GOSICK(5) ―ゴシック・ベルゼブブの頭蓋― (富士見ミステリー文庫)GOSICK(5) ―ゴシック・ベルゼブブの頭蓋― (富士見ミステリー文庫)
著者:桜庭 一樹
富士見書房(2005-12-10)
販売元:Amazon.co.jp

夏の終わり、山間に位置する聖マルグリット学園を少し早い秋の訪れを感じさせる、涼しい風が吹き抜ける。それは、ある少女の不在を皆に告げているようでもあった―。学園から突如いなくなった金色の妖精・ヴィクトリカ―リトアニアに存在する〈ベルゼブブの頭蓋〉と呼ばれる修道院に軟禁され、生命の危機に瀕していると聞いた、東洋からの留学生・久城一弥は、自らヴィクトリカを迎えに行くことを申し出る。大きな力を持ちながらも、生きることに苦しんでいる小さな少女を助けるために。豪華大陸横断列車〈オールド・マスカレード〉で知り合った、奇妙な乗客たち。そして、ファンタスマゴリアと呼ばれる謎の夜会で巻き起こる殺人事件。徐々に大戦とそしてその裏側で進行する謎が明らかに。果たして、一弥はヴィクトリカを無事助け出すことができるのか?ゴシック・ミステリー第五弾。

いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜もう可愛いっ!!!2人が可愛すぎます!
夏休みを終える直前に突然いなくなってしまったヴィクトリカ。
お互いに離れている間に思い合っている姿がもう可愛すぎます。
ヴィクトリカがブロワ伯爵に道具扱いされて、生きる意味が分からないと思っている時に行った一弥の言葉。相思相愛じゃないですか。
2人がベルゼブブの頭蓋で巻き込まれた事件はひどいものだったけど、改めて2人がお互いの大切さを知ることが出来て良かったと思います。
それに、とても重要な人物も登場しましたねー。
これからの展開がとても気になります。
最後もえ!?と思う終わり方で^^;
次も早く読まなくては。
勿体ないと思って何年も本棚に眠らせていた私のばか!←
当たり前ですけど、読まないほうがもったいないですよね。

〈富士見書房 2005.12〉H27.5.7読了