苗坊の徒然日記

読書とV6をこよなく愛する苗坊が気ままに書いてます。 お気軽にどうぞ。

新しいカギ

初めて見ましたー。面白かったー。
はこね男子、初めて知りましたけど、なにわ男子と字面はパクってるだろうとはおもったけど、風貌も似せてるとは思わんかった。全然似てないもん(笑)
ゲームは凄くシンプルで昭和的な感じでしたね^^
ビリビリ椅子の威力がラヴィットの10倍に笑いました。
舘様がトップバッターで独特の間がありつつの意気込みが素敵でした。
その割に早めに失格になり(笑)
あべこじがビリビリ椅子の餌食に。阿部ちゃん動けなくなっていたけど大丈夫?(笑)
康二君お上手だったね!さすがバラエティ慣れしてる^m^
で、最後のゾーンで最初に挑戦するのは阿部ちゃん…っていうか第1と第2のゾーンはやったの?カットされた?第3からかな。
じゃなきゃドライヤー逆だったってあそこで言わないよね(笑)あの天然ボケめちゃくちゃ可愛かったんだけど^^天然なところもありますと舘様のフォローも素敵です。気象予報士の資格持ってるとか言われてたけど、別になんも関係ないよね(笑)それを真面目に答えて割と早めに失敗しちゃうのもまた可愛かったです(激甘)
阿部ちゃんも微妙にバラエティ慣れしてるのはくりぃむしちゅーさんとタカトシと宇治原君に鍛えられてる?

今夜はナゾトレ 夏の名曲ベスト15

8月29日に放送されていたのをようやく見ました(笑)
今回は名曲特集ということでカラオケのような回でしたね^^
阿部ちゃんの「ひまわりの約束」キーが低くて最初はちょっとびっくりしたけど秦さんキー高いからね^^低くて甘い感じになっていたのが良かったです。
今回はパリピがいてテンション高めな回でしたけど(笑)面白かったです。
それにしてもシゲ先生が水芭蕉について書いている小説が気になりました…読むのが楽しみ^^
次に阿部ちゃんが歌ったのが「Happiness」先輩の歌だしバックで踊ったこともあるだろうから余裕でしょって思ったらタカと有田さんに引っ張られて「RUNNER」歌っちゃって(笑)
上田さんが阿部ちゃんに激怒っていうから何事かと思ったらそういうことか^^
「バラエティに染まりやがって!」って言われたのが最高でした。
で、まあちゃんと歌えるだろうってことでもう1回チャンスをもらえて良かったですよ。ちゃんと振付だしキーも完璧でしたね。まあ、そりゃそうだ^^眼福だったわー。
ただ上田氏に「爆風スランプ2回やった方がうけるはうける」と言われて「そっちかー!」とうなだれれう阿部ちゃん。良いんだよ…君はアイドルだから…芸人じゃないから…(笑)
その後のナゾトレ劇場でもちゃんと合わせてたしさすがですね^m^
謎解き問題は1問目はちょっとてこずってたけど2問目はトップで素晴らしかったです!さすが!
今回はいつも以上にバラエティな感じで楽しかったです^^
ペアだった岡本さんがツイッターで衣装の生地が多くて立ち上がるたびに大変だったけど阿部ちゃんが手伝ってくれていたというお話をしてくれてこちらも嬉しくなりました。
明後日リアタイできるか分からないけど次回も楽しみです(笑)

身代わり島 石持浅海4

身代わり島 (朝日文庫)
石持 浅海
朝日新聞出版
2015-04-07


景観豊かな鳥羽湾に浮かぶ本郷島が舞台となった大ヒットアニメーション映画『鹿子の夏』のイベント開催を実現させるため、木内圭子ら発起人5名は島を訪れる。しかし打ち合わせをはじめた矢先、メンバーの辺見鈴香が変わり果てた姿で発見される…。

石持さんの作品は全部読んでいると思っていたのですが、こちらは未読でした。悔しい←
大ヒットアニメの舞台となった場所で島興しを考える東京から来たスタッフたち。その中の一人が殺される。いったい誰が何のために殺したのか。
設定がとても壮大で序章に戦時中のことまで書かれていたのでどれだけスケールの大きな作品になるんだろうと思いましたが、展開的にはそこまでではなかったかなぁという気はしましたが^^;
それでも聖地巡礼じゃないですけど、そういうものを組み込んだ面白いお話だと思いました。
犯人の動機に関しては理解できないですけど、まあ世の中にはいろんな趣味嗜好を持っている人がいるわけで(それで片付けて良いのかは分からんが)最後はちょっとニヤニヤして終わりましたね。ちょっとベタ過ぎるけど^^

<朝日新聞出版 2014.12>2023.9.1読了

ザ少年倶楽部

少クラをリアタイしたのはめちゃくちゃ久しぶりでした^^
しかもジュニアチャレンジのコーナー結構早かったね!
始めにHideboHさんが先生として登場。ふみきゅん20年前にタップやってたの?まだ10代だよね?でも最近はやってないと指摘される(笑)
そして助っ人としてまーが登場。キラキラした衣装着てるーかっこいいー!
と思ったらのオチ(笑)最高だよ^^「知ってますか?」って知ってますよ!!!!!!
更にタップダンスを2曲も披露してくれるだなんて!
しかもジュニアチャレンジならぬ坂本チャレンジみたいになっているという(笑)
こちらとしては最高な状況ですけどね^^
事前リハーサルの映像もしっかり映していただいて。ありがたや。
ドセンターで踊ってるの、練習着でもめちゃくちゃかっこよかった…
そして本番。
キラキラした衣装を着てスポットライトを浴びてドセンターで踊るまーは本当に本当にかっこいい。
まーが主演のミュージカルを観ているのかと思った…歌もあると思わなかったんだよ…
かっこよかった…語彙力が失われているけどかっこいいしか言えない…
Jrの皆さんにとってもいい経験になったんなら良かったです^^
ぜひまた呼んでください。どんな坂本チャレンジでも大丈夫です←

