ペテロの葬列ペテロの葬列
著者:宮部 みゆき
集英社(2013-12-20)
販売元:Amazon.co.jp

『誰か』『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズ、待望の第3弾!
今多コンツェルン会長室直属のグループ広報室に勤める杉村三郎が主人公の現代ミステリー!
杉村はある日、拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇。警察の突入そして突然の拳銃の暴発で犯人は死亡、人質は全員無事に救出され、3時間ほどであっけなく事件は解決したかに見えたのだが―。
しかし、そこからが本当の謎の始まりだった! そのバスに乗り合わせた乗客・運転手のもとに、ある日、死んでしまった犯人から慰謝料が届く。
なぜすでに死んでしまった、しかも貧しいはずの老人から大金が届いたのか?
そしてそれを受け取った元人質たちにもさまざまな心の揺れが訪れる。警察に届けるべきなのか? それとも・・・?
事件の真の動機の裏側には、日本という国、そして人間の本質に潜む闇が隠されていた!
果てしない闇、そして救いの物語!

ネタバレ注意

救いなんてないわ!といきなりツッコミ。
密林の意見で女性は理解できるかもしれないけど男性は理解できないって書かれているのを見て、女だって全く理解できんわ!!と思いましたよ。
全体的に長いなとは思ったんです。老人がバスジャックを起こし、それに巻き込まれた杉村。そしてその事件が終結し、更にそのあとに届いた慰謝料。その問題まではいいんです。
でも、そこで終わればいいのにそのあとにも事件は起きるし更にそのあとの事件じゃないけど杉村にとっては大事件はいる??
なんとなく菜穂子のことは予感はしてたんですよ。文章からそうじゃないかなーって思った部分はあったのですが、それにしたって杉村が気の毒でなりません。
じゃあ読むなと言われればそれまでですがこのシリーズはいつも後味が悪いですよね。
それでも面白いから読んでいたのですが今回の最後はあんまりです。
何が自立だ、大人だ、成長だ。ただの傲慢じゃないか。
それで勝手に成長させてくれてありがとうなんて言ってきれいさっぱりさせようとしていて杉村が気の毒でなりません。それこそたくさんのことを犠牲にして来たのに最後は本当に何?!義父も結局は娘には甘かったということですよね。杉村を踏み台にしたと言っても過言ではないと思います。
杉村には結局何が残ったの?もう切なくて悲しくて…身体の弱い(と言っている)奥様をぶん殴ってやりたかった(やめなさい)
このシリーズは続くのでしょうか…この次の杉村も見たい気もするけど悲しくてならない。あのお嬢様がすんごい苦労してればいいと思うけど、どうせ後ろ盾が強いからねー
…言いたい放題言っててすみません。
最初は本当に面白かったんですよ…面白かったんです。
でも今はもやもやが晴れることがありません…

〈集英社 2013.12〉H26.4.10読了