天才探偵Sen μ袖椰綢牡 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)天才探偵Sen μ袖椰綢牡 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級?)
著者:大崎梢
ポプラ社(2011-06-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

校外学習の水族館で、半魚人が現れた!! しかも館内では信太郎と香奈が行方不明になり……。
都市伝説か、陰謀か。不思議と謎をふくんだ場所で、天才探偵が明らかにした真相とはーー。
「配達あかずきん」で人気の大崎梢がおくる唯一の児童書シリーズ、大人気の秀才探偵、第6巻です!

5巻を読み終えた後にちょっとだけでも読もうと思ったのが失敗でした。
読む手が止まらず、夜更かしして読んでしまいました。
今回はついにさつき町を飛び出して校外学習に来ます。
かつてさつき小にいた友海が、水族館で半魚人が出ると小学校で噂になっているから正体を突き止めてほしいと香奈に相談を持ちかけます。
その半魚人の絵がものすごく怖くてビックリしました^^;
舞台の水族館の構造も犯人の動機も行方もお見事でした。
いつもは3人一緒だけど、香奈が行方不明になって千君がちょっと動揺している姿が見れて新鮮でした^m^
信太郎も今回は活躍しましたよね。
これを機に水族館を好きになればいいんだけど。
水族館の人たちの人間模様もちょっとドキドキして面白かったです^^
あっという間にシリーズ6冊、読んじゃったな〜。
次出るのは来年かな。
早く出てほしいな。待ってます^^

〈ポプラ社 2011.6〉H23.11.14読了