写真館とコロッケ ゆうれい居酒屋3 山口恵以子5



新小岩の路地裏にある居酒屋・米屋。
ここには、甘酸っぱい初恋やピリ辛の下積み時代、ほろ苦い嘘や挫折など、人生の喜怒哀楽にそっと寄り添い、あなたの背中を押してくれる美味しい料理とお酒があります。だけど、このお店には大きな秘密があって……。
売れっ子のDJや女将さんの亡夫の釣り仲間、写真館の主人などなど、きょうも米屋にはいろいろなお客さんが訪れます。
父と娘、母と息子、すれ違う想いや許されぬ恋、そして忘れられぬひと……素敵な出会いと切ない秘密、読めば必ず元気になれる、ちょっと不思議で温かい居酒屋物語、待望の第3弾。

シリーズ第3弾です。
居酒屋シリーズはもう一つありますけど、こちらのおかみさんの方が控えめで好きかな(笑)元教師というのもあってちょっと厳しくて優しい感じが好き。私もこちらの居酒屋に招かれたい…
心の綺麗な人は、ちゃんと報われるというか、救われている感じがとても好きです。
最後の20歳の時の初恋が突然音信不通になったことが原因でずっと結婚に踏み切れずにいた女性とその彼氏のお話、切なくて、でも素敵だったな…
表題作のお話も好きでした。オーナーらしき横柄なおじさんは嫌だったけど^^;私も昔は写真館に行ったな…。でも結婚も出産もしてないから自分が子供の頃に行ったきりだと気づきました。まあそんなものですね←

<文藝春秋 2023.6>2023.8.31読了

三宅健ゆるりと生配信#10

今日はちゃんと定時にスタート^^10回目なので初心に返ったそうです。いいことだ。
炭酸水を飲みすぎるとむくむと言われて驚愕する健ちゃん。
みんなの手話の収録前に酸辣湯が食べたくてお酢をかけたらかけ過ぎてお酢ラーメンみたいになったのを食べたらむくみがなくなってきたって話、前も聞いたなwよっぽど酸っぱかったんだろうな。
「きゅんとする女性の仕草」
笑顔!だそう。そうだよな…笑顔か。あと髪を結ぶ仕草。へー←
私、剛ちゃんが金髪ロン毛だった時にお団子にしてるの見るの好きだったな。
あと、多分ジタバタ女は計算だと思うよ(笑)そんな女嫌だなー
「どんなグッズを作りたいか」
若い時に作りたかったグッズ。ベットシーツ。…え?
健ちゃんがプリントされてるシーツ…ちょっと考えるかもな(笑)
「後輩へ伝えるときのポイント」
叱ると怒るは違う。そうだね。
健ちゃんもいまだに怒られているとのこと。最近はタッキーに怒られたの?(笑)
健ちゃんが今でも怒られてるのが意外だというタオカ君のコメントが意外だったよね。
「都会と田舎どっちが好き?」
どっちも好き。良さが違うから。でもまあ健ちゃんは都会っ子だからなぁ。
まあ虫が全然平気な健ちゃんだから田舎でもたくましく生きれそう^^
以前ラヂオでG退治について熱く語ってたことを思い出しました^^
「息子が健ちゃんと同じ事務所に入るにはどうしたらいいか」
社長に聞いて(笑)まあそうですね。健ちゃんオーディション受けたことないからね〜。タオカ君深く追求してなかったけど。まあ気付かなかったんでしょうけど。
健ちゃん、うちのオカダって言いましたよね…うちのオカダ…(反芻)
あの時〇つけてくれてありがとね。ありがとう。
剛健が〇を付けたことによって今のオカダがあるんだよ←
「白米に1番合うと思うおかず」
塩。ほう。九州に行った時に食べた鮭明太。前にも言ってたね!ずっと気になってる!でも福岡行かない…。ぼんご行ってみたかったなぁ。さすがに4時間待ちは無理…
今日はさらっと1時間で終わったね。やっぱりそっちの方がいいかな^^
じゃあ、また来週。いつもありがとう。

八月の御所グラウンド 万城目学5

八月の御所グラウンド (文春e-book)
万城目 学
文藝春秋
2023-08-03


京都が生んだ、やさしい奇跡。
ホルモー・シリーズ以来16年ぶり
京都×青春感動作
女子全国高校駅伝――都大路にピンチランナーとして挑む、絶望的に方向音痴な女子高校生。
謎の草野球大会――借金のカタに、早朝の御所G(グラウンド)でたまひで杯に参加する羽目になった大学生。
京都で起きる、幻のような出会いが生んだドラマとは――。
今度のマキメは、じんわり優しく、少し切ない人生の、愛しく、ほろ苦い味わいを綴る傑作2篇。

