劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺

青山剛昌原作の人気TVアニメの劇場版第11弾。
南の島を舞台に、海賊が遺した財宝伝説を巡って引き起こされたトレジャー・ハンター殺人事件の謎に挑むコナンの活躍を描くミステリー・アドベンチャー。
小五郎に連れられ、太平洋に浮かぶ“神海島(こうみじま)”にバカンスに訪れたコナンたち一行。
その島には、海に沈む古代遺跡“海底宮殿”と、300年前に実在した2人の女海賊が遺した財宝伝説が語り継がれていた。
そのため、多くのトレジャー・ハンターが集まってきていた。
そんな中、海底宮殿で財宝探しをしていたダイバーがサメの群れに襲われ死亡する悲劇が発生するのだが…。
制作年度 2007
制作国 日本
監督 山本泰一郎
声の出演者 高山みなみ 、山崎和佳奈 、神谷明
脚本 柏原寛司
原作 青山剛昌
撮影 野村隆
音楽 大野克夫
時間 107分

4月21日に放送されていたのをやっと見ました。
コナン、大好きなんです〜☆
どんなにくさい台詞でも、コナン(新一)なら許せます。
彼らの年を越えて早6年・・・。新一は今でも王子様みたいだなぁ。
こういう人、絶対いないだろうけど・・・
今回の作品も私は好きです。宝探しで、暗号もあって、見ている人も楽しめますよね。
毎回犯人が分かった後でトラブルが発生するのも一緒で^^
コナンが意地張って頑張っているのが可愛いです。
そして、それを蘭が見抜いているのも。
いい加減2人を再会させてあげたいのになぁ。
2人でいる姿をちょっと嫉妬しながらも見つめている灰原も可愛いです。
コミックは着々と発売されて、微妙に進展しているけど、どうなっていくのかなぁ・・・。