十二人の死にたい子どもたち十二人の死にたい子どもたち
著者:冲方 丁
文藝春秋(2016-10-15)
販売元:Amazon.co.jp

廃業した病院にやってくる、十二人の子どもたち。建物に入り、金庫を開けると、中には1から12までの数字が並べられている。この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にする決まりだった。初対面同士の子どもたちの目的は、みんなで安楽死をすること。病院の一室で、すぐにそれは実行されるはずだった。しかし、十二人が集まった部屋のベッドにはすでに一人の少年が横たわっていた。彼は一体何者なのか、誰かが彼を殺したのではないか。このまま計画を実行してもいいのか。この集いの原則「全員一致」にのっとり、十二人の子どもたちは多数決を取ろうとする。俊英・冲方丁がデビュー20年目にしてはじめて書く、現代長編ミステリー!性格も価値観も環境も違う十二人がぶつけ合う、それぞれの死にたい理由。彼らが出す結論は―。

うーん…。内容としては悪くなかったのだけど…。
終始まどろっこしかったかなぁ。12人もいるから仕方がないのかもしれないけど、誰かが話進めれば誰かが遮るっていうパターンが何度も続いて読んでいてイライラすることが何度かありました^^;
何を言ってるんだろうこの子はとイラつくこともありましたし、何だかイラついてばっかりだな。特に女性陣は何人か本当に頭がおかしい子がいたから←辟易してきました。
12人が死のうとしている中で見えてきた色々な出来事が段々解決へ導かれて行ったのは良かったかな。
結末も何となく予想通りだったけどそれはまあ良かったのかなぁ。
にしても散々引っ張っておいてアンリの独演会が始まった途端みんなが「死」に執着しなくなったのが面白かったかも。
死にたくて生きていたくなくてしょうがないと思っていても、他人に話したらなんだそんなこと?って思われてそう思ってきちゃう場合もあるかもしれないんだなぁと読んでいて思いました。
終始好印象だったシンジロウは置いておいて、私は割とセイゴが好きだったかな。見た目はなんとなく怖そうだけど中身はいい子なんだろうなと思いました。

<文芸春秋 2016.10>H28.12.1読了