マキメさんは京都の学生の青春ものを結構書いているイメージだったんですけど、16年ぶりだったんですね。申し訳ないですけどモリミーと被っちゃっているのかもしれません(笑)ごめんなさい。
今回あらすじも読まずに読み始めたんですけど、始めが都大路のお話だったのでテンションが上がりましたよね!年末の風物詩!ということでそれぞれ感想を。
「十二月の都大路を上下ル」坂東は全国高校駅伝のため、京都に来ている。学校としては27年ぶりの出場で20番台で入ることを目標としているが、緊張はしていない。なぜなら自分は1年生で補欠だから。しかし、先輩の一人が欠場となり、出場することになる上にアンカーを任される。
全国高校駅伝の話だ!とまずテンションが上がりましたが(笑)本編については半分くらいですかね。でもランナーたちの息遣いが聞こえてくるようで読んでいて楽しかったです。坂東と、そして並走して走っていた荒垣さんのレース後の会話がとても良かった。きっと2人が見た人たちはその人達だったんじゃないかな。そう思った方がロマンがあるもの(笑)また翌年、2人が競う姿がみられますように。
「八月の御所グラウンド」マキメさんと京都の学生だからダラダラと学生生活を過ごす古風な男性が主人公なのかと思いましたけど(言い方)まあ若干は当たってましたけど違いましたね(笑)友人に唆されて、巻き込まれて参加することになった野球の試合。京都御所にグラウンドがあることも気軽に利用できることも知らなくて驚きました。へーと思いながら読んでいたらまさかの展開で驚きました。
八月にそんな意味があったとは。お盆の時期ならきっとそういうこともあるのかもしれないですね。そう思えた方が素敵です。野球でもなんでも、好きなことを目一杯やりたくてもやれない時代があって、そして命を落とした若者がたくさんいたことを、私たちは決して忘れてはいけないんですよね。ギリギリだったけど、8月中に読むことが出来て良かったです。

<文藝春秋 2023.8>2023.8.31読了

イット!×SDGs 水族館のSDGs

マンスリー企画。
今回は水族館のSDGs。
すみだ水族館、有名だけど行ったことがないなぁ。
だろうかのMVで使われてたなぁと思うくらいで(笑)
でも、新しい水族館だし、何かしらの最先端技術みたいなのはあるんだろうなぁとは思っていました。
絶滅危惧種であるアオウミガメが絶滅しないよう、外敵に襲われなくなるくらいまでに育てて海に還す活動をしているというのは知りませんでした。まさにSDGs。
ペンギンも可愛かったなぁ。ちゃんと誰がどれだけ食べているか把握するのは本当に大変だろうなぁ…飼育員さんって凄い。
そしてクラゲ!100%繁殖って凄い。見てみたい。赤ちゃんも見てみたい。餌をあげてるところも見てみたいなー。
水族館で利用されている海水は海から運んできたものではなくて人工海水というのも知らなかった。確かに運ぶのは大変だし運搬にもお金がかかりますよね。
最後に登場したあべガチャのアクリルスタンド可愛かったね(笑)ちゃんと「イット」と表現しているのが素晴らしい^^さすが。榎並アナよく分かったね。そっちが凄い(笑)
今月も勉強になりました。
ガチャピン、阿部ちゃんとの水族館デート楽しくて良かったね^m^

長野博の極めしモノ 〜SEASON 2〜 #10 サイドクリップ〜オフショット車内トーク10〜

今回はサイドクリップ。
グループの話をすると聞いて楽しみにしていました。
ジャニーズWESTも上と下9歳差なんだねー。デビュー当時はあまり存じ上げていなくて、意外と自分と年が近いメンバーがいるのかって驚いたんですよ(笑)若いイメージがあったから。
ひろしの口から改めて24歳と14歳って聞くとすさまじいよな…私は無理←
ひろしが敬語は自然になくなったみたいな言い方をしていたけど、違うよ。お兄ちゃんたちがタメ口で良いって言ってくれたんだよ。でもそれを覚えていないくらい自然なことだったんだろうな。
ジャニーズWESTといい、すのといい、年齢が離れているグループのそういう話を聞くとほっこりするね。
霤跳が岡田一門だったとは(笑)
「運動大好き濱田のアクションの先生は、長野博もよく知るあのジャニーズの大先輩!?」ってところはオカダだろうなとは思ったけど^^
オカダのことを凄く褒めていたけど本当に先輩というよりは師範に対する言い方だったよな(笑)覇気とか^^
運動大好き霤跳、体内年齢18歳って凄いな。同じやつじゃないけどひろしの34歳も凄いけど。
楽しかったなー。また来てね。
来週からはまた新シリーズ。助手は優馬君!
…なんかこーち君と優馬君でひろしの取り合いをしてるみたいだね(笑)

星合う夜の失せもの探し 秋葉図書館の四季 森谷明子5



れんげ野原の中にある秋葉図書館には名探偵ばりの司書がいる。曾祖母の残した開かずの文箱、失踪したブックカフェの猫、図書館開設準備中に発覚した旧家の秘密……。そんな謎を抱える利用者を、誰もが知る古典や名作や、知る人ぞ知る本をそっと差し出して、解決までやさしく導きます。
「どこにいたの?」をテーマに描く、六篇の謎。ほんわか図書館ミステリのちょっぴり番外編。

秋葉図書館の四季シリーズ?ですか。懐かしいと思って調べたら前作は9年前ですってよ!
この間読んだ「晴れた日は図書館へいこう」も10年ぶりの新刊だったし読者は忘れてしまうのでもう少し早めにお願いします(笑)でも、その前も9年空いてるな…←
多分前作で登場した利用者が登場しているんだと思いますけど、覚えていませんでした…悔しい。
そして今回は文子の目線ではなく利用者である人たちの話がメインでしたね。だから番外編なのかな。
1番は秋葉の地主の息子家族かな。茉莉がお世話になったブックカフェの店主のこと、健一が幼少期に助けてもらった女性のこと、佐由留と友人の優が探る文箱の秘密。
そして秋葉図書館開設準備中のお話も面白かったです。能勢さんも日野さんも相変わらず(笑)文子はこうやって図書館との縁をはぐくんできたんだなと思ったり。
今回も『風と共に去りぬ』やアガサ・クリスティー『春にして君を離れ』、『ながいかみのラプンツェル』、『枕草子』、谷川俊太郎の詩などたくさんの物語が登場しました。うぅ…どれも読んでいない…精進しなければ。と決意も生まれました^^
図書館司書になってからは初めて読んだので、以前は羨望の目で読んでいましたけど、今回は少し違う気がしました。日野さんのような図書館司書になりたいな。多分、私の方が年上になってしまっているだろうけど。

