想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2010-03)
販売元:Amazon.co.jp

土用の入りが近づき、澪は暑気払いに出す料理の献立に頭を悩ませていた。そんなある日、戯作者・清右衛門が版元の坂村堂を連れ立って「つる家」を訪れる。澪の料理に感心した食道楽の坂村堂は、自らが雇い入れている上方料理人に是非この味を覚えさせたいと請う。翌日、さっそく現れた坂村堂の料理人はなんと、行方知れずとなっている、天満一兆庵の若旦那・佐兵衛と共に働いていた富三だったのだ。澪と芳は佐兵衛の行方を富三に聞くが、彼の口から語られたのは耳を疑うような話だった―。書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、待望の第三弾。

今回もまた嫌がらせやら何やらかんやらありましたねぇ…。もう読んでいて凄く辛かったです。澪のために売った簪。戻ってきて再びお寮さんの元に戻ってきた嬉しさ。戻してくれた種市さんの優しさ。それにほっこりしていたのに。どうしてこんなにつらい思いをしなければならないんだろう。嫌がらせだって澪たちは何も悪いことはしていないのに…でも分かる人はちゃんとわかってくれていましたね。味方もだんだん増えてきて、心強かったです。
そして澪が吉原に行った時の出来事。仕事の休憩中に読んでいるんじゃなかったら泣いてました。泣きたかった。野江ちゃーーーん!!って私が叫びたかった←
野江ちゃんのことも小松原さんとのこともじれったくてたまりませんが、料理が一番の澪なんだからしょうがないですよね。気長に読んでいこうと思います。まだ7冊もあると思えるのも嬉しいです。
最後のふきと健坊の話もハラハラしましたけど本当に良かった。みんないい人たち。みんな幸せになってほしいなぁ。

〈角川春樹事務所 2010.4〉H26.8.20読了