悪意 (講談社文庫)悪意 (講談社文庫)
著者:東野 圭吾
講談社(2001-01-17)
販売元:Amazon.co.jp

人はなぜ人を殺すのか。東野文学の最高峰。
人気作家が仕事場で殺された。第一発見者は、その妻と昔からの友人だった。
逮捕された犯人が決して語らない「動機」とはなんなのか。超一級のホワイダニット。
加賀恭一郎シリーズ。

ネタバレあります

読みました。いや〜面白かったです!見事に騙されました。
凄いですね、とにかく凄い。
物語の最初の方で、犯人はあっさりと捕まります。
でも、犯人は動機を話しません。警察はその動機を知ろうと捜査を進めます。
そしてその動機を警察は突き止め、犯人は自供します。
それで事件は解決かと思いましたが、ただ一人だけ何だかわからない違和感を感じます。それが加賀刑事です。
加賀刑事のシリーズは初期の「卒業」「眠りの森」を読んで、そこから「赤い指」以降しか読んでいなかったので中盤がちょっと抜けてたんですよね。
なので加賀刑事が学生時代に刑事になろうか教職に就こうか悩んでいて、結果刑事になっていることしか知らず、数年だけ教師だったことがあることは知ってはいましたが自分が読んでいたから知ってるんじゃなくて噂でしか知らなくて。
教師を選んだのにどうして数年で辞めたのか、それを知りませんでした。でも、この作品を読んで教師だったことと、教師を辞めた理由も明らかになりました。
いじめの対応に正解はないですよね。難しい問題だと思います。
この作品は1996年の作品ですが、今読んでも課題は全く変わっていないように思います。
この事件の真実を見つけ出した加賀刑事は本当に素晴らしいと思います。でもそれは、加賀刑事自身が教師だった頃にいじめについて経験をしたからなのかなとも思います。
すっかり騙されましたもん。憎らしい、腹が立つと思っていた相手が二転三転しました。
読めて良かったです。

〈双葉社 1996.9
  講談社 2001.1〉H24.11.23読了