<東京創元社 2023.7>2023.8.31読了

ゴタクを並べてワッハッハ

初めて見ましたー。
ゴタクって5択だったんですね^^
舘様が幸せなお風呂時間をさらに最高にする方法を5人が紹介してくれると。
最初の田中さんのやつが凄く良かったな。舘様のあんな顔初めて見たかも^^
足が気持ちよさそうだし私も欲しい。
カズレーザーさんのは楽しそうだけどあんまりかな(笑)
劇団ひとりのは論外でホラー映画は嫌いで、柴田さんの潜水はちょっとやってみたい。
舘様がカズレーザーさんのを選んだのは意外だったな。絵を書くのが好きなんだね。上手い下手とかは関係ないからね(笑)
次のゲストの門脇さんのゴタクも面白かったな。門脇さんに演じてほしい役を5人がプレゼンしたのだけど、それぞれ面白かった。全部演じてほしい(笑)特に劇団ひとりさんの作りこみが凄くて面白かった^^そして歌は知らなかったけど歌っている門脇さんめっちゃ可愛かった…歌声可愛い…
っていうか舘様2問目あったのね(笑)
良い印象を与える楽屋挨拶は?
壁に挨拶しているメンバーがいるって前に言っていたね(笑)にしてもコロナ禍あたりにデビューしたから楽屋挨拶に慣れてないって初めて聞いた。そういうところにも余波があったのか…
舘様も選んでいたけど、田中さんの楽屋挨拶が1番スマートでしゃれてたな。素敵。
番組後半で放送されたカズレーザーさんが聞いた質問、当時はもう言わないであげてって思っていたんですよね。雑誌とかで語っているのも読んでいて辛くて。
でも、その辛かったことを忘れずにバネにして、舘様自身にとってもSnowManにとってもプラスになっているのが凄いなと思う。あの当時、舘様がこんなにバラエティで活躍するなんて思ってなかったもんなぁ(笑)そして凄く楽しいなら何よりです。言い方に語弊があるかも知れないけど、あの時がきっかけで私も舘様が更に好きになったかもしれないです。舘様の想いがファンに届いているってことだもんね。本当に凄いなぁ。
っていうか!ラモスさんとのあのツーショットは何(笑)そこはかみ砕いてくれないんだ^^
面白かった〜!

三宅健ゆるりと生配信#9

今日も数分遅れて登場(笑)スターは遅れてやってくるんだって。はいはい。惚れた弱みでいつまでも待ってますよ←
「先輩に恋をして声をかけたい」偶然を装って会う(笑)色々リサーチをして挑むべしとのこと(ざっくり)まあ、確かに好きな人のことに対するリサーチは必要だよね。話しかけるきっかけも生まれてくるよね。なるほど。偶然という名の必然をどれだけ用意できるか。かっこよー。
今の手口は(笑)インスタをフォローしてDMを送ってアプローチをするらしい…はー。時代ですなー。
健ちゃんは共演者から連絡先を聞かない。ほう。相手が聞いてくれたら答えると。今まで仲良くなった人はそうなんだろうなー。確かにぐいぐい来そうな面々(笑)
おじさまと関わることが多い健ちゃん。知ってる(笑)
「頑張った自分へのご褒美は?」美味しいものを食べる。特にお寿司。本当に頑張った時は物欲を満たすものを(笑)最近買ったのは木魚(笑)
機嫌悪い女の子にはチョコレートをあげると喜ぶらしい(笑)まあ、間違ってはいないけど合ってもいないような(笑)私は自分へのご褒美はあんまりしないな…。まあ舞台やコンサートの観劇がご褒美みたいなものなのかなぁ。
健ちゃんが言う「どんなに美味しいお店でも店員さんの対応が悪かったら行かない」ってわかるな…。私も東京に行った時に連れて行ってもらったお店で店員さんに「北海道から来たんですか?じゃあ尚更この肉美味しいでしょ。北海道はジンギスカンとか硬い肉しかないっすもんね」って言われて、そのお店のお肉は確かに美味しかったけど絶対にもう行かないって思ったもんね。
健ちゃんはアジア圏でモテる顔だそう(笑)そうなんだ。かっこいいもんね!
「ファッションで重要視しているところ」シルエット。ほう。健ちゃんはユニクロへ行く。しかもレディースを買う(笑)更にパンツも買う。ソロコンの時も舞台の時もずっとパンツはユニクロだったそう(笑)情報ありがとうございます。
美脚好きな健ちゃんが好きなファッション、きっと私は逆立ちしても着れないものばかりだろうな〜
「未来と過去どっちかに行けるならどっちへ行きたい?」未来!過去はもういいでしょ(笑)そうそう、過去は振り返らず常に前を向いていくって言ってますよね。健ちゃんの10年後…どうなってるんだろ。想像つかないな。1京くらい稼ぎたい(笑)トリリオンゲームだ(笑)村作っちゃいなよ!
次は男性からの恋愛相談。
半年待っては脈なしなのかー。よくわかんないなー。
「お決まりの始まりの挨拶は作らないのか」別にいらん←
と思ったら健ちゃんも特に作らないということで安心しましたよ。
「大人になったなと感じる瞬間は?」
お寿司をカウンターで食べてるとき。代表取締役って書類に書くとき…え?健ちゃん代表取締役なの???ぶいおじさん6人中2人が社長になってるぞ。剛ちゃんだってそんな感じでは?
「健ちゃんの好きな建築」代々木第一体育館…そうだね…。私も好き。でも結果2回くらいしか入ってないな…。大阪城ホールは行ったことがない…。
「自信はどうしたらつけられるか」
健ちゃんも自信があるわけではないとのこと。健ちゃんは努力の人だと思うよ。
今回は30分延長されましたけど(笑)1時間で大丈夫かな^^
パソコン無事だと良いね(笑)
ではまた木曜日に^^

