GOSICK〈6〉ゴシック・仮面舞踏会の夜 (富士見ミステリー文庫)GOSICK〈6〉ゴシック・仮面舞踏会の夜 (富士見ミステリー文庫)
著者:桜庭 一樹
富士見書房(2006-12)
販売元:Amazon.co.jp

謎の修道院“ベルゼブブの頭蓋”から辛くも脱出したヴィクトリカと一弥は、豪華列車オールド・マスカレード号で、一路懐かしいソヴュールへ。そこで出会った乗客たちは、それぞれ奇妙な名乗りを上げる。“死者”に“木こり”、“孤児”に“公妃”。やがて起こった殺人事件、三つの嘘とひとつの真実、いや、もしかしたら、すべてが…?誰もが誰かを演じる仮面舞踏会の夜、深まる混沌にヴィクトリカの推理が冴えわたる。

前作でヴィクトリカをベルセブブの頭蓋から救い出してはぁ〜良かった。って思ったらその帰りの列車でまたしても事件に巻き込まれた一弥とヴィクトリカ。
列車で出会った誕生日をもらいに行くと言った暗い顔の「孤児」柔らかな雰囲気の「公妃」妹を探しているという「木こり」見た目は無骨だが博識な「死者」不思議な人たちと出会い、一緒に過ごしながら目的地へ向かう。
それぞれ皆さんの素性も興味深かったですけど、今回良かったのはヴィクトリカの一弥への想いを聞けたことかな。
そんなことを思っていたのか!!ってキュンキュンしちゃいました。
そういえば2人は占いで離れてしまうと言われていたけど、心は離れていなくても、やっぱり一緒じゃないとダメですよね。
2人がこれからもずっと一緒にいられます様に。

<富士見書房 2006.12>H27.9.27読了