花散らしの雨 みをつくし料理帖花散らしの雨 みをつくし料理帖
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2009-10-15)
販売元:Amazon.co.jp

元飯田町に新しく暖簾を掲げた「つる家」では、ふきという少女を下足番として雇い入れた。早くにふた親を亡くしたふきを、自らの境遇と重ね合わせ信頼を寄せていく澪。だが、丁度同じ頃、神田須田町の登龍楼で、澪の創作したはずの料理と全く同じものが「つる家」よりも先に供されているという。はじめは偶然とやり過ごすも、さらに考案した料理も先を越されてしまう。度重なる偶然に不安を感じた澪はある日、ふきの不審な行動を目撃してしまい―――。書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、待望の第二弾!

第二弾を読みました。
あらすじを読んでもう読むのが辛くなってしまったんですけど…読みました。
どうして澪にばかりこんな困難ばかりやってくるのでしょう。
それなのに、澪は本当に強くて健気な子です。強くならざるを得なかったとも言えますが…
ふきとの関わりは懐の深さを感じましたし、清右衛門との会話は面白かったし、あさひ太夫との関わりには涙が出そうでした。美緒との会話も良かった。
そして料理がまたとてもおいしそうです。特にこぼれ梅。食べてみたくなりました。
おりょうさんと太一君もどうなることかと思ったけど、良かった…
第3弾も読みますよ〜。もう少しで完結編が出ちゃいますからね^^

〈角川春樹事務所 2009.10〉H26.8.1読了