坂本昌行 GIFT for X 〜SEASON 2〜 #10 サイドクリップ〜マル秘共演エピソード〜

今週はサイドクリップ。
小田井さんとのエピソードがまだまだあるぞということで(笑)トークが繰り広げられていましたが。
まーのファンのコメントが意外だと思った小田井さん。2人の身長に萌えるツイートが多くてびっくりしたのだそう(笑)私も初日に見た人のツイート「小田井さんがおっきい」と「まーがちっちゃくみえる」くらいしか見た記憶がないし、私も初見はその感想しか出てこなかった(笑)
まーがあんなにちっちゃく見えたの初めてだったな^^
でも胸をぽんと叩こうとしたら低すぎてお腹に当たったは面白すぎたな。可愛いエピソード。
そして大千穐楽の後に挨拶に行ったらパンツ一丁で出迎えられたのも面白い^^
本当に0になるんだね。開放感って言葉そのまま^^
そんな姿を見せてくれるなんて…って確かに嬉しいかも。
更に座長の隣にすぐに座ってくれるのも嬉しい気がする。
まーと小田井さんは相性が良かったんだなぁ。同い年だもんね。
2人が君付けで呼び合っているのも萌えてます(笑)
来週はついに!!!「Shelter」のお披露目ですね!待ってた!楽しみにしています!

かがみの孤城5



学校での居場所をなくし、部屋に閉じこもる中学生の少女こころ。ある日、突然部屋の鏡が輝き、吸い込まれるように中に入ると、そこは不思議な孤城の中で、見ず知らずの中学生6人が同じように集められていた。こころを含め7人の前に、オオカミの面をかぶった女の子“オオカミさま”が現われ、城に隠された鍵を見つければどんな願いも叶えてやると告げる。戸惑いながらも鍵を探す7人は、少しずつ心を通わせていくのだが……。

観ました。原作を読んでいたのでストーリーは分かっていましたが、実際に映像化されるとまた違いますね。
文章で読んでいた時にも感じていたこころのいじめの部分は映像でも本当につらかったです。
中学生だったら学校という狭い世界でもそれが大きく感じて、雁字搦めになってしまう。
登場する中学生たちは自分たちの場所で、必死に戦っていたんですよね。
ファンタジーではあるけど、内容はとてもリアルで胸が苦しくなりました。
それにしても、原作を読んでいた時も途中で6人が会いたくても会えない理由に気づいていたので、何で気づかないんだ!と映画でも同じようにやきもきしました(笑)
アキがルーズソックスを履いてる時点で気づかないか?と思ったけど、そもそもみんなルーズソックス知らんよな…と思ったり。っていうか1991年の段階でルーズソックスあったか…?早くない?とも思ったが←
そういえばパラレルワールド案を出したのはマサムネだったなとは思ったけど、まさか「真実はいつも一つ!」っていうと思わなかった(笑)こういう遊びを入れるの最高ですね。
最後にみんなの記憶が消えてしまうのは本当に寂しくて残念。でも、こころのことは、リオンが守ってくれますね。こころ自身も強い子だからきっと大丈夫。リオン以外のみんなが記憶が消えていてもどこかで繋がっていたら良いなと思いました。

スポーツ×ヒューマン

オカダがナレーションをするということで見ました。
松田選手、前回の大会の時によくお見掛けしていたような気がするんですけど、出場試合数はあまり多くなかったんですね。その悔しさをバネに努力に努力を重ねて闘う姿に言葉が出ませんでした。
ラグビーはスポーツの中でも特に怪我がつきものですよね…見ていて怖かったです。
大怪我をしても負けずにリハビリに励み、立ち向かう姿は本当にかっこいいです。
お父様との別れは本当に突然で、そんなことがあるのかと言葉が出ませんでした。
小学生の時に永遠のお別れをしてしまったお父様だけど、ずっと尊敬していて、目標としている人なんでしょうね。素敵です。
正直2019年のワールドカップの時、初めはあまり興味を持てていませんでした。
でも、日本代表の選手たちが最後まで諦めず、戦う姿を見て、そして大金星をあげる姿を見て本当に胸を打たれました。
あれから4年がたっていること自体が信じられませんが^^;今年も精一杯応援していきたいと思います。
どうかすべての選手が、怪我無く自分の実力を発揮できますように。
オカダの優しい声のナレーションも良かったです。
…そういえばオカダももう現地に行っているよね?オカダも怪我無く自分の実力を発揮できますように。日本で応援しています。

ホテル・カイザリン 近藤史恵4

ホテル・カイザリン
近藤 史恵
光文社
2023-07-20


クラスメイトの稚拙な行動の理由。パリに降り立った彼女の秘めた思い。甘やかに秘密を分かち合う2人の女。宿命的な死に蝕まれた村…。隠された真実に気づかせてくれる作品集。表題作など、全8編を収録。

