妖怪アパートの幽雅な日常(8) (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(8) (YA!ENTERTAINMENT)
著者:香月 日輪
講談社(2008-01-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

運命に翻弄されながらも立ち向かう夕士! 若いうちの遠回りは心を豊かにしてくれると思った夕士は、就職活動をやめて大学進学をめざす。一方、魔道士としても生きる覚悟を試されるような事件が!

第8弾です。
早く働きたいと言っていた夕士君が大学進学を目指します。
ついに高校3年生になりました。最高学年、最後の1年ですね。
何だかまだ終わっていないけど感慨深さを感じました^^;
行事の一つの遠足を終えて夏休み。
バイトと修行と進学を決めたために長谷のスパルタ勉強と大変な日々を過ごしていた夕士ですが、1日だけのんびり過ごすことになった日に大きな出来事と遭遇します。
きっと千晶先生にはいつか本当のことを言うときが来るんだろうなと思いましたが、やっぱり告白しましたね。
千晶先生も夕士も凄いです。
人のために犠牲になってはいけないと思うけど、自分を挺して人を守るってなかなかできることではないですよね。
本当に立派でした。
なのに!
なんですか、あの青木先生の集団は!
その場にいなかったからってよくあんなことを言えますね。
嫌いな人はどう頑張っても分かち合えないっていうことでずっとそんな感じですけど、これから事件とかないのかしら。うがー!!腹立つ!
早く青木先生を取り巻く集団が目が覚めて青木先生が一人ポツンといるところを見たいです^m^←性格悪っ!
最後のチューのくだりは面白かった。確かに田代たちが萌えるのはわかる気がします・・・。

〈講談社 2008.1〉H23.11.20読了