ヒア・カムズ・ザ・サンヒア・カムズ・ザ・サン
著者:有川 浩
新潮社(2011-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説。大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく。有川浩meets演劇集団キャラメルボックス。小説×演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光。

最初どういう事なのかわからなかったのですが^^;小説版と舞台版があって、2作目が舞台の設定と同じで小説バージョンになった作品という事ですよね。
登場人物が同じなのにパラレル設定のような形になっているのが何だか新鮮でした。
どちらが好きかと言われれば…有川さんが書かれた小説バージョンかなという気がします。どちらも好きですが。
真也の能力は要はサイコメトラーってことだよね?と思ったら舞台版の方で思いっきり言ってましたね^^;某ドラマを思い出しましたが。
2人のカップルという形は舞台版のほうが好きだけど、全体的には小説版かな。
でも、どっちの白石晴男も嫌いだけど。
家族を犠牲にしてまでそこまでして夢を追い続けなきゃいけないのかな。なんて思ってしまった。家族がいないなら良いけど、いるんだもの。それなのに自分のことばかり考えてしばらくたって冷静になってから後悔して。身勝手だ。
…あれ?厳しい^^;私がそんなに熱意を持って夢を追いかけていなかったから冷めてるんだろうか。
小説の方の最後は大賛成!あの人は自分の戒めをもっと早くから解いて良かったと思う。読んでいて切ないくらいでした。
それにくらべてどちらの真也も素敵でした。
多分、自分の能力のことでいろいろ苦労したから、人の気持ちが分かるから、どうにかしたいという思いがあるのかなと思いました。
実際に公演された舞台も見てみたかったなと思います。

〈新潮社 2011.11〉H24.1.6読了