ホテルにまつわる連作短編集なのかと思ったら違いましたね。しかも途中で読んだことがあるな…と思い、調べたら8作品中4作品は既読でした^^;しかも表題作も読んでいた。全然覚えていない…。
「降霊会」学園祭でクラスメートがペットの降霊会をすると聞き、嫌な予感がして観に来た「ぼく」
「ぼく」が1週間学校を休んでいたのは妹が亡くなったから。それを「ぼく」のせいだと思ったクラスメートの復讐のようなものだったのですが思わぬ方向へ向いていきます。この感じ、近藤さんっぽいですね^^;
「金色の風」「シティ・マラソンズ」で既読でした…が。13年前なのですっかり忘れていて良い作品だなぁと思いながら読みました。
「迷宮の松露」仕事に疲れモロッコにやってきた「私」。心も体も癒されつつあるが、1年間一緒に暮らした祖母の夢をよく見るようになり、それがくるしかった。ある日、偶然道に迷って困っている日本人夫婦を見かける。
松露という和菓子、食べたことがあるようなないような…ですが^^;松の露という綺麗な名前ですけど茸が由来とは知りませんでした。面白いですね。
「甘い生活」「アンソロジー 隠す」で既読。ですが6年前に読んだのですっかり忘れて(略)当時の感想でも同じこと書いてますけど、主人公の女性が最低でしたね。お姉さんよく一緒に暮らしていたな…
「未事故物件」「アンソロジー 迷-まよう-」で既読。こちらは覚えていました。この作品を読んで「あれ?」と思ったんですけども^^;私も一人暮らしだから、他人事とは思えないと思って覚えていたのかもしれません。
「ホテル・カイザリン」「アンソロジー 嘘と約束」で既読。読み進めていくうちに思い出してきました。最後のオチが怖すぎました…
「孤独の谷」大学で教えている「私」の元にやってきた学生がかつて住んでいた村にはある噂があった。
噂の正体は辛かったですね。そして最後に判明した真実にも。でも本人はたくさん話せて嬉しかったと言っていたから、そこまで責任を感じなくてもいいんじゃないかな…とも思いました。
「老いた犬のように」主人公は老齢の小説家の男性。読み進めていくうちになんだか気持ち悪いなこの男と思っていたらやっぱり気持ち悪かったです(笑)自分がしてきたことを1ミリも悪いと思っていないところとか虫唾が走りますね。読み終えてタイトルを改めて見て笑っちゃいました。

<光文社 2023.7>2023.8.28読了

晴れた日は図書館へいこう 夢のかたち 緑川聖司5



本が大好きな少女・茅野しおりの楽しみは、憧れのいとこ・美弥子さんが司書を務める雲峰市立図書館へ通うこと。幻の司書をさがす男性、〈本と海〉に隠された宝の地図、本を残して家出した少年に切り裂かれた本の秘密……しおりと美弥子さんたちが図書館で起こる一風変わった事件の謎を追う、大好評ほのぼの図書館ミステリー!

シリーズ第3弾です…って!続編が出ていることに驚きました。だって第2弾が出たの2010年ですよ!?10年後!?え?←
読むのは久しぶりでしたが、美弥子としおりのことは覚えていました。今回も図書館や学校で巻き起こる謎について解明していっていましたね。図書館に親戚がいるとはいえ毎日のように図書館に来て利用してくれる子がいると思ったら嬉しいなぁ。様々な出来事が解決していくにつれて仲間や味方が増えていくのが素敵だなと思いました。だからいじめられている子を助けるための寸劇も(笑)出来たわけですし。著者さんのあとがきを読むとまだ続く予定だそうなので楽しみです。
個人的な話ですが、前回読んだ時は図書館に勤めていなかったので、司書となってからこの作品を読めたことを嬉しく思います。そして、図書館司書として美弥子の想いは見習わないとなと思いました(笑)

<ポプラ社 2020.12>2023.8.27読了

あなたには、殺せません 石持浅海5

あなたには、殺せません
石持 浅海
東京創元社
2023-07-10


「犯人だって、好きで犯罪に走ろうとしているわけではありません。必ず迷いがあります。その段階でうちに来てもらえれば、犯罪の発生を未然に防ぐことができます」――そのNPO法人には、罪を犯すか悩む人が相談にやってくる。相談員はそんな犯罪者予備軍たる人々から聞き出した犯行計画の穴を次々と指摘していく。不備を突かれた者たちの殺意は、果たして本懐を遂げるのか。犯罪発生を未然に防ぐ!?
「五線紙上の殺意」
高校時代の同級生とコンビで音楽活動をする有馬駿。その相方に裏切られた恨みを晴らすために相手を殺すと心に決めている。
「夫の罪と妻の罪」
夫が人を殺す瞬間を目撃した妻は、事件が発覚する前に夫を殺し「殺人犯の妻」となるのを避けようとする。
「ねじれの位置の殺人」
服部建斗は思いを寄せていた女性を水難事故で失った。彼女が増水した河川敷から逃げ遅れた原因が双子の姉にあると考えた彼は、復讐を誓う。
「かなり具体的な提案」
パートナーに暴力を振るわれていた英会話教室の講師を見捨てて死なせただけでなく、その責任を擦り付けてきた知人に、日下部渉は殺意を募らせる。
「完璧な計画」
同性の恋人が世間の目を気にしてお見合い結婚をすることになった目黒恵利。見ず知らずの男性に恋人を奪われる現実に耐えられず彼女の殺害を目論む。

人を殺したいと思っている人が訪れるNPO法人。そこで待つ相談員の男性。始めに「やめておいたほうがいいですね」と言いつつも実は完全犯罪が成し遂げられるようアドバイスをしているようにも感じる不思議な作品です。
いつもなぜ殺したかとかどう殺すかとか論議する作品が多い著者さんならではの作品だなと思いました(笑)
それでも完全犯罪というのは難しいものなのだなと思いました^^;
どのお話もオチがそう来た?と思うものばかりでしたが、1番そう思ったのは「かなり具体的な提案」かな。奥さんに気づかれるというくだりがその方向で来たかとびっくり。
犯罪を犯しても警察に捕まらない人もいる石持作品らしく完全犯罪をなしえた人もいましたね(言い方)まあそういう人もいないとNPO法人が成り立たなくなっちゃいますもんね。
どの作品も面白く読みました。

