^

<角川春樹事務所 2010.9>H28.12.16読了