妖怪アパートの幽雅な日常(10) (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(10) (YA!ENTERTAINMENT)
著者:香月 日輪
講談社(2009-03-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「妖アパ」驚嘆と感動の最終巻! 高校卒業を目前に長谷の祖父が亡くなった。その後に残された執念が恐ろしい形となって二人の目の前に現れるが、立ち向かう二人はさらに絆を深め、逞しく成長する。

ついに最終巻。早いですね。
最後は夕士の高校生活最後の話なのかと思ったら思わぬ方向へ行ったので、どうなるんだろうとこれまた気になってあっという間に読んでしまいました。
改めての夕士と長谷の友情を再確認できたような気がしました。
凄いな〜あんな切羽詰った時自分だったらどうするんだろうって考えちゃった。
で、その友情の部分に関しては良かったのだけど。
う〜ん。9巻までかけて夕士がいろんな選択を迫られて選択してきたわけだけど、それが尻切れトンボみたいな感じになっていて私も夕士と同じようにぽかんとしてしまったな〜と思う。
ちゃんとしっかり高校生活3年間を描いてきたのだからちゃんと受験して送別会をして卒業式をしてほしかった。
長谷の問題だけではなくて夕士の最後の3学期も書いてほしかったなと思う。クリの最後のくだりもちゃんと書いてほしかったなと思う。
こうしてほしかったってことばかり言っていますが^^;
夕士のその後も何だかいろいろ怒涛な展開でしたねぇ…。
怒涛な展開すぎてついていくのが大変でした。
良かったんだけど、これで最後かと思うとちょっとだけ残念な気もしました。
面白かったんですけどね。うん。
番外編とか、出してほしいなぁ。
まだまだ詩人さんや画家さんや古本屋さんや龍さんから、ありがたいお話を聞きたい。

〈講談社 2009.3〉H23.12.4読了