<東京創元社 2023.7>2023.8.27読了

世界陸上2023 男子マラソン

見ました。30キロ地点くらいからでしたが…
私は最初からではなかったけど、凄く興奮しながら見てました。
いい夢を見させていただきました。
先頭集団を振り切って少しの間だったけど、トップに躍り出た山下選手は凄くかっこよかったです。他の選手がペースを上げても決して自分のペースを崩さず、ペースが落ちてきた選手にくらいついて抜いて順位を上げていく。
東京オリンピックの大迫選手の走りを思い出しました。
そうしてじわじわ順位を上げて、5位まで来たから入賞は間違いないでしょうって金さんも言っていたしQちゃんの解説も凄く興奮してたから(笑)こっちもテンション上がりましたよね^^
でも本当に、最後まで何が起きるか分からないのがマラソンですよね…残り2キロでなんて…2キロ結構長いですよ…。でも諦めることなく最後まで走り切った山下選手に拍手を送りたいです。本当に素晴らしかった。凄く凄く悔しいだろうけど、素晴らしかったです。
そしてずっと映っていなかったけど、其田選手も西山選手も自分のペースで諦めることなく過酷なレースを闘っていました。3人皆さんがゴール出来て本当に良かった。
西山選手は最後車椅子に乗っていたけど、大丈夫だったかな。ゆっくり休んでください。
3人ともMGCを獲得されているそうで。2ヶ月弱で調整するのは難しいと思うけど、復活して活躍されるのを楽しみにしています。
私は箱根駅伝をはじめとする大学駅伝が大好きなので、そこで活躍した選手がこうして世界の舞台で闘っている姿を見ているとなんだか親目線みたいな気持ちになって(笑)大きくなって…って思います(笑)
本当にお疲れさまでした!

ララLIFE

先ほど見ました。
舘様がウナギを釣って捌いて食べる企画(笑)
この番組を初めてみたので、舘様がこの番組のBGMを歌いながら向かっているのが素敵だなと思いました^^見てるんだね。三村さんも青木さんも嬉しそうだったよ。
舘様は相変わらず自分の間を持っていますね(笑)間の時間も怖がらないの、さすが舘様です^^
ちゃんと許可証をもらってウナギ探しをしていましたけど、2時間探しても見つからなかったんだね。やっぱり難しいんだなぁ…2時間って結構長いですけど、なんかさらっと終わってしまいましたね、残念。まあ番組の時間があるからしょうがないけど。ずっと頑張ってたんだろうな…
時間切れになってしまったのでスタッフさんがそういうときのために用意しておいていた(笑)ウナギを捌くことに。
ウナギを捌くのはもちろん初めてだろうけど、やっぱり料理を日頃からやっているから手つきが素晴らしかったですよね。捌かれたウナギが全然可哀想な感じじゃなかった(笑)
美味しそうなのも伝わってきたし、見ているこちらも楽しかったです。
わざとらしい宣伝も良かったです(笑)
宣伝を終えた後に三村さんが「早くとってくださーい」って言ったのも最高^^
お疲れさまでした。
そんなにウナギを食べたことはないけど、ウナギを食べたくなりました(笑)

勝平大百科 50キャラで見る僕の声優史 山口勝平5

勝平大百科 50キャラで見る僕の声優史
山口勝平
主婦の友社
2022-11-11


『魔女の宅急便』トンボ、『らんま1/2』早乙女乱馬、『名探偵コナン』工藤新一、『犬夜叉』犬夜叉、『ONE PIECE』ウソップ、『DEATH NOTE』L、『オッドタクシー』柿花......数えきれないほどの代表作をもつ声優・山口勝平。それぞれの役をどのように愛し、どのように演じてきたのか――。無名の新人で『魔女の宅急便』トンボ役に大抜擢され、飛び込んだ声優の世界。とにかく演じることが楽しくて、走り抜けた30年超。週に11本のレギュラーを抱えた忙しい日々と、家族への思い。キャラクターに共感しすぎて、毎回泣いた収録もあった。悔しい思いもした。墓まで持っていかなくてはいけないような思い出もあった。どんなときも、大好きなキャラクターはそばにあった――。尊敬し、師とあおぐ野沢雅子との往復書簡、盟友・高木渉との対談も掲載。⻑男・⻑女で父と同じ声優の道へ進んだ山口⻯之介・山口茜のインタビューも!

私は山口勝平さんの声を聞いて育ったと言っても過言ではありません。
トンボに乱馬、新一に怪盗キッド、犬夜叉にウソップ、ご近所物語に赤ちゃんと僕もそうだったっけ!?と驚きながら読みました^^;
逆に勝平さんの金田一一は聴いたことがありませんでした。映画の1度きりだったんですね。
演じた役についての想いを読むことが出来て良かったです。そして声優仲間のお話も面白かったです。他にも聞いて育った声の方はたくさんいらっしゃるので^m^
野沢雅子さんとの往復書簡も、高木渉さんとの対談も、お子さんのインタビューも全てが面白かったです!お子さんが2人とも同じ職業になるなんて凄いですね。
私は「あかね」しか分からないけど、自分の子供を自分が関わった作品のキャラクターの名前にするなんて素敵すぎます。
これからも健康に気を付けて、ずっと続けていってほしいです。

<主婦の友社 2022.11>2023.8.25読了

図書館ウォーカー 旅のついでに図書館へ オラシオ3

図書館ウォーカー: 旅のついでに図書館へ
オラシオ
日外アソシエーツ
2023-01-20


全国66の図書館をめぐる旅エッセイ集。元・図書館員の著者が「図書館をもっと身近なものに」をコンセプトに綴る、新たな図書館の楽しみ方。「陸奥新報」連載中の人気エッセイ「図書館ウォーカー」を元に、新たにカラー写真、交通・近くのおすすめスポットなどのデータ、コラムを加え単行本化。

