キノの旅 (19) the Beautiful World (電撃文庫)キノの旅 (19) the Beautiful World (電撃文庫)
著者:時雨沢恵一
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス(2015-10-10)
販売元:Amazon.co.jp
記念すべき15周年に贈る、キノとエルメスの旅の物語。最新19巻が登場!
「師匠は言った。"私の長い旅の中でも、最も印象に残っている国の一つだった。あの国のことは、忘れようとしても忘れられない"って」「なるほど。あのお師匠さんが詳細を語るのをもったいぶるくらい、とても素晴らしい国だったんだね! 」「または、一生忘れられないほど酷くて酷くて、ボクに伝えることすら憚られるほど、本当にどうしようもない国だったか……」「でもさ、すでにそれ以外に、どうしようもない国の話をたっくさん聞いているよね。すると、それら以上?」「うーん……。そうなると、もはや想像がまったくつかないね。なんにせよ、そこにボクがもうすぐたどり着けるというのは、嬉しい」
キノが言った時、城壁が遠くに見え始めた。
「さあて、どんな国だろう?」
キノが楽しそうに言って、エルメスのアクセルを開けた。
(「美しい記憶の国」他全12話収録)
"あとがき"は15周年スペシャル×××××!!

キノの旅19弾。続きますね〜。
今回もなかなか一筋縄ではいかない国がたくさんありました。
印象に残った国をちょこちょこと。
「美しい記憶の国」
師匠が最も印象に残っていると言っていた国。でも師匠は内容を一切教えてくれなかった。それはなぜか。…うん、納得^^;でもまあ良かったんなら良かったんじゃないかな←
「守る国」
ある人が自分の人生を懸けて守った木。
それは良い話だなぁと思ったのですがティーがまさかの行動に。
ティーがその行動に出たきっかけが素晴らしいなと思いました。国全体が騙されていたんですね。気づいて良かった。
「助けに来た国」
フォトがとある団体と同行して過ごした日々。そこで出会った人々。
何となくそんな予感がしてたんだよなぁ。
時間が経ちすぎていたのか…。これでよかったのだと思うけど、切なかったです。
そしてあとがき。
あとがきぶっ飛んでたなぁw
ティーの未来は明るかったけどシズ様が…シズ様が…www
そんなシズ様も見たいような見たくないような^m^
シズ様が見た未来も気になりました。

<アスキー・メディアワークス 2015.10>H28.6.15読了