私はコンサートや舞台観劇に行くとき、その地の美術館や神社や図書館へ行くことが多いです。
図書館はもう数えきれないくらい行っています。なので著者さんの気持ちはよく分かります。そして、行ったことのない図書館の特色などを知りたいと思って読み始めたのですが、外観とその街の特色が主な内容という感じでしたね。
掲載されている中で行ったことがある図書館は鳥取県立図書館と福岡市総合図書館でした。やっぱり日本は広いですね(笑)この間読んだ指宿市の図書館も書かれていて、2019年に指宿に行った時図書館に行けばよかったなぁとまたちょっと後悔しました(笑)私もこれからも図書館巡りを続けようと思います。

<日外アソシエーツ 2023.1>2023.8.23読了

三宅健ゆるりと生配信#8

スタッフと談笑していたら21時を過ぎていたため2分くらい遅刻した健ちゃん(笑)
最初に注意事項を改めてしてましたね^^
今日は健ちゃんは鍼治療へ行ったとのこと。
昔、コンサート前に鍼治療に行ったら痕が残ってキスマークがついてるとか言われたことあったの?知らんかったわ(笑)知らないで良かった^^
最初の質問「今までで1番過酷なロケは何ですか」
ダナキル砂漠でのサバイバル。…でしょうね…知ってた…。健ちゃん言う前からそれだろうなと思ってたよ。見てるこっちも怖かったですよ。自分のブログを見て調べたら放送日が2014年7月1日でした。そうだ、健ちゃんの誕生日の前日だって言ってたんだ。懐かしいな。もう9年前か。
事務所がこのオファーを受けるならリタイアしないでくださいと言ったそう。すげぇ。
そして過酷ロケを続けたことでエチオピアのスナイパーに認められる健ちゃんおもしろ。誰でも虜にするんだからなぁ。
っていうか前にもラジオで言っていたけど時間が無くて狂犬病のワクチンだけ打てなかったとか本当にあり得ないから。怖いから。ワクチンのスケジュールはちゃんとしてください…
「ファンから愛されるために意識していること」
ファンのことを愛されるより愛したいマジで。だそう(笑)マジで間で入れていただいてありがとうございます^^
「ダイエットしたことあるか」
あるそう。舞台で声を潰してしまい、仕方がないからステロイドを飲んでたら過食症になって8キロ太ったとか初めて知ったんですけど!!??
新妻さんの名前が出てきたから「炎立つ」だろうなと思っていたけど、2人でめちゃくちゃ食べ歩きしていたのはそういう理由もあったとか知らなかったなぁ。
私「炎立つ」4回観たのに健ちゃんが太っていたとか気づかなかった^^;しかも兵糧攻めにあう役だったのにね。大変だったね…
でもその太った8キロを3週間で落としたのは凄い。健ちゃんがなんだかんだ言ってストイックなのは知ってる。でもやり過ぎは注意だってことですね。健ちゃん、そんなに何度も窒息しそうになって大丈夫なのかなぁ。
タオカ君が凄く心配していたのが印象的でした。ありがとう。今まで色々グチグチ言ってごめんね←
最後の質問は「最近のストレス発散法は」
物欲を満たす。だそう(笑)
来週はもう少し延長できるかも。とのこと。
いや、正直1時間ピッタリとかのほうが私はありがたいんですけど^^;
っていうか週2で逢えること自体がありがたいんですよ…
いつもありがとうございます。
では、また来週。

長野博の極めしモノ 〜SEASON 2〜 #10 梅干し・後編

梅干し後編!見ました。
いやー…面白かった。梅干しは奥が深かったです。
300年前や500年前に漬けた梅干しが未だに食べられるということが本当に凄いですよね。
500年前って何年前さ!って思うけど^^;ちゃんと梅干しとして残っているのが凄い。時空超えてますよ。
梅シロップも梅酢も美味しそうだったな…。梅シロップで作ったジュース、飲んでみたい…そしてジュースすら飲まないんですね乗松さん(笑)
乗松さんたちに教わりながら梅干しを付けることも出来たし、梅酢を使った料理もどれも美味しそうでした。ひろしが美味しくて2本目も食べちゃうとか珍しい(笑)本当に美味しかったんだろうな。
霤跳も美味しそうに食べていたね。マリネの汁もちゃんと飲んでて良いなと私も思いました^^
あんなに美味しそうに食べてくれたら、誰だって嬉しいよね。乗松さんも嬉しそうでこちらも嬉しくなっちゃいました^^
霤跳が思わず「長野さんありがとうございます」って言っちゃうの分かる気がする(笑)
ひろしは「何のお礼?」って言ったけど、私は分かるよ^^
次はぜひ、梅の花の季節や梅の収穫の時期に!また梅特集をしてください。お待ちしています^^
来週はサイドクリップ。グループの話をしてくれるんですね。凄く凄く楽しみです。

おとなの楽習シリーズ8 地理のおさらい4

おとなの楽習 (8) 地理のおさらい
田中 優子
自由国民社(インプレス)
2009-05


知らないようでじつは知っている―わたしたちは、「地理」の知識を教科書からだけでなく、日々の暮らしの中から自然に学び、日本語やたし算・ひき算などと同じように毎日の生活に利用しています。この本ではそれを、専門の用語は使わずに説明しました。中学レベルをさらりとおさらいします。

おとなの楽習シリーズを久しぶりに読みました。
世界と日本両方の地理の知識がとても分かりやすく書かれています。
でも、15年近く前に出た本なので今と若干異なるところもありました。
10年で世界は大きく変わるんだということも分かった1冊です(笑)

<自由国民社 2009.5>2023.8.23読了
自己紹介
苗坊と申します。
読書とV6を愛してやまない道産子です。47都道府県を旅行して制覇するのが人生の夢。過去記事にもコメント大歓迎です。よろしくお願いいたします。
Categories
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Recent Comments
ブログリスト
カウンタ





  • ライブドアブログ